FC2ブログ

plumeria

plumeria

2月13日・・・明日のバレンタインのためにチョコブラウニーを作ろうと思ってアパートのキッチンで腕まくりしてた。
寒いなんて言ってられない。もしかしたらこれが花沢類に渡せる最後のチョコかもしれないんだから!

そう思って奮発していろんな材料を集めた。
くるみ、アーモンド、パンプキンシード・・・とうとう金箔まで!ドキドキしながらほんの僅か買っちゃった。


スクエア型にシートを敷き込んでバターを塗って、薄力粉と純ココアは2回ほどふるって、オーブンは170℃に予熱する。
くるみ、アーモンド、パンプキンシードはローストして細かく刻んで下準備完了。


「よし・・・!ここからが勝負よ。つくし、集中して作るのよ!」

誰となんの勝負してんのよ!って自分でツッコみ入れながら、薄力粉を鼻の頭につけたまま怖いほど真剣な目で目の前の材料を睨んでた。

ボウルにチョコ、バター、生クリームを入れて湯せんにあて、別のボウルでは卵と砂糖を入れて湯せんしながらトロッとするまでハンドミキサーで泡立てる。

作ってるときも頭の中ではどうやって渡そうかなってそればっかり。
誰もいないところがいいけどそれって何処だろう?なんて言って渡そうかな・・・『みんなに作ったから花沢類にもあげるね』 そう言わなきゃ意味深だよね。

彼が重たく感じないようにしなきゃってそればっかり考えて、台詞の練習までしながら作っていった。


「あれ?ラム酒ってこんぐらいで良かったっけ?」

あんまりにも考えすぎて分量間違えなかったかな?今度はそれが気になったけど、まぁ・・・何とかなるかな?
もしも美味しく出来なくても花沢類はきっと怒らないし・・・そもそも食べるかどうかわかんないし。


ふるっておいた薄力粉と純ココアを入れ、ヘラで艶がでるまで切り混ぜしてから スクエア型に流し入れ、表面を綺麗にならしたら170℃のオーブンで15分程度焼く。

「よし!後は冷ましてカットしてデコレーションしたら完成だね!」


**


充分冷ますために一晩おいて・・・今日は2月14日。
お昼に花沢類にメッセージを送ってみた。もしかしてもう予定があったりして・・・1番肝心な所なのに確認してなかった。

『今日さ、仕事終わったら会えない?』

バレンタインデーにこんな誘い、如何にもって感じだけど・・・ってドキドキしながら返事を待った。
送ってから数分後、私のスマホが鳴った!


『いいよ。何処に行けばいい?』

『迷惑じゃなかったら会社の前の道路で待ってる。6時には帰れる?』

『6時まで会議があるから6時半でもいい?待ち合わせは会社の前、了解』


6時半・・・よし、それまでに仕上げなきゃ!

昨日作ったものを長方形にカットしてデコレーション。コーティングチョコを全体にかけて奮発した金粉を乗せたものが2個。
くるみ、アーモンド、パンプキンシートを乗せたものには斜めに絞りだしたチョコをもう1回かけて2個ずつ。

それをまた落ち着かせたら今度は1つずつラッピング・・・それも終わったら全部並べて箱に詰めて完成!
赤やピンクのリボンなんかかけられないからブルーのリボンにした。こうしたら普通のプレゼントっぽくない?



夕方になったらそれを持ってワクワクしながら花沢類の会社前に向かった。
いつ見てもポカンと口を開けちゃうほどの本社ビル・・・今日も煌びやかな照明が光ってて、とても中には入れない。

格好いいスーツ姿のお姉さん達が沢山このビルから出てきて帰っていく・・・その人達がみんな自信に満ち溢れたような顔に見えるのは私の僻みだろうか。
そんな中、子供っぽいダッフルコートなんて着て彼のことを待っていた。


もしかしてこんな格好で待ってたら・・・近寄るのが恥ずかしいかしら。
急に怖くなったけど、時計を見たらもう6時20分・・・彼と約束した時間の10分前だった。


そして見えてきたのは黒いコートを羽織った花沢類。
女子社員さん達みんなが振り返って見ている中、早足で向かってくる彼の姿が見えた。

「花沢類、こっち・・・」って片手をあげて合図を送ったけど、彼は誰かに呼び止められて身体の向きを変えた。
あれ?どうしたんだろうって思ったけど遠すぎてよく見えない・・・彼が何か話してからまたこっちに向きを変えたとき、花沢類の後ろ側には綺麗な女の人がいた。


あぁ・・・バレンタインのチョコを貰ったんだ?


そうだよね、花沢類だもん・・・チョコなんて山ほど貰うよね。貰いすぎてどれが誰の物だかわかんない・・・ってことかしら。
私は自分が作ったブラウニーが入った鞄をギュッと握りしめた。


「牧野!お待たせ、遅かったかな」
「ううん、30分より前だよ。流石だね!」

「あはは!割と遅刻魔だよ、俺」
「そうなの?ダメじゃん、跡取りのクセに!」

そう言うと少しだけ苦笑い。私も嫌みっぽい言い方して反省・・・。


「・・・牧野、何処に行くの?ご飯でしょ?」
「あっ、うん・・・でも全然決めてないの。あはは!誘ったクセにごめんねぇ?!」

「えっ?そうなんだ・・・う~ん、じゃどうしよう」
「何処でもいいよ」


「観覧車、乗ろうか?」
「えっ、観覧車?」



*******************



牧野がこの日に誘ってくれてほんの少しウキウキしたのに、何にも考えてなかっただなんて大笑いだよね。
ホントに面白い・・・こういうところが堪らなく可愛いくて怒る気にもならなくて。

でもホテルのディナーなんて堅苦しいのはイヤだろうし、この時間からの予約はかなり無理を言わなきゃ取れない。
「少し待ってて」って牧野に背を向けて、ちょっとだけ『花沢』を利用して取れたのはお台場のトラットリア。
オーシャンビューのテラス席がある店で、そこまで肩肘張らずに食べられるし。

「車で行こうか」ってことになって地下駐車場に向かい、そこから俺の運転でお台場へ車を走らせた。



トラットリアに着いたらすぐにテラス席に案内されてそこで夜景を見ながら自家製ピッツァを頬張る。
何か言いたそうな牧野だけど必死に今日のイベントとは関係ない話を探しては盛り上がってた。

くすっ・・・その膨れた鞄の中身、俺の方が気になるんだけど?

ここでおすすめの「牛肉の赤ワイン煮」にも感動してニヤニヤが止まらない・・・すっかり頭の中はデイナーで溶けちゃったね。


「牧野、観覧車、もうすぐ終わるから行こうよ」
「うん!私、これに乗るの初めて。夜でも綺麗かなぁ?」

「夜景だから綺麗なんじゃない?乗ったらわかるだろうけど俺も初めてだもん」
「そうなんだ!」

「誰と乗るのさ。1人は淋しいでしょ?」
「あはは!道明寺とか?男同士って怖いねぇ!」

「・・・やめてよ、想像しちゃったじゃん」


直径100メートル高さ115メートル、1周約16分の2人っきりの世界に行ったのは9時45分。牧野はここから見える東京の夜景に大騒ぎしてる。
だけどちょうど真上まで来た時、俺の顔を見ずに小さな声で聞かれた。


「花沢類・・・会社出るときに貰ったチョコ、食べるの?」
「・・・え?会社出るとき?」

「うん、偶然見ちゃったんだよね。凄く綺麗な人だったね」
「・・・あぁ、あれね。何も貰ってないよ・・・って言うか断わったよ」

「断わったの?!なんで?」


なんでって・・・そんなの決まってるじゃん。貰う人は1人しかいないから・・・なんだけど。


「うちは社内で役員にチョコ渡すの禁止だから。俺には誰も持ってこないはずなのに彼女がロビーまで持ってきたからちゃんと断わったよ」

「・・・そうなの?」
「そう、でも社外は別・・・社員じゃない人も別・・・だよ?」

「・・・え?」
「この観覧車、あと5分で下まで降りちゃうよ?」

「あっ!あのね、あの・・・えっとね!」


今までがっしり持ってた鞄を開けて、中から出してくれた紙袋・・・リボンはクシャクシャになってるしカードもなさそう。
そして添えられた言葉は・・・


「これは私が食べたかったから作ったの!だから半分は私のだから!」
「・・・ぷっ!」


ぐしゃぐしゃになった紙袋を抱えて車まで戻って、今から何処に行ってこれを食べようか?
14日が終わるまであと2時間・・・今日も2人で遠回りだね。





14919179750.jpeg
関連記事
Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/06 (Tue) 11:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/06 (Tue) 12:41 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは。

今日は凄いノリですね(笑)
これ・・・バレンタインに「愛の小部屋」に移そうかな♥うん!そうしよう♥


実はね、今朝までここが総ちゃんだったんですけど、司君に変えてみました♥
そしたら自分でも想像してちょっと笑えた(笑)

やっぱり司君の方が良かったでしょ?ふふふ!


いたいた!その台詞に覚えがある!でも・・・名前とか全然わかんない・・・(笑)

2018/11/06 (Tue) 17:54 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さゆ様、こんにちは。

あはは!お迎えねぇ・・・憧れますね♥
車で待っててもらってもいいけど・・・たとえばお店だったらちょこっと顔だけ出して

「あのさ・・・さゆを迎えに来たんだけどまだ終わらない?」
「あっ!さゆちゃんなら今着替えてますよ?!」

「そ?じゃ、いいや」
「あのっ!さゆちゃんの・・・お兄さんですか?」


「・・・そんなわけないじゃん。さゆは俺の大事な人だよ」


こんなのどうですか?(笑)あっはは!妄想バンザーイ!!

2018/11/06 (Tue) 17:59 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/06 (Tue) 20:30 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さゆ様、爆笑‼️

すごい♥️マーク、ありがとうございました🎵
喜んでいただけて良かったわ♥️

類さゆ劇場、またいつかやりましょうね(笑)

2018/11/06 (Tue) 20:54 | EDIT | REPLY |   
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/11/07 (Wed) 04:38 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

az****様、おはようございます。

ご訪問&コメントありがとうございます。
気力が続く限り頑張ろうと思います。



2018/11/07 (Wed) 10:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/07 (Wed) 12:06 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ぴっぴ様、了解しました。

出先なので帰ったら変更します。
大丈夫かしら?

私のことは気にしないでくださいね。

2018/11/07 (Wed) 12:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply