FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・129
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・129

2
翌朝・・・目が覚め、隣を見たけど誰も居ない。京都だから当然だが、すげぇ物足りなくて起き上がる気にもならない。そのせいだろうか・・・朝から俺の・・・・・・も元気ない。その時に使用人から朝食の知らせが来たが、愛想無く返事してまだ布団の中で寝転んでいた。今日の予定はなんだったっけ・・・・・・昔は全部自分でやってたから覚えていたけど、最近はつくしが喧しく知らせに来るのが楽しくて覚えることなんてしなかった。ぼーっと考えていた...
私の帰る場所・番外編~紫音の夢~・6
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~紫音の夢~・6

0
和風ケーキを持って来たのに目の前には夢子お婆様の作ったフルーツケーキ。相変わらず真っ白なレースに囲まれたリビングで女性陣に囲まれて居心地が超悪かった。何故か隣がお婆様で斜め前が仁美さん・・・朱里は真正面に座って俺が持って来たケーキを眺めていた。出された珈琲カップはピンク色の薔薇模様で、窓際の花瓶にも相変わらず薔薇の花が生けてある。懐かしいテラスの外に目を向けながら、子供の時にここを走り回ったことを思...
Substitute・44
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Substitute・44

4
本文中にR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*躰を重ねるとはこういう事なのか・・・と類は甘い息を吐き出しながら自分にしがみつくつくしを抱き締めて感じていた。初めてだから誰と比べることも出来ないけれど、相性があるとすれば最高なんだろう・・・そう思えた。つくしも今自分の中で類...