FC2ブログ
私の帰る場所・242
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・242

4
リビングを出たのはもうすぐ日付が変わる頃・・・離れに戻ったら留守番をしてくれた小夜につくしは何度も頭を下げていた。「起きてこなかったよ」と聞いて一安心、俺達は小夜にもう1度礼を言ってドアに鍵を掛けた。そのままつくしの肩を抱いて寝室に向かい、中に入るとこいつは照れながらパジャマを手に持った。今更なのに「向こう向いて!」の言葉に苦笑い・・・「はいはい」と言いながらしっかり着替えは見せてもらった。でもその時に...
最後の雨 (15)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

最後の雨 (15)

6
「じゃあ今日泊まる所に行こうか。大きなホテルは嫌だろうからゲストハウスを予約したんだ。凄く人気の所で眺めもいいから気に入ってくれると思うんだけど」「私は何処でも大丈夫です。そうね、豪華なのよりは民宿みたいなのが好きだから」「基本自炊だけど作らないでしょ?夕飯は軽く食べて行こう。朝は作ってもらえるよ」「はい、お任せします」長谷川さんが連れて行ってくれたのは、フェリーを下りた場所に近いゲストハウス。窓...
Colorful Pieces(42)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(42)

4
夕食の時間になって花沢類とダイニングに向かったけど、諭吉50人にショックを受けて立ち直れなかった。いや、それよりももっと他にショックを受けてると思うんだけど・・・それが何故だか良く判らない。本当なら花沢類がキチンと食べてるか見ないといけないんだけど、胸が痛くて彼を真面に見ることが出来ない。そんながっくりきてる私を加代さんが今日も気にしてる。千枚通しの時よりも不思議そうな顔・・・シャンとしないといけないっ...