FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・109
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・109

2
「つくし、ゆっくり1人で風呂に入ってこい」「・・・・・・え?」「ん?ずっと車だったから疲れただろ?温まって来い。もうすぐ夕飯だから」・・・・・・・・・総二郎が「1人で」って言った。それに驚いて呆然としたけど、彼は広縁にあった椅子にドカッと座るとスマホを弄くりだした。本当に1人で入るの?って、それはそれで何故か不安・・・。もう私に飽きたのかと少し悲しくなって口がへの字になった。それを見て「プッ!」と噴き出し「一緒がい...
Revealing a secret・2
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Revealing a secret・2

2
「は?クリスマスパーティー?」「う、うん!そうなの・・・ほら、もう大学も卒業だから最後の・・・ね?」ベッドから出たくもなかったのに無理矢理鍋の前に移動させられて言われた一言。またつくし1人で行くって言うクリスマスパーティーの話を聞いて箸が止まった。卒論出したなら兎も角、そうじゃねぇ奴等がのんびりクリパだと?そんな事してる暇があったらさっさと仕上げればいいものを・・・!つくしは俺がついてるからそんなものはと...
Marionnette(82)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Marionnette(82)

2
~side柊祐~母さんを埋葬した後、今度はお爺様が寝込んだ。最後に残された家族がこの人か・・・そう思うと吐き気がするほどイヤだった。その時に思った・・・まだ東京に自分と血が繋がったヤツがいる。そいつは何も知らずに、贅沢で暢気な暮らしをしているんだ。沢山の人間に守られ傅かれて、何1つ不安のない生活をしてる・・・そして欲しいものは全て手に入れることが出来る。金だって地位だって何でも用意された将来・・・真っ直ぐ歩くだけ...