FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・1
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・1

4
もう何年も前の事・・・歳だってはっきり覚えてないが、俺は1人の小さな女の子を見掛けた。・・・ってか、体当たりされて跳ね飛ばされた!俺はそんな事は初めてで、しかも女に・・・って事で限りなく高かったプライドはズタズタ。真っ黒いおかっぱでデカい目で、迫力ある眉毛に低い鼻。色だって黒くて毎日外で遊んでるんだろうって一般庶民丸出しの子だった。「何すんだよ!女のクセに生意気な!」「なによ!あんたがここに咲いてるお花を...
Colorful Pieces(72)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(72)

6
7月になって定期テストが行われた。私は毎日バイトが終わったら花沢類の部屋に行き、深夜まで英語、ドイツ語、フランス語を勉強・・・って言うか、どうしても花沢類がフランス語に重点を置くから、毎日半分ぐらいが喧嘩になった。それでもやらなきゃヤバい。最後の方は仕方なくフランス語が中心・・・「これでドイツ語で失敗したらどーすんの?」、そう言うと時間延長してでもドイツ語の勉強が追加された。いや、試験の比率は英語が1番...
Keep the Secret・19
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Keep the Secret・19

8
本文中にR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆いきなりビルの屋上の暗闇から現れた紺地の浴衣のウルトラマンタロウ!!それにずっ転けて恐怖心が吹き飛んだ!「お前、何してんだ?こんな所で人の女掴まえて」・・・その声はまんま、総二郎じゃないのーっ!!「・・・はぁ?なんだ、お前・・・馬鹿じゃねぇのか?」「馬鹿は...
Colorful Pieces(71)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(71)

2
「キキちゃん、今日は静かにしとくのよ?花沢類、病気だからね」ピヨピヨ・・・「子宝弁慶草は元気だね~。そろそろ子株を新しい鉢に置いたらいいかも。今度鉢を用意しようっと」そんな声が聞こえて目を開けた。少し顔を横に向けたら部屋着の牧野がキキを肩に乗せたまま窓から外を見ていた。時々子宝弁慶草を触りながら「土が乾いてるね」って・・・そう言えば水やり忘れていたかも・・・。チラッと時計を見たらもう11時。本当なら牧野は...
Keep the Secret・18
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Keep the Secret・18

4
花火大会の日、総二郎は朝早くから千葉に行く支度をしていた。そして玄関まで見送った時、靴を履く前に真面目な顔して言った言葉・・・「戸締まり気を付けろよって言ってもマンションのセキュリティーは万全だから、お前自身の気の緩みだけどな」「心の戸締まりって事?なによ、それ!大丈夫ですよーだ!」「・・・じゃ、安全祈願しといてやる」「はっ?あっ・・・んんっ!」いきなりそこの壁に押し付けられて塞がれた唇・・・それだけじゃなく...
Colorful Pieces(70)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(70)

8
学祭当日は日曜日。バイトじゃないからいつもよりゆっくり寝ていられる。それでも習慣と言うのは恐ろしいもので、起きなくてもいいのに6時になったら自然と目がぱっちりしていた。それならもう起きたっていいか・・・ってベッドから降りて、持ち物の確認とかで時間を潰した。「花沢類、本当に連れて行ってくれるのかな・・・」メイクは大学で友達がしてくれるからほぼスッピン。髪も友達が左右でに別けてお団子にしてくれるって言ったか...
Keep the Secret・17
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Keep the Secret・17

2
大学祭での悪夢の後・・・結局私は着るものもなくて、夜になって暗くなるまで総二郎に抱かれていた。あの舞台前の大きな音、あれも実は総二郎が舞台脇にあった予備の照明スタンドを蹴り飛ばしたからだと聞いて唖然・・・どこまで自分勝手なんだ?と頭を抱えた。そしてどうやって帰ろうかと素っ裸のまま考えていたら、着物に着替え終わった総二郎に言われた一言・・・「この隠し部屋には女物の服まで置いてあるんだよな」と言われてブチッ!...
私の帰る場所~後書きと今後の予定&拍手コメントのお礼♥~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所~後書きと今後の予定&拍手コメントのお礼♥~

18
皆様、こんにちは。plumeriaでございます。(o‘∀‘o)*:◦♪約10ヶ月間に渡りお届けしました「私の帰る場所」・・・何とか無事に終わることが出来ました。長い間の応援、本当にありがとうございました。本日は反省と裏話等々書きたいと思います。お話の内容につきましては反省ばかりです。ちょっとやり過ぎたなって感じで、事件だらけだったことは申し訳なく思いますし、病気や子供の事を取り上げていますのでご不快に思われた方もいるの...
Colorful Pieces(69)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(69)

2
学祭も近くなってキャンパス内は毎日賑やか。私は居残りが出来ないために心苦しかったけど、時間の許す限り準備を手伝った。「つくし~!どう?ドレス買ったぁ?」「・・・あぁ、まぁね~」「聞いた?真紀ちゃんったらリオのカーニバル衣装になったからってわざわざブラジルから取り寄せたんだって!でね、胸が淋しいからって豊胸したらしいの」「えっ!そこまでするの?」「あっはは!特別じゃない?真紀ちゃんち、ブラジルに支店が...
『花沢城物語~出来るまで待ってて♪ドナルド編~』 byGPS
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『花沢城物語~出来るまで待ってて♪ドナルド編~』 byGPS

8
「あのさ!何度も言ってるけどこれは無理!どうして自分の国の事だけ考えるかな!」「自分の国以外の事まで考えてたら疲れるじゃん。仕事は出来るだけ簡単に終わらせて人生楽しまないと損するぞ?」「だからって東との国境の壁の補修、なんで花沢側だけやるのさ!そっちもやれよ!」「片方補修すれば暫く保つだろ?それよか花沢の空軍、なんであの辺の上空にいつも居るんだ?蒼穹達が困ってたぞ?」「そいつらの為に配備してんだよ...