FC2ブログ
私の帰る場所・231
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・231

-
西門に住むようになってからずっと探していた茶碗・・・でも、その中に自分の取り戻したかった髪飾りがなかったことで紫は腑抜けたようにそこに座っていた。桐箱の中の悍ましい欠片を見つめて何を思っているのか・・・期待が打ち砕かれたかのような喪失感がこいつを包んでいた。「そんなに長い間信じていたんだからこう言うのは残酷かもしれないが、その髪飾りは俺の知らないものだ。だからその中になかったからって落ち込む必要はない。...
Colorful Pieces(31)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(31)

4
「もうすぐ類様の演奏らしいわ!」「きゃああぁーっ!今年もこっそり聴かなきゃね!」先輩達が厨房でそんな事を言ってるのを聞いて、花沢類がバイオリンを弾く時間になったんだと判った。でも私は仕事中・・・しかも1番新入りだし、サボるわけにはいかない。だから諦めなきゃって思ってトレイに仕上がったデザートを並べていった。でも、あの時に涙が出たぐらい感動したから聴いてみたいな・・・って言うのが本音。先輩達はどうやって聴...