FC2ブログ
元カレには逆らえない・32
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・32

2
類とあきらの話を聞いて、暫く考え事をしていた。公家の血を引く齋藤家は確かに関西西門の京都支部の幹部達を意のままに動かしてると聞いた事はある。特に副支部長の櫻井って爺さんが懇意にしているはず・・・その櫻井は骨董品が趣味で集めてるんじゃなかったか?でも収集家が自分のお宝を売りに出すとは思えない。それに古臭い爺さんだったから、1人でそんな取引に応じるとは思えないけどな・・・。「家元の耳に入れといたら?もしかし...
Substitute・118
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Substitute・118

-
次の日の朝、美作邸のダイニングは異様な空気に包まれていた。昨日の夜、見窄らしい格好でこの屋敷に来た誠二郎が真新しい服を着て座っている。ボサボサだった髪も洗ったからなのか、伸びきっているがサラッとしていた。夢子はいつも通りの服装でニコニコして、その横ではあきらの双子の妹が賑やかな朝食を喜んでいる。いつもはあきらにべったりだが今日は類と総二郎、それに見たこともない誠二郎が居るのだ。雰囲気は怖くても見た...