FC2ブログ

plumeria

plumeria

家元となった祥兄が次期家元に指名された蒼を伴って記者会見をすることになり、俺はそれを見るために東京に呼ばれた。
会見場の横に待機しろと言われたが断わって、私服のまま会場の一番後ろに立っていた。

思い出されるのは自分たちの茶番劇・・・今更ながらよくやったと苦笑いが出る。
今でもあれが間違っていたとは思っていない。後悔はしていない・・・あれがなければ自分は今でも闇の中で茶を点て続けただろうと思うから。


時間になって会見が始まった。
これだけは変わんねぇんだなって思うぐらい、あの時と同じように2人は西門の紋を入れた着物で入ってきた。

これもあの時と同じく派手に飾られた席に座る2人・・・少し緊張しているのか蒼の表情は硬かった。
「情けねぇ顔しやがって・・・」つい口に出る言葉はこんなもんだったが、多分俺は笑っていたんだろうと思う。


「本日はお忙しい中、このようにお集まりいただきまして・・・」

マイク通りのいい祥兄の穏やかな声が響いて一斉に2人にフラッシュが向けられたが度胸はあるんだろう、蒼は硬さはあるものの笑顔を見せた。
祥兄が蒼の紹介をし、西門の次期家元となることを発表すると、今度は蒼に質問が向けられた。

「蒼さん、おめでとうございます。蒼さんは家元のお子様ではなく弟さんの息子さんですよね?ご指導は基本的にどなたに受けられたのでしょう。どなたが蒼さんの目標ですか?」

「私の師匠は今でも父、西門総二郎です。作法の基本的なこと、精神的なこと、茶道に関するあらゆる基礎は父の指導を受けました。宗家でお世話になってからはあらゆる方々にご指導いただき、より充実した日々を過ごせましたこと感謝しております。
目標ですか・・・やはり、父のような茶人になりたいと思います。一生超えることは出来そうにありませんが近づきたいと思っています」

「ほう!お父上が目標ですか?でも、たしか宗家からは出ておいでですよね?今は地方で教えていらっしゃるだけでは?」

「はい、そうですが、何処でどのように教えていようが私にとっては特別な存在です。今でも父のつくる茶室の空気は格別なものがあります。とても私は敵わない・・・すべてにおいて私の憧れであり、行くべき道を照らしてくれる存在です」


言ってくれるよなぁ・・・そんなこと言われちゃこれから行こうと思ってんのに遊べねぇっての。

その後も色んな質問が飛び交ったが蒼はしっかりと答えていた。それを途中まで聞いてから俺は会場を出た。
最後まで聞いちゃいられねぇよ。


こんな俺が憧れで特別な存在だなんてな・・・照れくさいったらありゃしねぇ!

会場を出てからつくしに電話を入れた。


『総二郎?もう会見終ったの?早かったね!』
「あぁ、まぁな。俺さ、久しぶりにこっちで飲んで帰るわ!明日になってもいいよな?浮気なんてしねぇから!」

『そんな心配してないよっ!・・・ふふっ、美作さんがいるんでしょ?いいわよ、ゆっくりしてきて』
「サンキュ!もう忘れられてるとは思うけど行ってくる・・・・・・あいつ、いい男になってたぜ?笑いが出たよ」

『あなたの息子だからね、いい男でしょうよ!・・・総二郎、連絡ありがとう』


あきらなんかと飲まねぇよ。1人で飲むんだよ・・・蒼のおかげでいい気分なんだから!

今は誰とも話したくなくてスマホの電源は落とした。
向かった先は昔飲み歩いた煌びやかな店が並ぶ東京のド真ん中・・・馴染みだった店なんか何処にもねぇけど気が向いた店に入って朝まで飲み続けた。



****

<北海道・半年後>

「花衣、もう少し動きをスムーズにな・・・お前は視線が動きすぎる。あまり動かすと客はお前の手先ではなく表情が気になってくるものだ。それではせっかくの茶席が白けてしまう。手順すら覚えてないかのように見えるから不信感を持たれるぞ?」

「はい、お父様、申し訳ありません」
「もう一度初めから・・・姿勢も気をつけろ。肩を落とせ。余裕が感じられないだろう?稽古で緊張してどうするんだ!」

「は、はい!」


今日も我が家の茶室では大学を卒業した花衣が総二郎の稽古を受けている。

花衣は悩んだ末、結局茶道を選んだ。
憧れ続けた父の仕事を継ぎたいと本人からの申し出で、総二郎は気合いを入れ直して教えている。
可哀想なのは理想が総二郎だけに、いまだに彼氏が出来たことがない。誰を見ても父親には敵わないという理由で恋に発展しないのだ。
「このままだとお嫁にいけないんじゃないの?」って心配したら「家にいりゃいいじゃん!」と暢気な総二郎。
結局、総二郎も花衣が可愛くて仕方ないんだ。花衣は誰にもやらん!って・・・花衣が聞いたら喜んじゃいそうで怖かった。


蓮は東京の美術大学に進学し、西門の離れに住まわせてもらっている。自由奔放な蓮はお爺さま、お婆さまに可愛がられているが、茶道とは離れた生活を送っていた。
自分の夢はまだ探し中だと言って色んな事に挑戦中だ。一番興味があるのはグラフィックデザイナーらしい。広告代理店でアルバイトも始めたと言っていたが、そのバイト代はどうも夜のお遊びで消えているようだったけど。
それも蓮の人生・・・私も総二郎も道を踏み外さなければと思うだけで、蓮の選択する道を尊重することにしていた。


毬莉は医大を目指している。理系の私立高校に入り毎日勉強している。
どうやら腕の悪い私のことが気になっていたらしく、これが医者になりたくなった理由らしい。
怪我をした人を後遺症から救いたい、そう学校の先生に話したと聞いて嬉し涙が出た。

総二郎は毬莉には甘い。理由は・・・私に似ているかららしい。小さいときの私がこの子と重なって見えると言う。
「もっと叱って!」って言っても「すぐ泣きそうでイヤなんだよな・・・」って逃げた。私はそんなに”総ちゃん”の前で泣いたっけ?実は一番気が強くて泣かない子なのに。


花沢類はあれからずっとフランスにいる。結婚は・・・していない。
1度だけ毬莉が産まれた時に来てくれた。相変わらず素敵でなんにも変わっていなくて、私をすぐに抱き締めて総二郎に殴られそうになっていたっけ。「いいじゃん、今日だけだよ?」・・・その声も話し方も昔のまま。

久しぶりだから2人だけで縁側に座って一晩中話していた。
「幸せなの?」って聞いたら「幸せだよ、あんたが笑ってるから」って答えた。「そうじゃなくてね」って言うと「これでいいんだよ」って。

帰るときには小さな毬莉を抱っこして「牧野そっくり!」って、嬉しそうに頬ずりなんかして。
総二郎に「やらねぇぞ!」って言われると「そのうちね」だって!何歳離れてると思っているんだろうってクスクス笑った。

ニコニコした花沢類と私、怒った総二郎の写真も私たちの部屋には今でも飾られている。


昨日、祥兄ちゃんから電話があった。
この人は毎回私たちを驚かすのが好きなようだ・・・今度は医学の研究に戻ると言い出した。

『今すぐってわけじゃないよ。蒼もまだ若いし家元と呼ばれるには早いだろうからね。今までも世話になった先生に付いて研究の方もやってたんだ。俺には開業医よりも研究の方が向いてるような気がしてさ・・・これからは蒼を中心に西門は活動していくと思う。そして時期が来たら早めにあいつに譲って、俺も自分の思う道を生きるよ』

総二郎は呆れてたけど、祥兄らしいやって笑っていた。
結局、祥兄ちゃんの所に男の子は産まれなかった。だけど、この先のことは時代の流れに任せよう・・・そう話していた。



こうやって私たちは幸せな毎日を送っている。


色んな事があったけど、こんな田舎に住んじゃったけど・・・大事な人と大事な時間を共に過ごせたことに感謝している。



*****



「つくし、散歩行かないか?まだ咲いてるかな」
「あぁ、咲いてるわよ。10月だもん・・・遅咲きの花が見頃じゃない?」

久しぶりにつくしを誘って散歩に出掛けた。
特に話なんてしないけど、ブラブラとゆっくり・・・秋の風を感じながら小さな道を歩いていた。

手を差し出したら躊躇いなく掴んでくるのはここに来てからずっと変わらないまま。
子供が増えても、歳をとっても・・・俺とつくしの距離は変わらないんだ。


「うわぁっ・・・奇麗だねぇ、総二郎。今年も遅くまでよく咲いてるわ」

「あぁ、そうだな。こいつらには毎年元気をもらうな」

そこら中を黄色に染めて、ここの向日葵畑は今年の秋もその花を青空に向けている。
その真ん中にある俺達の指定席の草むらに座ってそれを眺めていた。


自分たちの家が遠くに見える。
別荘だったこ頃とは全然違って、随分古くなっちまったけどそれもいい感じに落ち着いてる。
「そろそろ改装が必要かな」なんて言うと「まだいいでしょ。あのままがいいわ」なんて笑いながらつくしが答えた。


「そうだ・・・!蒼がね、紹介したい人がいるって言ってたよ?今度ここに連れてくるんだって。2つ年下の可愛い人みたい。写真見せてって言ったら、直接会ってくれって。恥ずかしがってんのよ、あの子ったら!」
「へぇ、もうそんな色気出しやがって!あいつの事だから中身はお前みたいな女、連れてくるんじゃねぇの?」

「色気出してって・・・よく言うわね。自分はどうだったのよ!それに私に似てたらそれこそ親子で趣味が同じ?・・・変なの!」
「ははっ!そうか・・・そうだよな」


どのくらい座っていただろう。
風が少し冷たくなってきた。


「帰るか・・・花衣の稽古の時間だ」
「そうね、晩ご飯の支度しなくちゃ」

立ち上がってつくしの肩を抱き寄せたら、こいつは俺の腰に手を回す。
そうやって向日葵達の中を歩いて帰った。


向日葵畑を出てからもう一度2人で振り返る・・・気のせいかな、誰かがいるみたいに見える。


あぁ・・・おじさんとおばさんかな。つくしも嬉しそうに笑ってるから・・・。
今年もこの場所で俺たちの事見ててくれたんだな。



さわさわと黄色い花が風に揺れる・・・つくしの髪も昔と変わらず風に靡いて、少し顔にかかったから手で退けてやる。
そのままつくしにキスをする・・・。


向日葵たちが囁いてくる・・・”仲がいいね”って。


「塩味の握り飯・・・食いたいな」
「あはは!凄く簡単なリクエストありがとう。”総ちゃん”の好物だもんね」

「・・・まぁな」



来年も再来年も・・・その先もずっと、ここで俺達は一緒に見るだろう。

手を繋いで、顔を寄せて・・・



優しい風が吹く中で揺れる、10月の向日葵を・・・










1sunflower-450231__340.jpg
半年間本当にありがとうございました。
10月の向日葵、これにて終了です。

はぁ・・・涙でる・・・。


明日は後書きと反省会・・・それと今後の予定です。
関連記事
Posted by

Comments 25

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 12:12 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、爆笑‼️

やらかすよね~♥️
ありがとうございました♥️

2018/02/28 (Wed) 12:20 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 13:01 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 13:17 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 13:22 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 13:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 15:13 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: ありがとうございました♡

さとぴょん様・・・ごめん!(笑)
涙が止まんない・・・!

落ち着いたらまたお返事するからちょっと待ってて・・・。
本当にごめんなさい・・・。

2018/02/28 (Wed) 15:26 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/28 (Wed) 16:34 | EDIT | REPLY |   
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/02/28 (Wed) 18:21 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんにちは!

えみりん様、今晩は♥

何とか終りました。
長かった・・・絶対に年内には終ると思っていました。まさか・・・2月とは。
今度から季節感出したタイトルはやめようと思いましたよ。

だって雪の結晶も春になりそうだし・・・。

なんでこんな事になったのやら。
私が思うに・・・類のせいだと思います(笑)
それは明日の後書きで・・・。

毬莉がつくし似って事でやはりわかりましたか?(笑)
類君のターゲットは・・・36歳年下の毬莉です!!怖いわ~!!

何歳で終ったんだ?それも考えてはいけない世界です。
計算しないでね?(笑)

いつも応援ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

2018/02/28 (Wed) 19:37 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、今晩は♥

コメントありがとうございます。
何とか無事に終ることが出来ました。途中くじけそうになったのですか(笑)
皆様の励ましでやっとです・・・。

景色が浮かびました?えへへ!嬉しいです。
私はこの最後のシーンが書きたくて仕方なかったんですよね♥

本当はここで蒼が彼女を連れて帰ってくるってのが初めの構想でしたが、総ちゃんと2人の方がいいなって
思って変えました。

家族でワイワイよりも2人で寄り添う方が素敵かなぁって・・・。


誕生花って・・・!あら、私は何かしら。
ちょい調べてこよう。

わかりました!!私はフリージアだそうです!プルメリアじゃないとは思いましたが(笑)
なんたって1月生まれなので・・・。しかも「白」だそうです!花言葉は・・・純潔?これはちょっと・・・。

来年は白いフリージアを植えよう♥

いつも応援コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

2018/02/28 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

わんこ様、今晩は。

コメントありがとうございます。

あはは!スリルありすぎましたか?
そうかなぁ・・・やり過ぎたかな?だからこんなにも延びたんでしょうけどね(笑)

祥兄ちゃんが茶道を究めるイメージなんて初めからなかったので、最終的にはさっさと家元を引退して蒼に継がせるって事は決めていました。そこを書こうと思ったけど、やっぱり20代30代の人が家元なんて少し話が合わないなぁって思ったので、そこは触れるだけにして終らせました。

また延びちゃいますからね(笑)

今度の話ですか?
明日、後書きで今後の予定をお知らせします。
どうですかねぇ・・・もうここまでの長編は書かないと思います。

いや、もう書けないです(笑)疲れました。

まぁ、ぼちぼちと・・・気ままに書けるものを書いていこうと思います。

いつも応援コメントありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。

2018/02/28 (Wed) 19:58 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様・・・こんばんは。

もうね・・・びっくりでしょ?(笑)
最終話でやる?って感じですよね・・・もう、撃沈しました。お恥ずかしい・・・そして何故いつも祥兄なのか(笑)
それは謎ですが。祥兄ちゃん、ごめんね(笑)

いいわけですがパソコンのキーボードのSが押しにくくて(叩きすぎによりいくつかのボタンが押しにくいんです。危険な状態)
「そして」ってうつと「そひて」になるんですよ(笑)
買い換えかなぁ・・・誰か買って(笑)

え?漢字変換とは関係ない?その通りです(笑)

ホントにごめんなさい。

子供もね、1人は総ちゃんっぽい子を作りたかったので蓮君に!
小学校から彼女連れ。如何にも総ちゃんの子です。で、東京の夜を満喫!親子で飲むのもいいなぁとは思ったんですが・・・。
話が延びますからね。やめました。

そして類・・・(笑)

最後に出さなかったら皆さん・・・類は?類はどうした?って言いそうだったから。
もちろん私は類つくでもあるので、類君に他の女性は考えられません。
残念ですがここは独身で!ごめんね、類君。

次ですか・・・?
えーと(笑)

それは明日後書きでご報告しますね。

いつも応援コメントありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

2018/02/28 (Wed) 20:22 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

きゃーっ!!あおさーん!お久しぶりです!

あきら君、お誕生日おめでとうっ!!!
お話しが書けなくて残念だったけど、色々あって力尽きちゃって・・・。

うちの子供は好き勝手やってるから楽しそうよ?
親としても、これだけ好きなことさせたら恨まれないだろうなって思うから(笑)

後は自分で何とか逞しく生きて欲しい・・・。
そして総二郎か類に似た男を連れて帰ってくれたらもう何も言うことはありません。
ダメか?(笑)

そしたら毎日が楽しそうだよね~!

いやいや、それこそ妄想だよね(笑)

優しさ溢れる・・・いやん!これからのお話しがそうじゃなかったらごめんね!
ボチボチ、のんびりで頑張ります!

今日はどうもありがとう・・・これからも宜しくです!

2018/02/28 (Wed) 20:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

うかちゃん様、今晩は!

コメントどうもありがとうございます。
そう言っていただけて嬉しいです。

楽しかったですか(笑)はははっ!こんなに爆弾落としたのに?
それではこれからも遠慮なく・・・♥

でも、もうこんなに長くて辛いお話しは書けません。
軽ーく緩ーくいきたいと思います。

次回のことは明日の記事でお知らせしますね。

いつも応援して下さってありがとうございます。
こんなアホな私ですけど、どうぞこれからも宜しくお願いします。

2018/02/28 (Wed) 20:49 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: ありがとうございました♡

さとぴょん様・・・今晩は!

お待たせ・・・(笑)
もうねぇっ!!なんで最終話でやる?私・・・!お腹痛いってもんじゃなかったですよ!
医学だからねぇ・・・。ホントにもう、これだから真面目な話には向かないのよっ!

どれだけの人が読んでいたのかしら(笑)
今日は早めにコメント見て良かったぁ!って思ったけど20分過ぎてました・・・ドキドキ!

なんで?2日間も見直したのよ?(笑)
今ね、インフルエンザで38度超えてるのですよ・・・実は。
昨日の夜、雪の見直しもグラグラで出来なくて、それなのに衣装が間に合わなくて徹夜まではいかないけど寝てなくて。
(インフルエンザがわかったのはさっきですけどね)

薬が効いてきて今やっとパソコンに向かえました。

なんて事でしょう。こんな日に体調崩すなんて。
総ちゃんごめんね。間違えたうえに寝込むなんて・・・お見舞いに来てくれたら治るのに(笑)


向日葵ロス・・・(笑)

私なんか数日前からその状態ですよ。
もうこの総ちゃんに会えないかと思うと・・・って言うと続編とか言われるけど、この2人結構な年で終ったから続編とかないから!

えぇっ!初めてのとこ、読んだの?(笑)
もう絶対に私は無理!自分の書いた、そして公開したあとのRとか絶対に読めない!(笑)
人のは死ぬほど読んだクセにね(笑)



こちらこそさとぴょん様には感謝しかないですよ。
西門軍団とか3枚の御札とか・・・面白いコメント沢山くれて、落ち込んでいた時にどれだけ励まされたかわかりません。

こんな拙いお話しに毎回コメント大変でしょうに・・・。
ありがとうございました。もう、それしか言えません。


これからもボチボチ新しい総ちゃんを探して書いていこうとは思っていますが・・・。
本当に今は疲れてしまって、この話から抜け出せないのが本音です。

それでも、この手がキーボードを叩くようになるのか?
今は何とも言えません。そのぐらいこの総ちゃんに惚れております。

明日、後書きにて少しお知らせしますのでお待ち下さいませ。


それでは本日は間違い探し、ありがとうございました。
そして全話にコメントいただいてありがとうございます。

これからも仲良くして下さいね。どうぞ宜しくお願いします・・・(泣)

2018/02/28 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/01 (Thu) 00:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/01 (Thu) 00:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: 祝💕

ないない様 こんにちは。

あはは!独身ですよ~♥だって・・・誰と?ってなりませんか?
ダメダメ・・・無理です(笑)
毬莉ちゃんと36歳差・・・これもダメダメ!(笑)想像出来ちゃうからホントに怖いですよね!
気にしそうにないですもんね。

祥兄ちゃん・・・こんなに出てくるとは思いませんでしたが、この人私より爆弾魔ですよね(笑)

とにかくやっと最終回が書けて良かった・・・ホッとしています。
最後まで応援、ありがとうございました。温かいコメント感謝しております。

2018/03/01 (Thu) 12:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: 完結おめでとうございます!

Happyending 様、こんにちは~!こちらこそご無沙汰しております。

・・・っていうか超びっくりしました!
こんなド暗い話にお付き合いいただいていたんですね?(笑)恥ずかしいなぁ!(笑)
ハピさんはお話し延びませんか?私、ダメなんですよねぇ・・・全然予定通りに纏まらない。
気が付いたらこんなになってて、自分の首締めてる気がします。

こうなったら「向日葵」から抜け出すのに時間がかかりそうで怖いんですよね。

書き始めはあの恐怖のリレーの最中でしたから(笑)辛かったですねぇ!
懐かしいなぁ・・・軽く震えてしまうわ。

ふふふ、原作の総ちゃんとはかなり違いますけどね。この総ちゃんに恋しております♥
そう言えば、総ちゃんのお話に司君がほとんど出てないのかな?今までのお話しにも出てない・・・な。
今度書いてみようかなぁ(無茶言う!)

インフルエンザでしょ?もう流行ってない頃になってもらうというアホな私。
久しぶりに家でぐったりしてます(笑)

どうぞこれからも宜しくお願い致します♥
ハピ様のご活躍も相変わらず凄い!頑張って下さいませ~♥

2018/03/01 (Thu) 12:15 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

花様、こんにちは~!

あっはは!妄想力!どんな力だ!
毎日更新・・・そうねぇ、自分でも何だか止めにくくなってるのよ。
どうしたものかしら。1回止めたら次から楽になる?

考ちゃんねぇ・・・そうね、この人の苦悩ってそれなりにあるよね。

私は、甘やかされた三男坊だけど、本当は違う愛されたかを望んだって感じで捉えてて、
お兄ちゃん達のようになりたかったけどなれなかった、だからお兄ちゃんのものを欲しがった・・・。
この人も愛されすぎたくせに愛情不足なんだろうなって思うのよ。過干渉で育ったから自己表現が下手くそなイメージです。
いや、難しいこというね、花さん。

頭の中ではアメリカで何度も挫折したけど向こうで彼女作って平和に暮らせてるって勝手に思っている(笑)
こんなに甘ったれの自分だけど、そんな彼の全部を愛してくれる彼女・・・やっと見つけた!って喜ぶ考ちゃんがい頭にいるの。
書いてやれよ!って思った?あはは!


で、類!

類の事をそんな表現したの花さんぐらいだよ!
そんな後日談書きませんっ!(笑)
花さん、総ちゃんと別の女性で話書ける?書けないでしょ?そういう事だよ~ん♥

今日はどうもありがとう!
花さんも頑張ってね!この前の質問に答えたんだから・・・書いてね?

2018/03/01 (Thu) 12:42 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/01 (Thu) 12:42 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: 10月の向日葵、すごく良かったです

ぷにぷに様、こんにちは。

初めまして♥そしてコメントありがとうございます。

そうですねぇ、色々とご意見はあって当然だと思います。
総ての方に納得いただけて喜んでいただけるとも思ってはいないのですよ。私にだって好みはありますから。
それを理解した上で始めたことなので私のお話がダメな方がいても、それはむしろ普通のことだと思っています。
ただ、それを伝えられてしまうと・・・手が止まるんですよね(笑)

出来たら心の中でコソッと呟いてブログを閉じていただけたら・・・と思います。


あらら!ぷにぷに様は総ちゃんがお好きなのですか?
嬉しいですね!私は類君と総ちゃんと書いているのですが、どちらが上とか下とかなく好きなんですよ(浮気者ですから)
これからも総ちゃんのお話は書くと思うのですが、今少しだけ藻掻いてる状態なのでお待ちいただけたら嬉しいです。

書き進めてはいるんですが、心の方が止まってしまったので・・・。

動き出したらまたお昼の時間にお会いしましょうね♥


今日は暖かいコメントどうもありがとうございました。
こんな私ですがどうぞ宜しくお願いします。

2018/03/01 (Thu) 13:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply