FC2ブログ

plumeria

plumeria

全然知らない女の子を抱き留めたと思ったら、この子を追いかけてきた胡散臭い2人組が「引き渡せ!」と怒鳴りながらこっちに向かってくる。
どう見てもこの子があんな連中に関わるとは思えない・・・まだ高校生ぐらいじゃないの?未成年だよね?

怯えて俺のスーツを握り締めて背中に隠れてるし、それにすごく震えてる・・・見た目も派手じゃないし、夜中に街を彷徨くタイプじゃなさそうだし。

「突然ごめんなさい!た、助けて・・・助けて下さい!」
「えっ?、ちょっと待って、急にそんな・・・」


事情を聞こうにも男達はすぐに俺の前にやってきて、ハァハァと息を切らしながら睨んでる。
会社員じゃない風貌にガラの悪い顔つきと流行もしないパンチパーマ風?今の時代にこんな奴いるんだ・・・ってある意味感心してそいつらのことを見てしまった。


「手間とらせやがって・・・とんでもねぇガキだな!」

そしてその口から出てきたのはまるで任侠映画みたいな台詞・・・まさか、何かの撮影とか?って真剣にカメラを探した。

「何処見てんだよ、兄ちゃん!その子を渡してもらおうか」
「・・・なんで?」

「なんで、って・・・お前は関係ねぇだろうが!いいから早くこいつをこっちに寄越せ!痛い目見るぞ!」


背中で俺の服を掴む力が強くなって、引っ張られすぎて痛いんだけど。
でもこのまま引き渡たらこの子が悲惨な目に遭いそうだったから、どうしようかとチラッと振り向いてみた。歯なんてカタカタ鳴らしてこの季節にそんなに汗かいて。「あのさ・・・」って声をかけようとしたら・・・

「だっ・・・誰があんた達の所に行くもんですか!この人はね・・・こ、この人、とーっても強い私の彼氏なのよっ!」
「・・・はっ?!」

「この人怒らせたら怖いんだからね!ほ、ホントに強いんだから、あ・・・あんた達こそ早くどっか行ってよ!そうしないと彼に投げ飛ばされるわよ!」

「何だと?!嘘つけ、この野郎っ!こいつはたった今出会ったヤツだろうが!」
「お嬢ちゃん?そんな嘘ついたらその男に迷惑だろ?・・・俺達がキレる前にさっさと来い!!」
「いやああぁーっ!」


・・・今、なんて言った?俺がこの子の彼?
・・・・・・しかも強い彼?


もう1回「あのさ・・・」って声をかけたら「ごめん!お願い、助けてっ!」って泣きながらしがみつく・・・言ってることとやってることがチグハグ過ぎない?
まぁ、この子が危ないってのはホントみたいだし、ここで引き渡したら後味悪そうだし。


「ほら、あんたも庇ってないでその子をこっちに出せよ!無関係なんだろ?」

「・・・いや、俺、彼氏だから」

「はぁ?!あんたまでなに可笑しな事言ってんだよ!そんな訳ねぇだろう?馬鹿じゃねぇのか?!」

「・・・でも、彼女を渡すわけに行かないし。こういう時、彼氏なら守らなきゃいけないでしょ?」

「このっ・・・巫山戯るなーーっ!」
「きゃああぁーっ!やめてぇっ!!」


すごいデカい声・・・耳がキンキンするんだけど!

そう思ってる間に男達が拳を振り上げて襲いかかってきたから、この子を少し後ろに押しやって自分から離した。
そして殴りかかってきた男の拳が振り下ろされたのを交わして、そいつが勢い余って蹌踉けた時に脇腹に思いっきり肘鉄を喰らわした!ボキッって聞こえたからもしかしたら肋骨、ヤッタかも?

でもすぐに「この野郎っ!」って怒鳴りながら俺に向かってきたから、今度は右斜め45度にミドルキックを打った!それがさっき肘打ちした部分に再びクリーンヒット・・・この男は呻き声を上げながら地面に突っ伏した。

完全に骨折した・・・と、思う。


「舐めてんじゃねぇぞ!素人は大人しくしやがれ!!」

素人ってそっちもじゃん?

もう1人の男は握った拳をストレートに俺の顔面目掛けてぶつけてきたから、顎の前に来た時に左手で受け止め、今度はそいつの鳩尾に蹴りを入れた!
意外と革靴でやられたら痛いんだよね・・・その男は反動で自分の後ろ側に倒れ込んで、後頭部をアスファルトで強打し、そのまま動かなくなった。

それを見て後ろに追いやった彼女が顔を覆っていた手を外して、すごく大きな口開けて呆然としてる。スーツを軽くはたいてチラッとその子を見ると急いで傍に走り寄ってきた。

「うそ・・・ホントに強かったの?」
「何言ってんの、あのさ・・・・・・あ!」


誰かが警察を呼んだんだ。
遠くの方で「あそこです!喧嘩です~!」と、聞こえてきたから彼女の手を取って急いで花沢本社ビルの地下に向かった!


「逃げるよ、急いで!」
「へっ?はっ?あ、あの・・・!」

「警察は厄介でしょ?すぐそこに俺の車があるから走って!」
「・・・は、はい!!」



***************



どうしてあんなことを言ったのか・・・自分でもわからないけど「この人は私の彼氏なのよ!」、だなんて叫んでしまった。


こんな人が彼だったらって思ったのかしら。
田舎じゃ見たこともないような素敵な人・・・だけど、何処かで会ったことがあるような気もするし。

それに穏やかそうだったのに闘ってくれたときの素早い動き!こんな状況なのに見惚れてしまって身体も動かなかったけど声も出なかった。
それに今、私の手を握ってくれてるこの人の手・・・すごく暖かくて安心する。確かに逃げてる途中なんだけど、ドキドキしてまるで浮かれてるみたい。



この人は何処かの大きなビルの中に入って、そこの地下駐車場に向かった。
同じ地下でもここの駐車場は明るくて綺麗・・・それに警備員さんみたいな人がいてこの人に凄く丁寧な挨拶をしていた。

そして周りよりも広めの駐車スペースに停まってる白い大きな車に向かって歩いてく・・・。


でも、さっきの事もあるから知らない車に乗ることに抵抗感もあって足が止まった。

最初に出会った人も爽やかだったし、それに人は見掛けによらないって言うじゃない?
いや、この人は身体を張って助けてくれたんだもん、変な人じゃないってわかってるけど・・・。


「あの・・・助けていただいてありがとうございました。私、ここで失礼しますから。ご迷惑お掛けしました!」

「・・・何処か行くところがわかってるなら送っていくよ」

「えっと・・・実は東京は初めてなんです。だから知り合いもいないし、行く所もないし・・・あっ!昨日泊まった公園ならホームレスのお爺ちゃんが助けてくれるかも!」


「・・・公園?」


この人は凄く驚いた顔して運転席のドアに手をかけたまま止まってしまった。
私も言ったあとで「しまった!」って思って口を塞いだけどもう遅い・・・誰だってホームレスのお爺ちゃんに助けてもらうって聞いたらドン引きだよね?
どうしようかと車の横でモジモジしていたら「とにかく乗って」って言われたから助手席に乗った。


凄い高級車・・・なんだよね?
宮崎のお屋敷にもこんな感じの車が数台あったもの・・・乗った事はないけど。


この人の車は地下の駐車場を出て、さっきの大通りに出た。
確かにお巡りさんが数人いて通行人に何か聞いたり、倒れてるあの人達の横に踞って何か聞いてるみたい。そのうち救急車の音が聞こえてきて、あいつらは病院に運ばれるんだって思った。

蹴り倒した人・・・今ここで爽やかな顔して運転してるんだけど。まぁ・・・いいか。


それよりも公園までの道順なんて全然わからないからどうやって説明しようかなって考えていたら、ボソッとした声で質問された。

「それはそうとさ、一体何をしたの?あんた、あんな奴らに追いかけられることでもしたの?」

「・・・は?いいえ!違うんです。詳しくは聞いてないんだけど私を変なお店で働かせようとしたんです!それで乗せられた車から飛び出して逃げたんですよ」

「変な店?子供なのに?」


「・・・子供?」
「だって子供でしょ?何歳?何処の高校?」


・・・・・・本気で言ってるのかしら。私、こう見えて24歳なんだけど。





641a3484049ab5ab268d4cd9abd775e6_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/04 (Sun) 08:58 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

あはは!世間知らずな田舎のお嬢様ですからねぇ♥
類君、どうするんでしょう。

最近、喧嘩のシーンが多くて(笑)
類君が喧嘩ってあんまり想像できないので迫力出せないのですが・・・。

動きを文字でって難しくて苦手です・・・へへへ!

2018/11/04 (Sun) 10:52 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/04 (Sun) 15:04 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

miz**様 こんにちは。

あっはは!確かに要点は掴めそうにないですね(笑)

しかも話を聞くのは類君・・・お互いに???になりそう💦

まぁ、このお話はプチコメディですからいつもの類君とは違うかも?ですよ。
ふふふ、始まったばかりで色々掴めないでしょうが、恋に慣れてない2人を応援してやって下さい♥

2018/11/04 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/04 (Sun) 16:52 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは。

なんちゃら・・・(笑)

衝撃の出会いは突然の恋にはならなかったようですが、さて類君、どうしますかね。
そんなところに連れて行ったら恋が始まらずに終わりそう・・・(笑)

どうにかして恋を始めないと!


とんちんかんな2人ですからねぇ・・・読者様も予測できなと思います♥

ふふふ、始まったばかりなので広い心でお待ちいただくと助かります!

2018/11/04 (Sun) 17:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply