FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・147
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・147

2
目の前で繰り広げられてる恋愛ドラマ・・・じゃなかった切ない兄妹愛物語。それにウルウルして涙が出そうだった。実の・・・だったら怖いけど血の繋がりがないんだもの、こんな素敵な・・・ちょっと固すぎるけど素敵なお兄さんが傍に居たら好きになって当然よね?!だって後から急に出来たお兄さんだもん、家族って言われる前に1人の男性に見えちゃうよね?私だって初めは誰かさんより堤さんの方にキュン!ってなったもん・・・クールで頭良く...
私の帰る場所・番外編~紫音の夢~・15
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~紫音の夢~・15

10
その日から1週間が過ぎた。「はい、紫音。あ~~~んして?」「いいよ・・・左で食べるから」「そう言ってさっきも溢したじゃん!いいから言う事聞きなさい!」「・・・五月蠅いな、花音が見てるのに・・・」「あら、お邪魔だったかしら?紫音♥」「放っとけよ!早くフランスに帰れば💢?!」**あきらさんと話をした次の日、大泣きの朱里と会った。「ごめんね」と「ありがとう」を交互に言いながら包帯だらけの俺に抱きつくからどうしていい...
Substitute・62
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Substitute・62

2
類には明るく手を振って出掛けたものの、こんな田舎でつくしに行く当てなどある訳がない。しかも山の中・・・店も見当たらないし公園のような気の利いた場所もない。延々と続く畦道をのんびり散歩しながら時間を潰していた。それにも限界がある・・・30分も歩けば休憩したくなった。丁度アニメで見るような大木を発見し、その木陰の草むらに座って雲が流れるのを見ていた。大都会の真ん中で華やかに生きてるのに、産まれたのはこんなに...