FC2ブログ
Revealing a secret・3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Revealing a secret・3

2
「ちょっとーーーーーーっ!!寒いんだけどーーっ!」「そりゃそうだろう。北海道なんだから」総二郎に連れられてやって来たのは12月の新千歳空港。外に出てみれば一面雪景色・・・今年は暖冬だって言うけど、先週からの冷え込みで急にこんな景色に変わったらしい。周りの人はダウンコートにマフラー&手袋なんて防寒対策バッチリなのに、ついでに言えば総二郎もすっごくあったかそうなコートなのに、なんで私が足を出さなきゃいけ...
遠い日のChristmas tree(4)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠い日のChristmas tree(4)

2
クリスマスが終わって新しい年になって、学校で再会した牧野と司は相変わらずだった。何事もなかったかのように2人でバカみたいに巫山戯あって、1人になったら女子生徒に意地悪されて、それでも元気良く笑って1つ上の学年に進級した。俺達は高等部3年、牧野は2年・・・俺達は卒業後の進路選択の時だった。俺はフランスの大学に行く話を蹴ってこのまま英徳大学に進むことにして、総二郎は勿論、あきらも日本に残ると言った。司だ...
遠い日のChristmas tree(3)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠い日のChristmas tree(3)

4
昨日の定時に再度通知するのを忘れていました💦「Marionette」の次回は28日です。それまではクリスマスストーリーを不定期でお届けします。☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆クッキーなんていつ以来だろう・・・って、ピンク色の袋を目の前で揺らしていた。ガサガサって音がして、それが俺の胸のザワザワと似てる気がした。何故か不透明ですっきりしない、甘いようで苦いようで上手く言えない・・・。牧野が笑ってるな...