FC2ブログ
私の帰る場所・221
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・221

-
つくしを拒否している訳じゃ無い。会って間がない俺の事も受け入れてくれている・・・そこが問題じゃなくて仁美さんがここにいないことに不安を感じてる。それを埋めるには彼女と同じか、それ以上に自分達を愛してくれている存在があるって判らないといけない。そして自分達は幸せなんだって思えないと淋しさから抜け出せない・・・そう思った。それは当然のこと・・・俺達がしてやれる事は、こうやって抱き締めて話を聞いてやることしかな...
最後の雨 (9)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

最後の雨 (9)

8
『花沢君、少しいいかな?私の部屋に来てもらいたいんだが』「・・・はい?」もうすぐ仕事が終わる時間になって俺のデスクの内線が鳴った。それは海外事業部統括部長からの呼び出し・・・少し嫌な予感がしたけど部長室に向かった。そこにはアメリカから来た今回のクライアントの責任者が来ていて、その場で提案書の説明を求められた。何処かに納得いかない部分があるらしい。しかもこの人物はこの度の事業計画の決定権を持つとされる人物...
Colorful Pieces(21)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(21)

8
心臓が止まるかと思うぐらい驚いた!今回も牧野は俺から飛び退いてクローゼットの方に向かったけど、そこからこっちを見て怯えてるクセに手には鋭い刃物を持っていた。事と次第によっては殺人・・・いや、傷害罪だよね?これには流石の俺も心臓がバクバク言ってる・・・すぐには牧野に声も掛けられなかった。一体この俺に何をしようとしたんだ?さっきから顔を覗き込んでいたけど、まさかそいつで顔面一突き・・・?!俺、そこまでされなき...