FC2ブログ

plumeria

plumeria

牧野の前に立って顔を近づけた。
ちょっと困った顔しちゃって赤くなってる。確かめる前に唇にキスしちゃいそう。
ホント、可愛いよね。


「ねっ!耳貸して?」

そう言って、牧野の耳に・・・ピアスにキスをした・・・・ほら!甘いじゃん!!



「見つけた・・・でしょ?」

「うそー!見つかっちゃったのー?」

そんなガッカリした顔しなくても。そのピアスはホワイトチョコでしょ。
だってそんなの見たことないもん。俺のあげたピアス以外持ってるはずないしね。

「よく出来てるね」
「苦労したのよ?溶けないようにコーティングして、金具もね、取れたらバレるでしょ。でも、今日見つかるまでだったから取れなくて良かった!」

そう言ってピアスを外す。これは食べちゃダメよって言いながら。


「はい!じゃ、プレゼントね?」

特に何もいらないけど、次に何を言い出すかだけが聞きたくておねだりしてみた。

「わかった。じゃあ、類はソファに座って目つぶってて。絶対見ちゃダメよ?」

昨日は偶然見ちゃったからね・・・今日は言うこと聞いとくかな。
言われたとおりにソファに座って目を閉じた。
しばらくして・・・



「類・・・いつも、ありがとう」

って、言葉とともに俺の唇に牧野のそれが重なってきた・・・
それも、以外にも「大人の」キス・・・

えっ!と思って目を開けたら、そこには白のビスチェスタイルのミニドレスを着た牧野が上から見下ろす感じで俺を見てる・・・
あのふわふわのピンクのセーターの下にそんなの着てたの?

しかもそのドレス、胸んとこのデザイン・・・大きなリボンみたいだけど?「私をプレゼント」の意味?
すごくセクシーだけどさ、わかって着てる?

「びっくりした・・・牧野からのキスなんて初めて・・・」

手を伸ばして思いっきり抱きしめた!ふふっ、そんなにジタバタしたって離してあげないよ?

「ね、このままデートしよっ」
「えー!この格好で?外には出られないよ。恥ずかしいよ!」

「コート着りゃいいじゃん。すぐに予約しなくちゃ!」

今日はバレンタイン。ホテルのレストランの予約なんて今更とれないだろうけど、そこはさ・・花沢の名前使ってちょっと強引だけどね。

だって、こんなに可愛い彼女を少しは見せびらかしたいじゃない?

あっ、でもやっぱりこのドレスは見せない方がいい?


う~ん。ま、  いいや。

今日はこのまま2人で出かけよう!


宝探し、バンザイ!!

----Happy Valentine!!-----

2チョコ
皆様も素敵なValentineを!!
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply