FC2ブログ

plumeria

plumeria

<side類>
「何処に行ったんだろう・・・あんな大きなお腹してるのに。総二郎も大変だよね!すばしっこい奥さん持つとさ」

そんなことを呟きながら俺は来た道を戻る感じでつくしちゃんを探していた。あきらは菜の花の道の方、総二郎は土手の上から探すって言ってたけど、こんな人混みの中ですぐに見つかるんだろうか。
結構戻ってきたんだけどなぁ・・・念のため電話してみようかな。見つかったかもしれないし!

あれ?俺のスマホ・・・あれ?ない。

「なんで?なんで、俺のスマホがないの?・・・あっ!藤本だ!」

思い出した・・・さっき、宴会場で母さんから電話が鳴ってて煩いから藤本に「持ってて!」って投げたんだ!
預けたそのまま帰ってしまったんだ!
やばっ・・・これって俺が見つけても連絡できないじゃん!ってか、あいつらが見つけても俺には連絡入んないって事だよね?

つまり除け者・・・置いてきぼりって事?まぁ、あきらと違って自分の車だからいいんだけどさ。ナビが使えないだけで。
取りに行くのも面倒くさいし、うちの宴会場の場所もわかんないし。


「あ・・・!いた!」

自分の車を止めた付近まで歩いてきたら、びっくりなんだけどつくしちゃんを見つけてしまった!
つくしちゃんは誰だか知らないお爺さんと並んで何故かタコ焼き食べてる・・・?え?もしかしてこのおじいちゃんにナンパされたの?タコ焼きにつられて?

「つくしちゃん!探したんだよ?何してるの?総二郎が心配してたよ?・・・で、誰?この人」
「あっ!類さん!ごめんなさい・・・はぐれちゃった上に人混みに流されてこんな所まで来ちゃって。このお爺さんがね、タコ焼きのソースが溢れるから座ってお食べって椅子貸してくれたから先に食べちゃおうかと思って」

「・・・うん、わかった。あのさ、総二郎に伝えたいんだけど、俺、スマホ持ってないんだよね。つくしちゃん持ってる?」
「持ってるけど車にあるよ?」

「・・・うん、よくわかった。じゃあさ、俺の車がすぐそこにあるから悪いんだけど車で待っててくれる?また迷子になったらいけないからさ。俺、走って伝えてくるから」

「はーい!ありがとう、類さん!」

何だかすごい天然・・・箱入り娘って聞いてたけどホントに変わってるよね?世の中には変な人もいるんだから気をつけるように総二郎に言っとかなきゃ!この子、何回でも行方不明になりそうで怖いんだけどっ!

とにかくつくしちゃんを俺の車に乗せて「待っててね」って声かけて、総二郎がいる方向にまた戻った。
日頃動かないからもうクタクタ・・・なんで、日曜なのにこんなに疲れなきゃいけないのさ!

ブツブツ言いながら急いでいたら目の前が何だか騒然としてきてすごい人が集まってきた。

「え?なに?今度は何が起きたの?」

思わず出ちゃった俺の独り言にすぐ側にいたおばちゃんが答えてくれた。

「酔っ払いの喧嘩みたいよ?4~5人で来てたうちの2人組が喧嘩になって仲間が止めてたんだけど、何だか全員で喧嘩になっちゃって!」

えっ!うそ・・・そんなの他でやってよ!通れないじゃん!
でも、その時、喧嘩してる連中と人集りの向こう側にいる総二郎を見つけた!


***********


類と反対側の方の土手の上から探したけど人が多すぎてよくわかんねぇ!
仕方なくまた人混みの中に入ってとにかく探しまくった。少し離れた菜の花畑ではあきらが大声出してつくしを探してくれてる。
状況を確認したくてあきらに電話をした。

「あきら!どうだ?迷子みたいなヤツはいねぇか?」
『そうだな、こっちにはいそうにないけど。やっぱりその桜トンネルの中じゃないのか?』

「この奥の方まで行ってみたけどいなかったからまた戻ってるんだ。類に電話してみる、悪いな!」

あきらも桜トンネルのこの道に戻って来るって言うから、今度は類に電話をした。

「もしもし、類か?」
『・・・大変申し訳ございません。私は専務秘書の藤本と申します。専務のお電話をお預かりしておりますが、実は専務はお花見会場からもうお帰りになられまして。西門様でしょうか?画面表示が"茶人"だったんですが』

「・・・茶人?あ、あぁ、そうだけど。じゃあ類は電話を持ってないのか!」
『そうですね。ですから後でご自宅まで届けないといけないのですよ。すみませんねぇ・・・いつもいつも』

「・・・あんたもご苦労だな」

なんてヤツだ、全然ホントに役に立たねぇっ!
こんな時に連絡取れなかったらどうすんだよっ!迷子が2人に増えたようなもんじゃねぇか!

しかも電話帳に”茶人”で登録すんなっ!じゃあ司は"野蛮人”か?あきらは"変人”か?マジ、ふざけたヤツだ!


類の事は放っておこう・・・俺はとにかくつくしを探さなきゃ!
そう思って必死に周りを確認しながらまた人を掻き分けて走っていたら、すげぇ人集りにぶつかった。
今度はなんだっ!この非常時に道の真ん中で大騒ぎしやがって・・・くそっ!喧嘩でもしてるのか?

ひょいっとその人集りを覗いたら数人の酔っ払いが殴り合い。すげぇ数の野次馬が集まっていて身動きが取れなくなっていた。

「お前が先に手を出しやがったんだろうがっ!このドアホっ!」
「バカ言ってんじゃねぇよ!由美子は俺の方がいいって言ったんだよ!お前は振られたんだ、ばーか!」
「総二郎ーっ!総二郎ー!おーい!」
「なんだとーっ!あいつがそんな事言う分けねぇだろうが!もう一発殴ってやる!」
「お前のパンチなんて効かねぇんだよっ!」
「総二郎ー、こっちーっ!総二郎ーっ!そーじーろーーーっ!」
「かかって来やがれっ!」

ん?・・・なんだろ?
そんな大騒ぎの中から何故か俺の名前が混じって聞こえてきて、随分離れた方に視線を向けたら・・・役立たずが手を振っていた!


「類っ!つくしは見つかったのか!類ーーっ!」

周りが煩くて聞き取りにくかったけど、類が何かを叫んでるから必死にそれを聞き取った。

「総二郎・・・・・・見つかったから・・・・・・・・・・・・どうする?!」

見つかった?!なんだ、役に立ってるじゃん!はぁ、良かった・・・!無事だったんだ・・・。

俺は大声で返事をした。


「見つかったのか!じゃあ、俺の車が西側の駐車場にあるからそこまで連れてきてくれ!つくしの身体が気になるから俺達はもう帰る!お前はあきらと2人でそのまま帰ってくれ!」

「じゃあ、そっちに・・・・・・連れて行くから・・・・・・車で・・・・・・待っててよ!」

「わかった!頼んだぞーっ!」


あぁ・・・ホッとした。これで家に帰れる。
振り向いたらあきらが走って来たから今の話をした。

「類が見つけてくれたから今から車に連れてくるらしい。悪かったな、あきら。お前はこの後類に連れて帰ってもらえよ」
「良かったな!お前が手を離すからだぞ?総二郎の車で待てば類が来るんだな?」

「あぁ、いまそう伝えたから大丈夫だろう」


**********

<side類>
大喧嘩してる連中を見てる総二郎に大きな声で呼びかけたらやっと気が付いてくれたから、つくしちゃんが見つかったことを説明した。

「総二郎!つくしちゃん、見つかったから!今俺の車に乗せてるけどどうするー?」

「・・・じゃあ・・・・・・・・・身体が気になるから・・・・・・お前は・・・そのまま帰ってくれ!」

えっ!俺がつくしちゃんを連れて家に帰るの?もしかして総二郎があきらを乗せて帰って、2人でどっかに行くつもりなのかな?ホント、父親になろうかって男がそんなことでどうするんだろ!でも、まぁ1人で帰るのも退屈だからいいか。

「じゃあ、そっちには行かずにこのまま連れて行くからね!俺の車でゆっくり帰るから花沢で待っててよ!」

「わかった、頼んだぞーっ!」


もうっ!総二郎ったら。
仕方ないなぁ。じゃ、今から帰ろうっと!あ、連れて行くじゃなくて、連れて帰るだった。日本語って難しいよね。


俺はつくしちゃんが待ってる車に戻ることにした。東京まで2人・・・楽しいかもね!



15227668330.jpeg

関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/05 (Thu) 15:58 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・今晩は!

それはそれは(笑)朝から大変だったのね?が、頑張れ~!!
でもうちの旦那もそうですよ。主語がないのよね!
しかも全部が「あれ」「それ」「どれ」「これ」だから全然わかんない。

で、声が低いから何かを聞いても返事が聞き取れない。
何回も「返事した?」って聞かなきゃわかんないし、その「返事した?」に対する返事が聞こえない(笑)
延々と続く質問合戦みたいな。

それが総ちゃんか類なら許すんだけどね・・・。


あ、で、お話しね(笑)

お花見の話だったのにねぇ・・・なんで急にこんな事に。
すべては「役立たずの類」のせいです。

深夜のシリアスな類が昼には役立たず・・・あはは!こんがらがりますよね!
番外編だから許してねっ!

つくしちゃん、無事に産まれますように♥

2018/04/05 (Thu) 19:56 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/05 (Thu) 22:10 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

てるる様、今晩は~♥

あははっ!るい大好きのてるる様に読んでいただいてたのですね?ありがとうございます。

ごめんなさいねぇ💦類をここまで天然にしたうえに、このお話の中だけ類の渾名が「役立たず」なんですよ。
ホント、ここまで出来の悪い類君を喜んでいただけて・・・(涙)

半分類つくみたいになってる今回のこのシリーズ、明日も類は頑張りますっ!
お楽しみに~!!

2018/04/06 (Fri) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply