FC2ブログ

plumeria

plumeria

流石にこの家での夜も数日過ぎると慣れてきたのか、今日は先にバスルームを使いたいって言うから「どうぞ」って言うと喜んで内側のドアから自分の部屋に向かい、着替え持って急いでバスルームへ駆け込んだ。

20分ほどで出てきてほんのりとピンク色になった牧野は「お先に~」って言いながら自分の部屋にまた戻っていく。
今日のパジャマはスカイブルーのチェック柄。だけど胸のところに母さん好みのフリルが付けられてて人形みたいに可愛らしかった。



女性の使った後のバスルームなんて初めて。
いつもなんの香りもしないはずなのに、牧野が使ったボディソープの香りと立ち籠めた湯気・・・どんな風にこのバスタブに浸かってるんだろう・・・バスソルトは使うのかな・・・

「あれ?なんでこんなに考えてんだろ・・・」


1人しかいないのに振り向いたりして・・・誰もここに入ってくるわけないのに。
「変なの・・・」を繰り返してシャワーを済ませ、さっさとリビングに戻った。

テレビを観る気にもならないし、今すぐ寝る気にもならない・・・今日は色んなことがあって少し頭が重かった。
だからウイスキーのボトルを出した。ジョニーウォーカーのブルーラベル ・・・こいつをストレートで一杯だけ。



ソファーに座って昼間のあきらの言葉を思い出してた。

静のこと・・・年下の男に振られたって?少し俺に似た男・・・そんなのどうでもいいんだけど。


子供の時、仕事で両親がカナダに行く事になって俺にもついてくるようにって話だった。
それを静に話したら、その期間中に自分の誕生日があるから行っちゃダメだって言われて泣かれたよね。だから仕方なく1人で日本に残っていたら藤堂家はフランスで静の誕生日祝いをしたよ。
俺には何も言わずに、気がついたら旅立ってた。

小学部の時は何かの行事の度に俺を連れ回して、ほんの少し俺が失敗したら「私がいないとダメね」って繰り返したよね。

それなのに静が中等部に上がったら小学部の俺とは全然会おうとしないでさ・・・また中等部で一緒になったら教室にまで来たよね。「私の類」って・・・よくそう言ってたよ。


高等部に入ったらもう大人の世界。
静の身長だってとっくに抜いた俺の腕に絡みついてたよね・・・誰かと別れたって噂のあとには必ずと言っていいほどに。

総二郎にもそんな事してた。あきらとも一緒に歩いた・・・でも、俺には特に寄ってきたよね。
何かのパーティーのエスコート役にはいつも俺を引っ張り出してさ。

花沢家と藤堂家はそのうち姻戚関係になるんだって噂もずっとあったよ。両親もそんな風に考えたこともあったかも・・・聞かれたことはなかったけど。


『誰と別れたとしても私には類が残るからいいの』・・・静、今でもそんなこと思ってるの?


もう俺は子供じゃないし、あなたの弟でも恋人の身代わりでもないよ。
帰国して会うのはいいけど、そんなことを言い出したら俺・・・今度こそはっきり言うかもしれないよ。


俺の中に静が恋人としていたことは1度もないよ・・・って。


何をして病院に運ばれたの?まさかそこまで自分を追い詰めてないよね?
そうやって相手の男を引き止めようとしたとか言わないでよ・・・恋はしなかったけど静のことを嫌いにはなりたくないから。


最後の一口を喉に流し込んだら隣に行けるドアに目が行った。
今日はもう開かないのかな・・・このドア。

本当に何気なくそこに近づいて、小さくノックをしてみた。でも、なんにも返事がなかった。
酒が入っていたからかな・・・返事もされてないのにそのドアを開けて牧野の部屋を覗いてしまった。


もう電気が消されてる。
もしかして今日はこのベッドで寝られたんだろうか・・・。

自分でも信じられなかったけど彼女のベッドに近づいて、その寝顔を見下ろしていた。


よく・・・寝てる。
小さな寝息が聞こえて頬も赤く染めて、24歳だなんて思えないようなあどけない牧野の寝顔。


「くすっ・・・おやすみ。いい夢が見られたらいいね・・・」


自分の部屋に戻ろうとしたらドアの張り紙を読んでしまった。
書いててもノックしないんじゃ無意味じゃないの?って噴き出しそうになるのを堪えて自分のベッドに戻った。



**************



初めて自分の部屋のベッドで寝て、宮崎の山の中で暮らしてる夢を見た。
それは瀧野瀬のお屋敷じゃなくて、私の好きな湖の畔に喫茶店をオープンさせた夢。

私が店長で従業員が1人いて、その彼が言うの。

『ねぇ、こんな所に店を出しても誰も来ないんじゃないの?あんた、計画性がないんじゃない?』
『店長にあんたはないでしょうよ!雇われてるんだから文句言わないでよね!類』

『・・・シャボン玉作ってくる』

類が作ったシャボン玉が空に浮かんで、沢山浮かんで・・・フワフワ、フワフワ・・・フワ・・・



「・・・・・・あれ?朝?」

ピンク色のカーテンの隙間から朝日が見える。
ここは・・・?って振り向いたけど誰もいなくて、乙女チックなベッドの上に1人で布団を被って丸まってた。


あぁ・・・そうか!ここは私の部屋だ。類のベッドで寝なかったんだっけ?

「今・・・何時?・・・・・・うわあぁぁっ!!」


もう7時半!?とっくにダイニングでご飯食べてる時間じゃないの!
急いでベッドから飛び降りて張り紙も無視してパジャマ姿でバンッ!とドアを開けたら、既に着替えを済ませてる類がソファーに座ってスマホを弄くってた。

「あれ?!なんで類がまだここにいるの?もう食べちゃったの?」
「そんなわけないでしょ。牧野を待ってたんだよ。あと10分待っても出てこなかったら1人で行こうと思ってたけど」

「うわぁっ!そうなの?ちょっと待ってて、すぐに着替えてくるから!」
「はいはい」


急がないと類が朝ご飯をきちんと食べられない!お母様に頼まれてるんだから絶対に半分は口に入れてもらわなきゃ!
そんなことをブツブツ言いながら適当に1番手前にある服を着て髪も超適当にブラシかけて類の部屋に飛び込んだ。

はぁはぁ言いながら「行くわよ!」って言うと「寝坊は牧野でしょ?」ってクスクス笑ってる。


彼の部屋を出てからやっと自分の姿を窓ガラスに映して見たら・・・何だか凄く変な組み合わせ?
「セーターが後ろ前なんだよ」って今度は口を押さえて笑うから、悲鳴を上げながら壁の出っ張りに隠れてセーターを直した。

「なんでもう少し早く教えてくれないの?部屋で出来たのに!」
「だって俺も今気がついたんだもん。あんまりその歳で前と後ろなんて間違えないでしょ?」

「ベッドが温かくて寝坊しちゃったんだもん!慌てるといつもこうなのよね~!」


私がそれを言葉にした時に類が急に後ろを振り向いた。


そこにはまたお手伝いさんがいて、今度は凄く驚いた顔をした。
何故なら類の顔が怖かったから・・・彼女はその場で立ち竦んでいた。


「あんた、毎日俺達がここを歩くときに後ろにいるんだね。そうしろって誰かに言われてるの?あんた、新人・・・だよね?」

「あっ・・・あの、わた、私は・・・」


「俺達の会話でも聞いてこいって言われてるの?それならあんたに命令したヤツに伝えておいて。2度と昨日みたいな真似はするなって・・・次にしたら俺が許さないよ」

「は・・・はいっ!!」

「返事をしたってことは今の話は認めるんだ?まぁ、いいや・・・昨日のことは忘れてやるよ。何事もなかったからね。今度やったら屋敷からは出て行ってもらう。俺のすることに文句があるなら今日にでもここを出て行くように言っといて」


お手伝いさんはガタガタ震えてその場に踞り、私がその人に近づこうとしたら類に止められて、引っ張られるようにダイニングに連れて行かれた。
あの可愛らしいお手伝いさんが、意地悪をした人達の仲間?


「朝の会話が筒抜けならそれしか考えられないでしょ?」
「そうかもだけど」

「お人好しなんだね、牧野。でも、あの新人だってこうでもしないとずっと嫌な役目をさせられるでしょ?次に何かあったら隠さずに教えてくれる?自分が居候だなんて思わずに・・・いいね?」

「・・・うん、わかった」


私はあんまりこのお屋敷にいちゃいけないのかも・・・振り向いたらもうお手伝いさんはいなかった。




soap-bubble-1975551__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/27 (Tue) 06:21 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 おはようございます。

つくしちゃんの喫茶店は普通に寝たときに見た夢です。
将来の夢って訳じゃなく、食堂で働きたいと言ったのでそんな夢を見たんでしょうね♥

あはは!激辛スパイスには間違いないでしょうね!
でも、そんなに長いこと書きたくないので(笑)早めに終わらせたいですが。


きっと寂しかったと思います♥
ふふふ、恋に気が付くのも遅い2人なんでしょうね!

2018/11/27 (Tue) 08:23 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/27 (Tue) 10:48 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: No title

わんこ様、こんにちは。

いつまで、と言われればいつまででしょうかねぇ?
ただし、つくしちゃんが花沢に来てまだ4~5日です。
お話が長くなってるだけで実際の日にちはそんなに経ってないんですよね。

1番初めの設定がややこしいのでわかりにくい部分があるんだと思います。
大変申し訳ありません。

つくしちゃんは実家から逃げたので連絡はしませんけどね(笑)

これから動くと思いますが、わんこ様のご希望通りにスピードアップされるかはわかりません。

・・・わかりにくいんですかね?本当にごめんなさい。



2018/11/27 (Tue) 15:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply