plumeria

plumeria

「・・・いたたた、うわっ、身体が痛い・・・。どうして?1人で寝てるのに・・・」

朝、目が覚めた時に何故か全身が痛かった。
ベッドの中、ぼんやりする頭で考えてたら昨日のエステのことが思い出された・・・そうかぁ、昨日は全身マッサージって言われて揉みほぐされたっけ・・・色んな所を寄って集ってグリグリと・・・。
普段なら気持ちいいのかもしれないけど、最近疲れてたからなぁ・・・なんて思って時計を見た。

「なんだ・・・9時か。はぁ・・・・・・・・・えっ!9時?!」

急に意識がはっきりしてベッドから飛び降りた!
今日は京都に行く日じゃないの?なんで誰も起こしてくれなかったのーーっ!

「うわあっ!何時にここを出るんだっけ?えっと、確か新幹線が東京駅を9時50分じゃなかった?そんなのもう間に合わないわよーっ!」

大急ぎで服を着替えて化粧して荷物を持って・・・うわあぁん!なんで、どうしてーーっ?!
自分がトイレに行ったかどうかもわかんないほど慌てて支度をしていたら、1人のお弟子さんが呼びに来た。

「牧野さん、もうお車が待ってますけどって家元夫人が言っておられますよ?・・・牧野さん?」
「は、はーいっ!今すぐに行きますから少し待っててください!すぐに・・・すぐに行きますからっ!」

「はい、わかりました。お急ぎくださいねー」

そうか、志乃さんがもういないんだ!だから家元夫人もすっかり忘れてるのね?
いや、そんなことよりも早くしなくちゃ!化粧のおかしいところは新幹線で直してもいいんだし、とにかく予定通り乗らなきゃ総二郎から何を言われるかわかったもんじゃない!

私は最後にベッドの横に置いてあったスマホを手に持って廊下を猛ダッシュした。
最近は慣れたもんでこれだけ走っても転けやしない!擦れ違うお弟子さんがすごい顔して避けてくれる度に頭を下げて玄関に向かった。

そして玄関に着いたら家元夫人が涼しい顔して待ってて「あら、つくしちゃん、お支度に時間掛かったのねぇ」って笑ってる!
その逆で5分しか時間かけてないんだけど、そんな説明をしてる暇もなかった。

「はぁ、はぁ・・・そ、それでは行ってきます。着いたら連絡しますね!」
「はいはい、頑張ってね!普段のあなたでいいんですからね!きっとお爺さまも気に入ってくださるわ。笑顔よ、笑顔!」

「はい・・・頑張ります!なんとか合格点、とってきますから!」
「つくしさん、あまり固くならないようにな。茶道は自然な流れの中で落ち着いた時間を楽しむものだから、心静かに・・・」

家元っ!・・・そのお話、帰ってからゆっくり聞きますからーっ!
時間がないのに玄関先で自分に酔いしれて話す家元にイライラしながら、片足を車に入れた状態でそのお言葉を聞いていた。

「あら、いやだ。家元、お時間がございませんわ。ねぇ、つくしちゃん」
「はい!すみません、いいお話の最中ですが新幹線を待たせてますので・・・」

「おぉ!そうか・・・それでは気をつけて行っておいで」
「はい、行ってきます!」
「行ってらっしゃーーい!」

リムジンの後ろ側から両手を振ってお2人に合図を送った・・・はぁ、なんとか本邸を出たけど、これって新幹線に間に合うのかしら?運転手さんに聞いてみたら「・・・ギリギリですかね」って。
とにかく急いでもらって東京駅で降ろしてもらったら、今度はホーム目指して猛ダッシュ!時間は既に9時46分!

「やだぁ!間に合わなかったら総二郎に怒られる~!!」

私の叫び声で前の方にいた人達が驚いて道を開けてくれる!有り難いけどお礼を言ってる暇さえない。胸の中だけで「ありがとー!」って叫びながら階段を駆け上がった!
でも私がホームに辿り着いた瞬間、新幹線のドアが閉まって無情にも動き出した・・・。

「きゃああぁーっ!待ってぇーっ!その新幹線止まってぇーっ!」
「お客さん、危ないからやめてください!お客さんっ!」

駅員さんに止められた時にはもう新幹線はその姿が見えなくなっていた・・・これは乗り遅れたって事だよね?
どうしよう・・・総二郎にはこの新幹線に乗るって言ってるのに!まぁ、京都に着くまでに2時間以上あるんだから電話すればいいんだけど、絶対に怒られるよね?「何考えてんだーっ!」って・・・!

呆れた顔の駅員さんに次の時間を聞いたら流石京都行き、10時丁度に次の便が来るらしい!指定席は無理だけど出発駅だから自由席でも問題なし!
僅か10分の差ならそこまで怒られないわよね?って事で、10時の「のぞみ221号・新大阪行」に乗ることにした。それはすぐに入ってきたから乗り込んで、座席に座ってからやっと一安心・・・・・・すごく、お腹が空いた。


顔を上げたら目の前には売店があった。
急いで行けば何か買えそう。新幹線の中で買ってもよかったけど、もう喉が渇いてて我慢出来なくて貴重品だけ持って車両外に出てしまった。

「うわっ!美味しそう・・・迷うけど、もうこんな時間だし、少しでいいのよねぇ・・・えっと」

その時に発車のベルが鳴ったんだけど、他にも沢山停まってるし目の前には私の食欲をそそるものが並んでるもんだから夢中になって選んでいた。
そしてお茶と小さなお弁当を買って振り向いたら・・・今度は私の荷物を乗せた新幹線が動き出していた!

「きゃああぁーっ!待ってぇー、その新幹線止まってぇーっ!私の荷物がぁーーっ!」
「お客さん、危ないからやめてください!お客さんっ!・・・また、あんたかっ!」

うそ・・・誰か嘘だと言って!
私の荷物だけを乗せた新幹線・・・今度はそれが私の前から姿を消した。


そして散々駅員さんから文句を言われたけど、なんとか車内と連絡を取ってもらって荷物は無事に保護されて京都駅で預かってもらうことになった。
まぁ・・・重要なものは先に送ってるから、私の着替えとか化粧品とか、そんなものだけなんだけど。

問題はスマホがないって事だけで。
実はこれが一番の問題かもしれない・・・総二郎に連絡が取れない。そして総二郎からの電話も当然とれない。


ヤバい・・・これは絶対に怒られる。
しかも自分の食欲を満たすためと言えばどれだけ呆れられるか・・・。

結局色んな事をしたために東京駅で足止めされて、私が新幹線に乗れたのは10時50分発、のぞみ107号・広島行だった。
京都着は1時過ぎ・・・予定より1時間も遅れてしまった。


*********


翌朝、遅い時間に一乗寺の爺さん宅から少ししか離れてない西門の別邸で目を覚ました。

今日はつくしが来る日だ。
緊張していつもより早く起きてドキドしながらこっちに向かってるんだろうと思うと、傍にいてやれなくて可哀想だったな、なんて思う。これもお袋が鷹司の話を上手く断れなかったからつくしのせいじゃないんだけど・・・。

俺は昨日爺さんに付き合わされたが、所詮70歳過ぎた爺さんだから夜もダウンするのが早い。
遊びたいだけ遊んで騒ぎまくったがここに戻ってきたのは11時前で遅くはなかったし、酒を飲んだって言っても俺は酒に弱いわけじゃねぇからこのぐらいなんでもない。

逆にいつもつくしを抱いて寝てて寝不足だったから久しぶりの1人寝でぐっすりだった。


「総二郎様、お目覚めですか?」
「志乃さん?あぁ、起きてるよ」

「朝食の支度が出来ておりますからお越し下さいませ」

志乃さんに言われて布団から出て、飯を食いに行った。
ここでの朝食は白粥に京野菜を豊富に使った”おばんざい”と呼ばれるおかずにおぼろ豆腐。だし巻きや一切れの焼き魚がついてて身体に優しいメニュー。
つくしなら満足しそうにないけどな・・・って笑いながら食った。


「牧野さん・・・ちゃんと起きたかしら」

「いくらあいつでもこんな日に寝過ごさないだろう。もう起きて支度済ませて玄関でソワソワしてんじゃねぇの?」
「だといいんですけど・・・ほら、総二郎様も私もいないんですよ?家元夫人が誰かに頼んでくれたかしら。牧野さんを起こすこと・・・」

「やめてよ、志乃さん。そんなこと言うと気になるだろ?嫌だからな、俺・・・爺さんにつくしが寝坊しましたって言うの!」
「あら、すみません。どうしてかしら・・・嫌な予感がするんですよね」


・・・そう言われたら気になる。

時計を見たら9時過ぎ・・・西門をもう出てる頃だろう。焦らせてもいけないからつくしが新幹線に乗ったと思われる時間が来たら電話してみようと思った。


あいつは京都駅を知らないから、降りてどっちに行けばいいのかさえわかんねぇはずだ。
京都駅の中央口に出たら目の前は全部バスターミナル。
車に乗ろうと思ったら少し歩かなきゃいけないから、何も知らないつくしがあの人混みの中でそれを判断するのは難しいはずだ。しかも八条口に出たら完全にアウト。出会うことすら出来ない。

「確か9時50分に乗るんだったよな。10時に電話してみるよ」
「そうですわね・・・声が聞けたら安心ですわね」

「ははっ!もう24の大人の心配するのって可笑しいけどな!」
「・・・でも、牧野さんですから」


「・・・だよな」

そして10時になって俺はつくしに電話を入れてみた。


・・・なんで出ないんだ?おい、まさか・・・何か起きてねぇよな!



c340c98e2fe31f2cd44ef0fdde26cc4c_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 12

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/12 (Tue) 12:26 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/12 (Tue) 13:07 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/12 (Tue) 13:55 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/12 (Tue) 14:58 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

瀬奈様、こんばんは~!

笑っていただけて嬉しいです~♥
でも、大変だったんですね。今は大丈夫なんですね?

えーと・・・(笑)お役に立てたのならよかったです!

毎回こんなの書けないですけど、比較的こういうネタを考えるのは得意のようなので(最近自分でわかりました)最後までこの調子で打っ千切ろうと思います!
まずは総ちゃんのところにつくしちゃんを届けなければ・・・っていつになるやら!

すんなり会わせませんので(笑)どうなるかお楽しみに!

総ちゃん、ごめんねーっ!!(笑)
イライラマックスで待っててねーっ♥

2018/06/12 (Tue) 23:38 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんにちは!

えみりん様、こんばんは!

あっはは!ありがとうございます。
ねぇ・・・最近は100話に驚かなくなりました。
てか、このぐらい長く書かないと次の準備が出来ないんですよね。

この話はどうだろう・・・向日葵は当然超えませんけどね。
6月で終わると思ったら終われそうにありません。もう、わかってるだろうけど。ははは!

まさか、だったでしょ?
ふふふ、寝坊か違う方向に行くか・・・今回は新幹線に置いて行かれたんですねぇ!
こうでもしないとスマホってお話書くのに邪魔な時があるのよ(笑)

さーて、明日はどうなりますか。

総ちゃん、怒ってるよね(笑)


私も八つ橋は苦手です。
お漬物は毎回子供が買って帰ります。でも高いんですよね!漬物がこの値段?って最初は驚きました。
美味しいけどね・・・確かに。

カラフルな飴があるけど見るだけで買ったことはありません。
でも本当に可愛いんですよね!金平糖とか。

今度はいつ行こうかなぁ・・・子供の部屋の片付けに(笑)

2018/06/12 (Tue) 23:48 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんばんは!

爆笑!!なーんかそういう人いそうだ!
出会ったことはないけれど。

私は新幹線はそこまで面白い事はしてませんね・・・。
強いて言えば東京に高校生の時に行って、今日帰るって日の早朝まで六本木で飲んでて(笑)
そこでゲイの暮らしてる部屋に行き(笑)抱き合ってるゲイを初めて生で見て(笑)
その後もウイスキーをガンガン飲んで、始発の新幹線に乗るときには意識が朦朧としてました。

で、帰りに富士山が見たくて(行きは見られなかったの)絶対に見るぞーっ!って思ってたけど爆睡。
起きたらもう岡山でした。

あれ?いつの間に?みたいなね!
岡山で起きたけど二日酔いで気分最悪で吐きまくり、地元に着いたときは死んでました。

遠い昔だけど、ゲイのあのシーンは覚えてる。
すごかったもん。その時は自分がそういう経験もないときでしたし、初めて見た(普通人のは見ないはずだけど)のがゲイよ?
ホントに抱き合ってんの!裸で!

なんで見ることになったのか?

それは秘密(笑)


あっ!お話ね、うん、これからも頑張る!
お祝いメッセージありがとうございます!

2018/06/12 (Tue) 23:57 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんばんは!

ははは!やりましたよ~!
おそらくこれは読者様も想像してなかったはず・・・つくしちゃんが荷物に置いて行かれる(笑)
思いついたときは超楽しかったです!

西門家、最高でしょう?
こんな茶道の家ってあるのか?みたいになってますが、このまま最後までキャラ変更なしで突っ走ります!

あんまり出ない家元も楽しくしてみました。
ある意味楽しい夫婦ですよね(笑)

はいはい、総ちゃんはもうブチ切れ状態でしょうね!ふふふ!

京都珍事件・・・明日から開催です!ははっ!

2018/06/13 (Wed) 00:03 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/13 (Wed) 00:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、違うのよ!(笑)
確かにお酒は飲めたの。でもね、飲むために行ったんじゃないんです。

私はその時にある夢を持っておりまして、東京に研修に行ったんです。
そしたらそこの講師の人が調子に乗って高校生の私を飲み屋に連れて行ったんですよ(笑)

で、気が付いたら4軒ぐらい連れて行かれて最後に飲んだんです。
凄く真面目な学生だったのよ?これ、ほんと!

まぁ・・・昔は社会が緩くて子供ってわかっててもお店も入れてくれましたもの。
懐かしい人生の汚点です。

2018/06/13 (Wed) 00:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/13 (Wed) 10:56 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは。

あはは!叶わなかったよー(笑)
だから今こうしてブログ書いてる(笑)

いや、これも幸せかな?

2018/06/13 (Wed) 12:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply