FC2ブログ

plumeria

plumeria

自分の部屋に戻ってからどうしても気になるからパジャマに着替えた。
そしてまだ朝まで寝たことのないベッドに潜り込んだけど、やっぱり何故か寒い気がしてすぐには寝られなかった。

今日も何処かから聞こえる小さな音が気になる・・・目だけがギンギンに冴えてて、お風呂に入ったばかりなのに指先がもう冷えてる。


お父様、お母様はどうしてるだろう。
進はちゃんと仕事してるかしら。お爺様の身体は誰が拭いてるんだろう。・・・の人のこと、怒らなきゃいいけどなぁ。

最初に助けてくれた川本のお爺ちゃん・・・まだ公園にいるのかしら。
ちゃんとしたお仕事見つけられないのかなぁ。もっと寒くなっても段ボールの中で寝られるのかしら。

桃太郎と菊次郎・・・夜は吠えないのかな。犬舎が別々だけど一緒にしたら喧嘩するのかしら。
明日は何して過ごそうかな。


でも、こんな事いつまでも続けてたら私の恋・・・いつまで経っても探せないよね?



頭までお布団を被ったのに眠くならない。
諦めてベッドから降りて机に向かい、パソコンを開いた。

「3日間見なかったけどどうなってるんだろ・・・えっと、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が出しているデータは・・・」


ここで私が見たのはお爺様に言われて毎日チェックしていた為替先物の出来高についての資料。
世界最大の先物取引所である、シカゴ・マーカンタイル取引所が出している数字は国内取引のものとはデータ量のケタが違う。それに毎日更新されてるからタイムリーに確認出来る。

「あっ、これいいかも・・・今が”買い”じゃないかしら。それに・・・あら?前に買ったものは落ち始めたわね・・・早いうちに”売り”に出さないと大損しちゃう。お爺様、その辺り確認してるかしら」

いつもこうやって外国の通貨を見続けていたから癖になってる。今までこれが普通だったから、良いものやヤバいものがあれば声に出して喋っていることに気がつかなかった。


「うわっ・・・ここはダメだわ!この国の通貨を持ち続けても資産が減っちゃう・・・今のうちに諦めなきゃ!」


そうは言ってもここにお爺様はいない。
知らせたくても知らせることは出来ない・・・また会社の「お問い合わせ」から連絡する?って思ったけど、内容が内容だからやめておいた。
誰が見るのかわからないし、家出中の私なのにそんな指示をしても責任取れないし。


そのあとは全然わかんなけど適当に動画見たり東京の観光案内見たりして時間を潰した。
それでも眠くならない。昨日みたいに温かいココアが飲みたいなぁって思うけどキッチン・・・隣の部屋だし。


類、ホントに寝たのかなぁ・・・。
寝ちゃったのなら勝手に入っちゃいけないよね。鍵がついてないから入れるんだけど・・・そこはやっぱりダメだよね。


ドアまで行ってそっと耳を当ててみたけど何も・・・聞こえない。
いや、あの類の鼾が聞こえたら嫌だから何も聞こえなくていいんだけどさ。

あのまま本当に寝たのかな。
25歳の男性ってこんなに早くに寝るのかしら。だって今、11時半だよ?
さっき類の部屋を出たのは10時45分ぐらい・・・早過ぎない?


「私を寝かせるために寝たフリしたんじゃないの?今頃起きてお酒飲んでるとか、もしかしたら音量すっごく下げてお笑い番組見てるとか!それで笑いたいのを必死に堪えてるんじゃないの?あっ・・・ヤバ・・・」

つい独り言を言ってしまったから慌てて口を押さえた。
そしてこのドアを開けようかどうしようか悩んで・・・取っ手に手をかけてゆっくり降ろそうとした瞬間、バッ!とドアが開いて私はボスッ!と何かにぶつかった!


「うわあぁっ!いったぁっ・・・!」


あれ、でもこの香り・・・何処かで?



******************



ベッドに入ってもう半分以上意識がなかったのに何処かから何かが聞こえてくる。お経みたいな、呻き声みたいな・・・何かの数字を読み上げてるような?
それが耳に付いて気になって、ガバッとベッドから身体を起こした。

なに・・・何の声?


耳を澄ませたらそれは隣の部屋から聞こえてくるみたいな気がして、ドアの方に目をやった。


「ダメじゃん!この国の通過下がりまくり・・・いや、待って、そうじゃないわね。もう少し前はどうなってるのかしら・・・」


確かに牧野の独り言みたい。こんな時間に何をしてんの?
テレビ・・・いや、もしかしたらパソコンでゲームとか・・・まさかのゲーマー?

音を立てないようにドアまで行き、耳をくっつけて中の声を聞いてみた。でももうなにも聞こえない・・・・・・寝たのかな?
それなら俺も寝ようと思ってドアから離れたら、急にまた声が聞こえた。今度は少し大きな声。


「私を寝かせるために寝たフリしたんじゃないの?今頃起きてお酒飲んでるとか、もしかしたら音量すっごく下げてお笑い番組見てるとか!それで笑いたいのを必死に堪えてるんじゃないの?あっ・・・ヤバ・・・


・・・酒なんて飲んでないし、今日はお笑い番組なんてやってないし。
自分の方が寝られなくて困ってるんじゃんって思ってドアを勢いよく手前に引いたら、「うわああっ!!」って叫び声と共に牧野が飛び込んで来た!

「・・・いったぁ・・・!」

「なにやってんの?寝られなかったの?」


俺の胸にぶつかって、そこで自分のおでこを摩りながら泣きそうな顔してる。
あんまり勢いよく飛び出してきたから思わず両手で抱き留めて、俺の手は牧野の背中に回っていた。

そして牧野の左手が俺のバスローブの襟をギュッと掴んでて、その黒髪からふわっと俺と同じシャンプーの香りがした。


「・・・きゃああぁーっ!ごっ、ごめんなさいっ!」
「声が大きいって。それはいいけどどうしたの?今、ドアのとこまで来てたでしょ?声が聞こえたから」

「あっ・・・やっぱり聞こえちゃった?あはは!あのね、寝られないからホットココア、飲もうかなって」
「あぁ、そういうこと?気にせずに入れば良かったのに。俺が爆睡してても勝手にキッチン使えばいいよ」


手を離すと牧野も慌てて俺から離れて、真っ赤な顔してパタパタとキッチンに向かった。
「火傷、注意してね」って言うと少し拗ねたような顔・・・クスッと笑うとプイッ!と俺に背中を向けてココアを入れていた。


途中で起きたからなのか、今度は俺の目が冴えた。
さっきの牧野の言葉じゃないけど一杯だけ久しぶりに飲もうかな、なんて思って滅多に飲まない酒を出した。


「あれ?類・・・今からお酒飲むの?」
「誰かさんが想像してたから。テレビはもう見ないけど酒なら飲んでもいいかなって思ってね」

「・・・それも聞こえてたんだ?あは・・・ごめんね」
「いいよ。ここで飲む?向こうの部屋でもいいけど」


ココアのカップが熱いからパジャマの袖で覆うように持ってるから危なっかしい。「取り敢えず座りな」って言うとラグの上にペタンと座った。
そしてふぅふぅ冷ましながらココアを口に運んで「美味しい・・・」ってニッコリ。


ホントによく表情が変わる。
女の子ってみんなこうだったっけ?

静はそんなことはなかった・・・いつも女神のような穏やかな微笑みを浮かべてた。子供の時からずっと同じ・・・いつ見ても俺の事を少し見下すような微笑みを見せていた。
俺はそれに逆らえなかった。彼女の言うとおりに動いてた・・・ような気がする。


「あー!美味しかった!これで身体が温まったから寝られるかな?類、起こしてごめんね」
「・・・ううん、いつもは俺もこんな時間に寝ないから。まだ12時?」

「ふふふ、そうだよ。類って早寝なんだなーって思ってた。それじゃあ今度こそおやすみ!」


「・・・牧野、そっちで寝るの?」
「・・・え?」

ココアのカップを片付けて戻ろうとした牧野にそんな言葉を出してしまった。
如何にも帰るなって言ってるみたいな・・・自分でも何で引き止めるようなことを言ったのかはわからないけど、牧野はその言葉で立ち止まった。


「いや、もし・・・まだ不安ならこっちでもいいよってこと」
「・・・・・・」

「いや、無理にじゃないから・・・どうする?」


牧野がチラッとベッドを見た。だから・・・つい、言ってしまったんだ。


「おいで、牧野。でも、今日は抱き枕にしないでよ?2日連続の寝不足は嫌だから」
「・・・・・・うん!」




soap-bubble-1910475__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/22 (Thu) 07:27 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/22 (Thu) 08:28 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/22 (Thu) 10:32 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 こんにちは。

えっ!まだ3回目ですよ?(笑)
しかも告白していません・・・それはないと思いますが(笑)

25年間、類君にはそういう人がいないのでいきなりは・・・。
ふふふ、ビオラ様、焦ってはいけませんよ~♥

類君もつくしちゃんも意識し始めた感じじゃないですかね?
興味津々であることは間違いないですね!


もうしばらく待ってやってくださいませ。

2018/11/22 (Thu) 16:37 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さゆ様 こんにちは!

あっはは!されたいんですか?
ホントに隣に寝たら・・・呼吸できないことないですか?

うんうん、緊張しますよね!寝返りも出来ないかも・・・逆に筋肉痛になりそうですねっ♥
こんな風に焦らしてたら読者様に怒られそう・・・ははは!

でも、まだ告ってないですから。
今はまだ「嘘の恋人」ですからね?もう少し待っててくださいね!

2018/11/22 (Thu) 16:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

かおりもち様 こんにちは。

そうそう♥だんだん近づいてるんですよね!
つくしちゃんは感情豊かですが、類君の心情変化にご注目です。

お笑い番組だけでしか笑わなかった類君・・・普段の生活の中で微笑みが増えてきます♥


焦ったり怒ったりしながら自分の気持ちに気が付くかな?
それとも焦らせる状況が生まれるかも?

どちらにしてものんびり進むお話ですので、どうぞゆったりとお付き合いくださいませ。



2018/11/22 (Thu) 16:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply