FC2ブログ
私の帰る場所・227
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・227

-
「それじゃ俺は午後から書斎に籠もる。気が散るから誰も寄せ付けないでくれ」「・・・判りましたわ」「畏まりました!」昼食を終えた時、誰に言うわけでもなく言葉を出したら返事をしたのは紫と薫。志乃さんは軽く頷くだけで両親は反応なし。俺が真面目に仕事をするなら文句はないと言った感じだった。一足先にダイニングを出て離れに戻り、引き出しをさり気なく確認・・・鍵はまだそこにあったが少しだけ俺が置いた場所からずれている。...
Colorful Pieces(27)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(27)

4
田村さんのお部屋を出てからお昼までは昨日と同じ作業の繰り返し。 私達は今日も世界中から届くお祝いの品を運ぶのと、会場のセッテイング、それにお料理の確認、帰り際にお渡しするお土産の準備。 これが個人のバースデーパーティーだとはとても信じられない作業の為にお屋敷中を走りまくった。 「はぁ~!凄い・・・こんなの初めて見るんだけど!」 「牧野さんは入ったばかりだもんね!これでも控えめな方なのよ。類様が余り派手な...