FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・124
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・124

4
椿の間・・・今日の茶室の水屋で準備をしていたら、つくしが客を連れて来たのが判った。本来なら奥にある庵を使ってその横の待合に案内するんだけど、今はそこを使ってないから直に部屋に案内する・・・そのように先代から言われていた。だから廊下の会話は丸聞こえ・・・つくしが案内してきたらすぐに先代もやってきて、そこで3人の爺さんが挨拶を交わしていた。その後でスッと水屋の扉が開いて、つくしが申し訳なさそうに顔を出した。「...
私の帰る場所・番外編~紫音の夢~・4
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~紫音の夢~・4

2
朱里に「寄って行けば」なんて言えない。朱里も「みんな居るの?」なんて聞きもしなくて、土産を渡したらさっさと「じゃあねぇ~」って帰って行ったから。俺はその後ろ姿を玄関で見送って「バイバイ」も「さようなら」も言わなかった。照れ臭くて今更言えないんだ・・・ましてや「またな!」なんて言い方も出来ない。普通に言えばいいじゃないか、と自分に言い聞かせるけど・・・それを悩んでるうちに朱里はいつも居なくなるんだ。はぁ・・...
Marionnette(LastStory)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Marionnette(LastStory)

14
千紘の2回目の誕生日には、牧野の両親も花沢に招いて身内だけのパーティーを開いた。千紘は真っ白なドレスを着て可愛らしくお辞儀をして、両家の祖父母はそれだけで拍手喝采。牧野の両親からは縫いぐるみをもらい、花沢からは絵本。でも1番喜んだのはプレゼントを包んでいた可愛らしいリボンで、つくしに頼んでそれを髪に着けてもらって喜んでいた。こんなパーティーなのに発表されたのは俺のフランス赴任だった。これは数日前に...