FC2ブログ

plumeria

plumeria

西門に着いたのはもう日が沈んで暗くなってからだった。

ベンツを門前に乗り捨てるようにして自宅に飛び込んだら、親父とお袋がすごい顔で奥から走って来た。

「総二郎さん!一体どうしたの?こんな時間まで・・・心配したのよ?つくしちゃんは?」
「やっぱりまだここには帰ってねぇのか・・・!くそっ!」

「どういう事だ?もう産まれるかどうかって時にこんなに長く連れ回すなど何を考えてるんだ!つくしさんは西門の子供を産む大事な身体なのに、何かあったら牧野のご当主にも申し訳がない・・・総二郎、で、つくしさんは?」

そう言ったときに申し訳なさそうにベンツから出てきたのはあきらで、2人ともキョトンとしてあきらの事を見ていた。
無理はない。つくしを連れて行ったのにあきらを連れて帰ったんだ、誰だってドン引きだ!

「つくしは類が連れ回してるんだ。あのクソバカ、方向音痴のクセに勝手につくしを乗せて色んな所を走った挙句、電話を持ってねぇから行方がわかんねぇんだ。お袋、念のため医者の準備をしてくれ!類が高速を暴走してるのだけは事実だ。もしかしたらつくしの陣痛が始まったのかもしれねぇから!」

「なんですって?類君に誘拐されたの?花沢にも跡取りがいないから?」
「誰がそんな事言ったよっ!こんがらがるからやめてくれっ!」

なんでうちの第一子を花沢の跡取りにするんだか、その発想が既にわかんねぇ!
お袋は俺に怒鳴られて急いで医者に連絡を取った。


「総二郎、俺は美作に迎えの電話入れたからここで帰るよ。後で類が来るだろうけどお前が類をぶっ飛ばすところは見たくないから。じゃあな!」

「おぉ!悪かったな、あきら・・・助かった」
「・・・しかし、遅いな、類」

「言うな!・・・イライラしてるから!」

心底疲れた顔して、あきらは美作の車を呼び寄せた大通りの方に歩いて帰った。


俺が西門に着いてから30分・・・門の外で仁王立ちしている俺に一本の電話が入った!
画面を見たら知らない番号・・・誰だ?こんな時にって思ったけど電話に出た。


「もしもしっ!俺だ・・・あんた、誰だ!」


************

<side類>
「う~ん、類さん、痛い・・・痛いよ~、類さん・・・うぅっ!」
「つくしちゃん、もう都内に入ってるからね!もうすぐ着くから・・・頑張って!」

関越自動車道を出てから急につくしちゃんの陣痛が酷くなってお腹を押えて唸りだした。その感覚が迷子になっていた時よりも短くなっていて汗までかいてる。その姿が少し前の暢気なつくしちゃんとは違っていて・・・マジで焦る!

「痛い・・・痛いよ~!陣痛ってこんなに痛いの?類さん、助けて~!」
「たっ・・・助けて?助けたいけど多分出さなきゃ治らないよね?えっと、もうすぐ家に着くからさ・・・!足、閉じてて!いい?足をしっかり閉じててよ?つくしちゃん!」

「え?足・・・閉じてるけど痛いって!もう早く出したい~!」
「まだ!まだ出さないでっ!ホントにもうすぐだからっ!」

つくしちゃんは想像以上の陣痛の痛みで助手席で大騒ぎしてる。
でも俺だって人生で1番の恐怖を感じてるんだ!ハンドルを持つ手だってすごく震えてる・・・こんなの初めて!

あの総二郎のパンチを何発受けなきゃなんないのーっ?!マジで恐怖なんだけどっ!


一般道路になっても無茶苦茶飛ばして花沢の屋敷が見えてきた頃、つくしちゃんの息が荒くなってもう声も出さなくなってきた。

「つくしちゃん、着いたからね!もう大丈夫!頑張れっ!」
「はぁ・・・はぁ・・・類さん、ありがとう・・・頑張る!」

「うん、頑張っていい子を産むんだよっ!」
「・・・わかった!」

花沢の正面玄関前にフェラーリをドンッ!と横付けしたら、バーンッ!と扉が開いて加代がすごい怖い顔して走って来た!
なんで?今度はなんで加代が怒ってるの?

「あっ!加代・・・実はさ」
「類様、邪魔でございます!とっととそこからお退きなさいっ!」


説明しようとしたのにいきなり加代に突き飛ばされて、俺はフェラーリの横に弾き飛ばされた!
えっ?!なに・・・総二郎じゃなくて加代に飛ばされたって・・・どういう事っ?!

加代は開けっ放しの扉で様子を見ていた使用人に向かって大声で叫んだ。

「緊急事態です!花沢家医療チーム、早急に西門つくし様の出産準備に入ります!後藤先生と助産婦を1階奥の特別救護室に呼びなさい!ストレッチャーをここへ!男性の使用人はつくし様を車から出してちょうだい!看護師免許を持っている使用人は手伝いなさい!残りのものは急いでタオルや産着の準備、時間との闘いです!急ぎなさーい!」
「「「畏まりました!!」」」


「・・・・・・加代?あの・・・」

「類様!しばらくそこで大人しくしておいて下さい!・・・いいですか?近寄ってはいけませんよ?わかっていますね!」
「・・・・・・はい」

地面に座ったままの俺の横で、つくしちゃんは数人の男に抱えられてストレッチャーに乗せられガラガラと奥の方に連れて行かれた。


なんで?・・・俺、頑張ったのに。こんなにつくしちゃんのために頑張ったのに。
なんで俺は真っ暗な中で、1人地面に座ってんだろ。


しばらくしたらまた扉がバンッ!って開いて、加代が何かを持って立っていた。
そして、その手に持ってるものをひゅん!って俺の顔面目掛けて投げたんだ!

びっくりして両手でそれをキャッチしたら・・・スマホだった。

頭に当たったらどーすんのさっ!こんな固いモノっ!


「類様、西門様にご連絡を!奥様の出産が始まっておりますからと!宜しいですね!」
「・・・・・・加代から・・・」

「ご自分でなさいませっ💢!!」



仕方ないなぁ・・・でもさ、俺は花沢に連れて帰るねってちゃんと言ったんだよ?
来てない総二郎の方が悪いと思うんだけど!

渋々総二郎に電話をかけた。


『もしもしっ!俺だ・・・あんた、誰だ!』
「類だけど。つくしちゃんが今、花沢でお産中なんだけど来てくれる?」

『・・・・・・(ブチッ!)』


総二郎はなにも言わずに電話を切った・・・。あれ?




1cherry-blossom-1321095__340.jpg
次がラストかな?(笑)
類君ファンの方ごめんなさいね💦

えーと・・・何度も不定期といっては連日間に合ってるようです。
でも、わかんないですから!明後日かも・・・?
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/10 (Tue) 14:02 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/10 (Tue) 17:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

わんこ様、こんにちは。コメント、ありがとうございます。

どうなんでしょうか?それこそ個人差なんでしょうね。
私は20時間かかったんですよ。なので初めの9時間ぐらいは何ともなかったです。
陣痛も30分置きぐらいが9時間、それからも6時間ぐらいは普通にしていましたね。
いたたたっ!ってのもそんなに酷くはなくて、最後の3時間ぐらいでやっと分娩室に行きました。
耐えられなくなったのは産む1時間ぐらい前でしたので、私の体験からすると、このつくしちゃんは考えられるんですよね。

でも、友だちは2日間かかった人もいれば2時間ぐらいでポン!ッと産んだ子もいます。
1ヶ月入院した人もいれば(身体が弱って)、その日のうちにスタスタ歩いた人もいますしね。

まぁ、いずれも元気になっているのでいいか!みたいな(笑)

それでは明日はつくしちゃんに頑張ってもらいましょう!
類君!お疲れ様でしたーーっ!!

2018/04/10 (Tue) 17:10 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・え?なにがそんなに?(笑)

でも、わかった~!待ってまーす!あれ?(類か!)

2018/04/10 (Tue) 17:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/11 (Wed) 10:35 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・こんにちは!

あっはは!類のセリフ?
足閉じてて・・・(笑)トイレ我慢してるみたいでしょ?
男の人には恐怖でしょうねぇ・・・こういうの(笑)

うんうん、たまにありますよね?お外で出産・・怖いですよね!
駅のホームっていうのも昔、聞いたことがあります。

加代のマジギレ(笑)後ろに”そうじろう”がいたりしてね(笑)怖さ倍増よ?

おぉっ!加代vs志乃!何となく加代の勝ちじゃない?

あぁ!茶人って登録してあるスマホは今は藤本が持ってるから。
加代が渡したのは別のスマホですね。だから総二郎には誰からかかったのかわからなかったって感じ?
でも、この類が総ちゃんの電話番号を頭に記憶していたとはとても思えないんだけど(笑)

そこは覚えていたということにして下さい!

はぁ!やっと帰ってきたぞ!
ラストまで頑張ります!

2018/04/11 (Wed) 17:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply