FC2ブログ

plumeria

plumeria

4月になって私は社会人としての生活をスタートさせた。

会社は花沢物産や美作商事があるような都心じゃなくて、その反対側・・・ほんの少し寂れた街にある小さな会社だった。
その方が良かったから自分でそこを選んだ。


もしも花沢物産に近い会社に決まっていたら彼に偶然会うかもしれない。

花沢類が大企業の後継者だって今まで以上に感じてしまうかもしれないし、噂話を聞くかもしれない。
偶然何処かで綺麗な人を連れてる彼を見てしまうかもしれない・・・ネガティブ思考になった?って自分でも思うけど。

なんでも相談してって言われたけど電話はしていない。
入社してすぐに弱音吐いてるだなんて思われたくないし、花沢類が思うほど忙しくてドタバタした会社じゃない。
どっちかって言うと平和で穏やかで・・・ドキドキもワクワクもしない会社だったから。


そうやって1ヶ月が過ぎて、やっと会社に慣れたって頃にやってくるゴールデンウイーク。
そして急に届いたメッセージ。

『ゴールデンウイーク、何してるの?』

途端にソワソワしてくる私の心臓・・・声じゃなくて文字なんだ?ってちょっとがっかりだったけど急いで返事を返した。

『アパートの掃除とお洗濯。あとはお買い物してご飯作ってるよ。イヤミ?酷いなぁ、花沢類』


・・・我ながら素直じゃないし可愛くもない返事だなって思うけど、何となく”誘ってアピール”してない?
送ったあとで考えたら恥ずかしくなった。

今度はなんて返事が来るんだろう?
そう思ってスマホの画面が明るくなるのを待っていたら、メッセージじゃなくて電話が鳴った!驚いて電話マークをタップして耳に当てたら聞きたかった声が届いた。


『牧野、淋しいスケジュールなんだね!笑っちゃったよ』
「悪かったわね!し、仕方ないじゃん。まだ1回しかお給料もらってないからお金なんてないんだもん」

『・・・どっか行こうか。行きたいところある?』
「行きたいところ?・・・そうだなぁ、何処に行っても人が多いでしょ?ゆっくり出来るところならいいけどなぁ・・・」

『じゃあさ、1日俺に付き合ってよ。行き先、任せてくれる?』


「うん、任せる!」なんて浮かれて返事して、そのあとに決めた日にちは5月5日の子供の日。
まだ4日も先なのに急いでタンスから可愛い服を探した。

「スカートの方が女らしくていいよね?あ、でも意味深かなぁ。それとも社会人になったからワンピースとか?いや、似合わないよね。花沢類、ドン引きするかもしれないし・・・ジーンズ?学生じゃないんだからねぇ」

ありったけの服を部屋中に広げて自分なりにコーディネートしながら、夜には数点に絞ってその前で腕組みしてた。


でもデートって訳でもない。
花沢類も暇だったからだよね。人付き合いの苦手な人だから気心が知れた人間の方がいいってだけ。深い意味なんて多分何処にもないんだよ。

だから女の子っぽくしなくてもいいし、可愛くなんてしなくてもいい。頑張らなくてもいいのに次の日には新しいお化粧品を買ってしまった。
ピンク色でパールの入ったアイカラー、それにピンクベージュのルージュ。

ついでに初めてのお給料でピアスホール開けて、小さなパールピアス、買っちゃった。


何となく・・・背伸びしたかったから。


**


子供の日が来て、朝早くに花沢類がまた迎えに来てくれた。
寝坊助のクセに朝の7時、その時間に驚いたのは言うまでもない。今までは9時でさえ無理だって嘆いていたんだもん。

やっぱり助手席に乗り込んだら目を擦ってる・・・「おはよ!」って顔を覗き込んだらすぐに言われたひと言。

「あれ?ピアス・・・可愛いね。ピアスホール開けたんだ?」

「え?・・・あぁ、うん、そうなの。えへへ!大人になったから!」
「・・・ぷっ!今頃?」


すごい・・・すぐに気がついてくれたんだ?髪の毛で見えないと思ったのに・・・何だか、嬉しいかも。

それでもやっぱり恥ずかしくて可愛い格好は出来なかった。
いつものジーンズにブラウスだけは可愛くフリルにしてスカイブルーのロングカーディガン。靴だけはスニーカーをやめてちょっとお洒落なものにした。
それにちょっとだけ甘いフレグランス・・・つけすぎないようにほんの少しだけ・・・それでも勇気が要るんだもん。

いつもぶら下げるようにして持ってた大きな鞄も小さめのバッグに変えて・・・ほんの少しは変化が出たかな?なんて勝手に思い込んだりして。
それに気付いてくれるのかな・・・花沢類。


「今日は何処に行くの?道、混んでない?」
「うん、渋滞は仕方ないよね・・・ゴールデンウイークだし。でも今日中に帰れればいいでしょ?」

「うん、大丈夫。花沢類の方が運転するんだから疲れちゃうよ」
「今日はね新潟まで行くんだ」

「はぁ?!新潟・・・ホントに?!」


花沢類が選んだのは国営越後丘陵公園のチューリップまつり。18万本のチューリップが一面に咲き誇るっていう公園まで4時間かけて行くらしい。
どうりでこの時間・・・今から車を走らせてもお昼になっちゃう!

東京から東名高速道路で海老名JCTまで行き、そこから圏央道で鶴ヶ島JCT、関越自動車道にはいって長岡へ。
車の中では入社した会社での出来事を話して、彼はそれを笑って聞いてくれた。
「楽しくやってるんだね」・・・そう言われると「うん!楽しいよ」って答える。

でも、本当はもっと近くにいたいけどね・・・もう少しで言葉になって出てしまいそうなのを我慢して「おじちゃん達ばっかりで面白いよ。怖い先輩もいないしね!」なんて窓の外を見ながらはぐらかした。


「男性社員って若い人はいないの?」
「若い人?勿論いるよぉ!格好いい人も何人かいるけどもみーんな彼女がいるんだって!あ・・・1人だけフリーな人がいたかな?」

「牧野、何も言われないの?」
「挨拶ぐらいするよ。休憩室で一緒になったら普通に話すし、歓迎会も隣だったし」

「ふーん・・・」


本当はそこまで話さないけど何となく出した言葉。
横を見たら面白くなさそうな顔になってる?・・・いや、変わらないかな?それはそれで・・・残念だけど。


お昼ご飯は少し早かったけど谷川岳パーキングエリアで人気の『もつ煮定食』!
700円の食券なんて買うのが初めての花沢類は凄く変な顔して販売機の前で機械と睨めっこ。慌てて私がボタンを押すと不思議そうな顔して食券を手に持った。

「人生初かも・・・」、そんな事を言うから大笑いして「いい経験だね!」って2人で隅っこの席でもつ煮定食を食べた。


越後丘陵公園に着いたのはお昼を回ってから。
そこにはカラフルなチューリップの他にも沢山の花が咲いてて、しかも子供の日だから家族連れも多くて賑やかだった。

「うわあっ!綺麗・・・こんなに咲いてるの初めて見た!花沢類、すごいねぇ!」
「・・・うん、ほんと。すごい人だよね」

「人じゃなくて花だよ!」
「花?あぁ、咲いてるね」



*****************



チューリップが咲き乱れる中を軽快に歩く牧野は少し大人びていた。

学生の時とは違う化粧にさりげなく香るフレグランス・・・なんの香りだろう、それが俺をすごくドキドキさせる。
あんたはそんなこと知らないから無邪気な笑顔を俺に向けて花畑の中を踊るように進んでく・・・それ以上綺麗になったら俺が焦っちゃうよって、そんな言葉が出てしまいそう。

黒髪が揺れる度に輝くピアス・・・新しく増えたあんたのアクセサリーが他の男を刺激しないか心配だよ。


そう思った瞬間、振り向いてニコッと笑う。
ホント・・・可愛くて堪んない。


「牧野、写真撮ってもらおうよ」

「・・・ホント?」
「なんでホント?ダメだった?」

「違うよ、花沢類がいつも写真を嫌がるからだよ。あっ、気が変わる前に撮ってもらわなきゃ!・・・すみませーん!」


そう言えば撮らなかったっけ?
でもそれは無愛想な自分の顔が好きじゃないからだよ。

あんたの眩しい笑顔の横じゃ気恥ずかしくて撮れなかったんだよ・・・。


そこら辺を歩いていた人を掴まえてチューリップ畑を背景に数枚撮ってもらった。それを牧野のスマホにすぐに送って同じ画像を表示させて「珍しく写真うつり、良くない?」って喜んでた。

「後ろのチューリップのおかげだね!うん、いい写真!」
「もう少し寄れば良かったね」

「・・・え?そ、そうかな。充分近いよ?」


いつか撮りたいね・・・ほっぺたがくっつくほど近寄った写真。そう言ったらどんな顔になるんだろう。
会社の男となんて話さないでって独占欲の塊みたいな言葉、呑み込んだのを知らないでしょ?


夕方まで長岡で遊んでまた同じ道を帰っていく。
でも随分手前で高速を降りて一般道を走りながら・・・今日ものんびり遠回り。






『類、どういうつもりなの?何処にいるの?』

母さんからのメール・・・花沢の家では今日も婚約者という女性が来る予定だった。
その家が外国に行ったから土産を持参するという名目の顔合わせ・・・2回目のすっぽかしに怒って帰ったらしいけど。

両親は呆れてるようだけど、さっきの写真をメッセージで送った。


『彼女と幸せな時間を過ごしています。これが俺の望む未来です』





14970950550.jpeg
関連記事
Posted by

Comments 14

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 11:23 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 12:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 12:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 13:58 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 15:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: 地獄の遠回り?

ただの通り様 こんにちは。

ご指摘、どうもありがとうございます。
すべて調べた上での「遠回り」のつもりでしたが、なんせ地方の田舎者です。
そんな馬鹿な、と思われたのでしょうね。

今後、このような旅行ものには気をつけますのでご容赦くださいませ。

2018/11/12 (Mon) 15:44 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さゆ様、こんにちは~♥

また泣いちゃった💦ごめんなさいね!

えっと・・・切なかったですか?おかしいなぁ(笑)
ほら、私は途中が切なくてもハピエンの女ですよ?ふふふ、大丈夫ですって!


元気出してくださいね♥

2018/11/12 (Mon) 15:46 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 16:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ただの通り***様、再度ご丁寧にありがとうございます。

他にも思っていらっしゃる方がいるでしょうから次話にご説明を入れさせていただきます。
大変申し訳ありませんでした。

2018/11/12 (Mon) 16:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ルチノー様 こんにちは。

あはは・・・タライの水(笑)冷たそうですね💦

総ちゃんのネックレス、借りちゃうの?
あはは!それは総ちゃんが怒りそうですけど?


うんうん、何も来てないですよ♥
全然問題ないです!

それよりも家では大丈夫ですか?そっちが心配です・・・(笑)

2018/11/12 (Mon) 16:12 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

うふふ、つくしちゃん可愛いでしょ?
類君も必死に闘っております・・・と、言いたいのですが逆にドライブできて嬉しいのかも?(笑)

こういうシーンを書くと、むかーしを思い出しますね(笑)
何着ていくか悩んだなぁって。

自分が運転するようになってからはお迎えのワクワクがなくなったなぁ・・・。


ふふふ、次はどこでしょうね?

2018/11/12 (Mon) 16:20 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

わんこ様、こんにちは。

え?心配ですか?(笑)
おかしいなぁ・・・あはは!短編ですもの、そんなに事件は起こしませんよ?

こちらの類両親は殆ど出てきませんので、二人のラブラブデートをほんの少しキュン!としながら読んでいただくと嬉しいかな?

さて今度はどこへ・・・ふふふ、お楽しみに♥

2018/11/12 (Mon) 16:34 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 22:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんにちは!

あら♥そうなんですねぇ!ふふふ、思い出しましたか?
いいなぁ・・・私は名古屋から北は東京に2回行っただけ・・・東北は1度もないし、日本海側は富山県から上には行ったことがありません。
北海道はスキーに行ったことがあるだけ。

外国はいいから日本の素敵なところに行きたいです♥
九州なら殆ど制覇してるんですけどね(笑)


はい!まだまだつくしちゃんは可哀想な状態ですが、最後には・・・♥
応援してやってくださいね!

2018/11/13 (Tue) 14:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply