FC2ブログ

plumeria

plumeria

突然の牧野からのお願い・・・牧野がそんな事を言うなんてすごく新鮮だった。
いつも赤い顔してキスされてるくせに・・・今はそんなに大人の顔してるなんて。

右手で牧野の頭を抱き寄せて、願いどおりキスをした。
でも、今は牧野のお願いだからね?すぐになんて止めてあげない。
何度も何度も、深いキスを繰り返す・・・息が出来ないほどの深いキスをしてあげる。


「・・・いきなりなんだね、嬉しいけど、俺は」

そう言うと、自分で言ったくせに恥ずかしかったのか俺の病衣に顔をうずめている牧野。
もう一度、その顔を俺に向けさせて最後に軽めのキスをした。
牧野の左手と俺の右手が重なって、その指を固く結び合う・・・もう随分力が入るようになったね。


「類・・・病院を出たら、類の所に行くよ」

「そう言うと思った。牧野の言ってた次の機会って・・・退院してからだね?」

「え?・・・あっ・・・そうだったね」

そう言ってまた牧野を抱き締める。ここが病院じゃなかったいいのにね・・・。
でも、ひとつだけ報告していないことがあった。


「牧野に言っとかないといけないことがあるんだ。助けに行くために準備していたときに司と話したよ」

「道明寺と?なんて?何か言ってた?」

「牧野の事、まだ婚約者だって言ってた・・・あんたは自分のものだってさ」

さっきまでの顔から一気に険しい表情に変わる。
そうだろうね・・・あんなに辛い思いまでしてアメリカで耐えてきたんだから・・・牧野にしてみたら今更だよね。

「多分今回の件が片付いたら、また牧野を迎えに来るんだと思う。司は絶対にあんたを俺には渡さないって、
電話の向こうでそんな事言ってたよ」

「そんな・・・私に気持ちなんてどうでもいいの?類は・・・なんて答えたの?」

「なにも?渡さないって言われても、もう牧野の気持ちは聞いてるからね。後は戦うだけなんじゃない?
司の所になんか戻さないよ。絶対にね」

そう言っても司の性格を知ってるから思いっきり不安そうな顔を見せる。

「もし、俺が牧野を渡さないことで花沢に攻撃してくるとでも思ってるの?」
「うん・・・それが心配」

「その時になってみないとわからないけど・・・これでも幼馴染みだからね。そこまではないと思うよ?
縁は切れるかもしれないけど。それで花沢になにか影響があるとしてもかまわないよ。道明寺以外の
取引先なんていくらでもあるんだし。牧野が心配することじゃない。そうなったらその先は俺の仕事だから・・・」

「でも、こんな事で迷惑をかけるなんて!」
「牧野の事で迷惑なことなんてひとつもないからいいんだって!」

不安にならないでって気持ちで牧野の身体を自分の方に向けたとき、勢い余って強く引きすぎて・・・

ガシャーン!!って大きな音をたてて何かが倒れた!!それは、点滴のスタンド?!

「きゃああっ!類!点滴っ・・・点滴が外れたぁっ!」
「え?マジで?ちょっと待って!!ナースコールするから!」

牧野の腕に針だけ刺さった点滴・・・あたりに零れていく点滴の薬液を見ながら2人で何故か大笑いをする。

「こんなのどうやったら外れるの?絶対に怒られるよ!類のせいだからね!」
「だって・・・あんたのこと抱き締めたかったから仕方ないじゃん!」


******


昨日、散々嫌みを言った看護師長がもの凄い顔して目の前に立っている。

「ですから、申し上げましたよね?お若い男女が同室って言うのは困るんですよ。ここは病院ですからね!
花沢様がどうしてもとおっしゃるからお許ししたんですよ?どうします?牧野さんを一般病棟にしますか?!」

「いえ・・・気をつけますからこのままで・・・」

「花沢様は10針以上縫われたんですよね?それも、ついさっきですよ?傷口が開いたらどうするんですか?医師には
ご実家への報告を拒否されたそうですね?今度したら即報告しますよ?!」

なんて怖い看護師長だろ・・・。
仕方がないから自分のベッドに移動して、牧野は今晩だけは点滴が必要らしくもう一回つけ直された。
部屋を出て行くときも再度忠告をされて、師長が出て行った後は2人で顔を合わせてまた笑った。


すぐにまた牧野の方へ戻って、今度は点滴に注意しながらもう一度抱き締めた。

「さっきの話・・・まだ心配?」

「ううん。大丈夫だよ。もう過去には戻らないんだから。類が心配ないって言うなら信じるよ」

「じゃ、牧野のこれからの時間はずっと俺と一緒だね」


今日はこのくらいにしてもう身体を休めないとってことになって、牧野は俺に自分のベッドに戻るように言ったけど
今日だけはこのままでいたくて・・・


「怒られちゃうよ?」
「大丈夫だよ・・・点滴さえ倒さなければ・・・」

突然襲ってきた睡魔に勝てなくて・・・
牧野の横で抱き合って眠ってしまった。

IMG_2863-2_s.jpg

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/04 (Thu) 00:19 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、おはようございます!

あー!やっちゃいましたか・・・。
専務がでた?そんな気なかったんですけどねー!

気をつけてるんですがやっぱり出たかぁ・・・!
強烈ですからねぇ・・・わたしの専務のキャラ崩壊は・・・。
今後は気をつけよう!

そのシーンって、結構困るんですよ。
どうしたら伝わるかを1人で部屋で手を動かしながら
・・・変態みたいになってます。

今度そのシーンが来たら、plumeriaが1人で動いてるとこ
想像して下さいね!!

今日もありがとうございました!

2017/05/04 (Thu) 08:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply