FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・3

2
「てめぇ、俺の車になにしやがんだ?!」「はっ・・・あっ!ご、ごめんなさ・・・うっ、ぐふっ・・・!」その女に声を掛けたら、一瞬自分のした事が判ったのか驚いた表情になったが、その次には自分の口元を両手で塞いだ。まさか・・・まさか、この女、ここで吐く気じゃねぇよな?!急いでこいつを車から引き離そうとしたら・・・「・・・ぐっ、うぷっ・・・」「おい!待て、それ以上車に寄るな!」「・・・ぐふっ、うっ・・・ごめ・・・っ!」ああああぁーーーー...
Substitute・34
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Substitute・34

1
突然抱き締められたつくしは驚きのあまり身体が硬直した。服越しに伝わる類の体温・・・それに背中に回った手の温かさと指先の力。それをどう受け止めていいのか、つくしは頭が真っ白になった。そこに留まりたいと思った・・・このまま自分も彼を抱き締めたい、そう思った。でも自分の恋人は仙道だ・・・・・・類は理解ある友人、そう思うことに決めたはず。だから離れなくちゃ、とつくしはその言葉を出そうと唇を動かしたが声にはならなかった...
Colorful Pieces(74)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(74)

6
花沢類の運転で温泉旅行・・・今回は仕事も絡んでないから100%お遊び、そう思ったら時間が勿体なくて大分に着いてから大はしゃぎだった。彼が眠いのも気怠そうなのも知ってるけど、それを見ないフリして地獄巡りを突っ走った。最近気が付いたのよね・・・前みたいに嫌そうな顔をあまりしなくなったの。呆れた顔は見せるけど、なんやかんや言って結局私のお願い事を聞いてくれてる。一緒には食べてくれないけど(先に食べたりもするけど...