FC2ブログ

plumeria

plumeria

夢を見た・・・何故かの星に行った夢。そこでお饅頭食べながらお茶飲んでる不思議な夢。
隣には宇宙服着てる茶髪の男が座っていて、私の方に顔を向けてるの。

『あの星は乙女座のスピカって星で1等星なんだよ。地球から350光年離れてて牛飼座のアークツルスって星と夫婦星って言われてるんだ。スピカが妻、アークツルスが夫。で、この2つと北斗七星の持ち手の部分からを春の大曲線って呼ぶんだよ。でね、あれが一番明るく見える星、おおいぬ座のシリウス。-1.5等星なんだ。オリオン座がわかればすぐその下にあるから見つけやすいんだよ。このシリウスとオリオン座のペテルギウス、こいぬ座のプロキオンが冬の大三角形って言うんだ』

『そう、詳しいのねぇ!でも私たちは今どこにいるの?』
『俺達がいるのは月だよ?昨日引っ越してきたじゃん』

『あぁ、そうだったね。でも私、あなたとはお話ししちゃダメって言われてるんだった』
『なんで?』


・・・・・・


ぱちっと目が覚めたらそこは昨日入ったばかりの学生寮で、お布団じゃなくてベッドで寝ていた。
そうだ・・・私、昨日引っ越したんだっけ。

で、なんでこんな夢を見たのかと言えば・・・隣に住む超イケメンの花沢類に訳わかんない星の話を聞いたからだ。

「はー・・・なんて夢だったのよ。どうでもいいわよ、なんだっけ?スピカ?ア、アーク・・・いや、いい。忘れよう・・・」

あれからよく寝たんだけど色んな事があったせいか、なんだか疲れが取れていない。その重たい頭を抱えながら朝ご飯を食べて、今日の予定を考えた。カレンダーには4月5日に赤丸・・・入学式か。

「・・・そうだ!スーツ取りに帰らなきゃ。入学式に行けないもんね!よし・・・さっさと取りに帰ろう!」

簡単に片付けをして鞄を持ったら朝一番に自宅に向かった。
バイトで貯めたお小遣いを全部使って買った一張羅、入学式用のスーツを取りに。

車なんてないから電車とバスを乗り継いで1時間、昨日の朝までいた実家に着いたのはまだ10時前だった。今日は31日の土曜日・・・って事はお母さんは仕事が休みだわ。そう思って古びたアパートのドアノブに手をかけたらカチャっと開いた。
でも昨日置いたはずの紙袋が玄関になくて、奥の方から掃除機の音がしたから大声で叫んだ。

「お母さーん!ねぇ、お母さーん!ちょっとー!」
「・・・え?誰?・・・あら、つくしじゃないの。どうしたの?あんた、もう戻ってきたの?」

「何言ってんのよ!まだ入学もしてないのに。そうじゃなくて、ここにあった紙袋何処にやったの?あの中に私のスーツが入ってたの。入学式で着るヤツ」

「・・・・・・え?入学式で?」
「そう!何処にあるんだろう・・・昨日持って行くの、忘れちゃったのよ。ね、何処?」

「あ、あれねぇ・・・えっと」

何だかすごく慌てだしたお母さん。目が泳いでるし手なんて擦りだして何してるんだろう。私が自分の部屋に入って探そうとしたら大きな声で謝り始めた。

「ごめん!つくし!あれが買ったばかりのものとは思わなくて・・・あの、その・・・昨日フリーマーケットに出しちゃったのよ!」
「・・・・・・は?」

「だからね、昨日すぐそこの公園であったフリマに・・・」
「なんですって!私のスーツをフリーマーケットに出したぁ?!」

「そ、そうなの!ここに置いていったから要らないものかと思ってね、綺麗だったし高く売れるかと思って持って行ったのよ!ホント、ごめん!」

「ごめんじゃないわよ!どうしてくれるのよ!私のバイト代で買った大事な・・・記念のスーツなのに!で?売れたの?」
「えぇ、すぐに」

「いくらで?」
「すごく高く売れたの!3000円よ!」

私はその場に崩れ落ちそうになった・・・。私が買った中じゃ29800円は最高級品だったのよ?1度も着てないのよ?
初めは3980円にしようかと思ったけど頑張ったの、記念だから最初で最後って!・・・それを3千円で?!
両手をいくら合わされても許されないわよーっ!!

でも、それを買い戻そうにも相手のことがわかんない。入学式は来週・・・そして私には必要最低限の生活費しか残ってない。
これ以上何を言ってもどうしようもないから無言で実家を飛び出した!



再び寮まで帰ってきたけど溜息しか出ない。
入学式にジーンズで行くわけにもいかないし、かといって花柄のスカートで行く人もいないだろう・・・あの英徳だよ?
去年の写真を見たけどすごかったんだよ?だから張り切ったのに・・・。

がっくり肩を落として階段を上がっていたら上から降りてきた人がいる・・・ヒョイと顔を上げると花沢さんだった。
昨日と同じくすごく格好いいけど無表情で、よく言えば無垢な子供みたいな顔してる・・・軽く頭だけ下げて通り過ぎようとしたけど、彼の方が声をかけてきた。


********


自宅に大学で使う資料を忘れてるのに気が付いて、面倒だけど取りに行くことにした。
誰かに部屋に入って探させるのもイヤだし、ここに入ってこられるのはもっとイヤだったから。どうせ俺の事は管理人や守衛の人間に監視させてるんだから、それ以上花沢の人間を近寄らせたくない。

本当はcantabileのことを知られるのが一番イヤだった。
いつ何処であの店のことを探られるかわからない。唯一安心してヴァイオリンが弾ける場所を奪われたくはなかった。

車のキーを持って階段を降りていたら下から上がってきたのは隣の牧野。
昨日とは随分様子が違ってて死にそうな目をしていた。それに腰まで曲がってない?すごく落ち込んでるような気がして子供みたいな身体がもっと小さく見えた。

それに俺を見ても俯いたままで、昨日みたいな大きな目にならない。
階段の端に避けてちょっとだけ頭を下げて、そのまま行こうとしたから何となく声をかけた。

「どうしたの?・・・牧野」
「へ?あ、花沢さん。いえ・・・何でもないんです・・・大したこと・・・いや、問題だわ!そうよ、大問題よ!」

「どっちなのさ・・・」

急に大問題だって大きな声出して、それまで死にそうな顔してたのに今度は泣きそうな顔で俺の方を見たからちょっとビビった。なに?この感情の激しさ・・・昨日もそうだったけど面白すぎるんだけど。

「聞いてくれます?うちの親・・・私のスーツをフリマに出して売ったんですよ?どう思います?!」
「・・・フリマ?」

「フリーマーケットですよ!私が必死に働いて買った大事なスーツを・・・入学式のスーツをですよ?もう・・・どうしたらいいのかわかんないんですーっ!」
「・・・・・・スーツ、入学式?」

「それもたったの3000円でですよ?信じられないっ!私の血を汗と涙の結晶なのにーーっ!」
「・・・それに結晶ってあるの?」

それがこんなに泣き崩れるほど大事なことなの?スーツが一枚なくなったからって?
それがよくわからなくて返事が出来なかった。それに自慢じゃないけど入学式に出た記憶がない・・・特に高校と大学。そんなものがあったっけ?ぐらいの認識なんだけど。

「それさ・・・普通の服じゃダメなの?スーツって決まりなの?」
「普通はスーツでしょ?花沢さん、出なかったの?」

「うん・・・多分出てないと思う。記憶がないから。高校の時も制服は卒業式で着たけど式そのものには出てないし」
「・・・・・・は?」

「出なかったからって入学取り消しじゃないでしょ?俺、通ってるし」
「そう言う問題じゃ・・・」


「着ていくものが大事なのかな・・・大学に入りたい気持ちがあればスーツなんて着なくてもいいんじゃない?じゃあね・・・」

そう言ったときの驚いた顔。また大きな目をしてポカンと口を開けて瞬きもしないで俺の事を見ていた。


まぁ・・・俺には関係ないし。
そう思って彼女を残して階段を降りていった。

しばらく動く音が聞こえなかったからその場にいたのかもしれない。

エンジンをかけて車を動かしたけどずっと頭の中に彼女の驚いた顔が残ってる。
今頃になってまたすごく悪いことを言ってしまったような・・・戻らなきゃいけないような気がしてる。


何故だろう。どうして声をかけてしまったんだろう・・・。
昨日と同じだ・・・言葉を出した後で無性に気になる。

また何かが俺の中で動き出してるみたいだ・・・そんな事を思いながら車を走らせた。



kenka6.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/28 (Sat) 07:54 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: おはようございます。

えみりん様、おはようございます。

そうそう、売ったの(笑)
私は嫁に出た後、実家に帰った時にエレクトーンがなくなっていたことがあってね、びっくりして親に聞いたんですよ。
そしたら「貸倉庫に預けている」って言われてね。
実はそのエレクトーンの蓋を開けた所にへそくりがあったのです。僅かですけどね。
でも、言いにくくて「捨てないでよ?その時は言ってよ?」って頼んでいたんです。

そしたら1年ぐらいして、その倉庫の管理会社が倒産して倉庫が空になっていたと(笑)

エレクトーンもだけど、私のへそくり、何処行ったーーっ!!(笑)


夢の話ですと、私何故か何回も同じ夢を見るんです。
それが私は殺人犯で、庭の隅に埋めてるんですよ、それを。
で、時効まであと何日・・・って数える夢。二十歳ぐらいからずっと・・・。

きっと私は前世でそんなことしたんでしょうね。
あっ!サスペンスの見過ぎ?(笑)だから今でも・・・(笑)

2018/04/28 (Sat) 10:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/28 (Sat) 17:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんばんは。

宇宙服着てるのよ?どんな夢?って感じでしょ(笑)
月にお引っ越し・・・ここだけ読まれたら完全にメルヘンの世界ですね!

つくしがバニーちゃんになってるかもしれない。

あぁ、そのニュースね!ルイってフランスの名前では聞くけどイギリスで?って思いました。
でもこれでイケメン王子になっていただかねば・・・!
楽しみですねっ!

つくしにしては奮発したスーツ!たった1日忘れただけで聞きもせず売ってしまう千恵子(笑)
聞いてよーーっ!って言いたいですけどね。

この2人も喧嘩こそしないけどいつになったらくっつくんでしょうか(笑)
長そうだ・・・。

2018/04/28 (Sat) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply