FC2ブログ
『花沢城物語~ソウイチロウとソウジロウ~』 byGPS
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『花沢城物語~ソウイチロウとソウジロウ~』 byGPS

4
とある日の花沢城……今日の会議は東の西門城との国境警備についてだった。「だからさ、どうしてそこまで空軍を飛ばす?」「空軍だから飛ばすに決まってるじゃん。総二郎の所と海では繋がってないんだから海軍は出ないでしょ」「いや、そういう意味じゃなくてさ。仲良くしようぜ?って言ってるんだけど」「仲良くしてるでしょ。でもそっちの飛行隊は油断出来ない。すぐに飛んで来て、とんでもない時に許せない行動に出るから」「1回...
元カレには逆らえない・28
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・28

2
午後になって総二郎から聞いた迎えの時間が迫ってきた。ここから羽田に行くとなると・・・と、計算したらもう出なくちゃいけない頃だ。だから慌てて料理の下拵えを止めて身仕度を整え、部屋を飛び出した。「このコンパクトカーにあの大男2人が乗るのかしら・・・まぁ、いいか!最悪私が後ろに乗れば♡」そんな事を呟きながら地下駐車場を出て、車を羽田空港に向けて走らせた。予定通り16時に羽田に到着したものの、何処で待てば判るん...
Colorful New Life(後編)~Colorful Pieces・類誕特別編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful New Life(後編)~Colorful Pieces・類誕特別編~

8
ガレージに車を停めて、玄関まで歩く間には何も変わった様子はない。もしかしたらリビングのドアを開けた瞬間にクラッカーが鳴るのかな?って思って、玄関のドアは普通に開けた。その時・・・!「パァパ!!おたんじょうび、おめでとうでしゅーーーっ!!」「うわぁーーーっ!!」・・・・・・気が付いたら顔の上に彩が乗ってて、俺はそのまま再び玄関外のエントランスでひっくり返っていた。いや、良かった・・・彩が顔の上から落ちなくて。あ...
Substitute・114
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Substitute・114

-
2人が黙り込んで数分・・・聖司がスッと立ち上がった。気持ちは沈んでいるのだろうが企業人の顔付きに戻りつつある。類はそれを見て流石だと・・・父はこの世界で生きていける人間なのだと思った。「どうされるんです?」「社に戻る。すぐにこれまでの誤解を解かねばならん。それに鳴海にはお前に似た人物の仕業だと説明してくる。証人を求められた場合は美作と西門で良いのだな?」「それは大丈夫ですが、似た人物を出すのでしたら誠二...