FC2ブログ

plumeria

plumeria

「やっぱりここが類の会社だったんだね。あの時の駐車場でしょう?」
「うん、そう言えばここには来たっけ」

「あの時、類の車に乗ったら変な場所に連れて行かれるんじゃないかって心配したもん」

「・・・俺、助けたよね?」


そこは見覚えのある地下駐車場。
今日もパリッとした制服の警備員さんが立ってて、類の車に向かって深々とお辞儀をしてた。

あの時と同じく他の駐車スペースに比べると広めの場所に車を停めて、直接ロビーに入れる通路から社内に入っていく。


「うわ・・・すごい。これ、普通の会社の入り口なの?外国の高級ホテルみたい・・・」
「一応うちの日本本社だからね。フランスにはヨーロッパを統括する本部があって父さん達は年に数回はそっちに行ってるよ」

「フランスにも本部があるの?こんな感じ?」
「うーん、もう少しギラギラした感じ?ここはさっぱりしてるでしょ?」

「さっぱり・・・?」


天井まですっごい高さがあるロビーは白い大理石で囲まれてるし、正面には黒いデスクにお洒落な帽子被った美人が2人。その左右には格好いい警備員が仁王立ちしていた。
入って正面に見えるゴールドの文字「HANAZAWA」に似合う華やかな制服の美人2人は、類を見たらスッと立ち上がって美しく一礼・・・艶々した髪が揺れて私まで見惚れちゃった。


「専務、おはようございます」
「・・・おはよ」

「おはようございます、専務。お届け物がございましたので執務室にお届けしておりますわ」
「そう、ありがと」

「・・・・・・」


うわっ、類が急に「専務さん」に見えてきた!

この人達は知らないのよね・・・朝起きた時のボサボサの類のこと。
たまに後ろの髪に寝癖がついてるの、もしかして私だけが知ってたりして!クスッと笑うとそのお姉さんにすごい目で睨まれた。私が「おはようございます・・・」って言っても返事はないのね・・・ちょっと怖いかも。


天井の照明は近代的な間接照明で窓はすべてマジックミラーガラス・・・エコ対策にも力を入れてるのね。さりげなくグリーンカーテンが作られてて爽やかな演出もされてるし。

ロビーの隅には簡単な応接スペースが幾つもあって、その椅子もグレーとベージュの革張り。まだ始業時間じゃないのにそこには人が沢山いて打ち合わせみたいな事してるし、スーツ姿の外人も何人かいるみたい。

これが花沢物産かぁ・・・って、口を開けたままキョロキョロ見回して類の後ろを歩いていた。


「なに・・・あの子」
「なんで専務と一緒に出勤してんの?」

何処かからそんな声が聞こえて横を見たら、スーツ姿の女性や制服姿の女性が沢山!
いつの間にこんなに人が集まってたの?って驚いてたら、類が急に足を止めて、私はその背中に体当たりした!

「いたっ!ちょっと類・・・なんで急に止まったの?」
「あぁ、ごめん。おでこ大丈夫?」

「・・・大丈夫」

嘘でもいいから鼻だとは聞かないの?・・・悪かったわね、おでこの方が高くてっ!

ひょいっと類の背中から顔を出すと、剽軽な顔をした男性が目の前に立っていた。
黒縁眼鏡で如何にも堅物そう・・・私を見ると急に眉を歪めて、眼鏡の縁をグイッと持って何かを確かめるように見つめられた。

もしかしてキュイジーヌの人かしら?挨拶、した方がいいよね?


「おはようございます。牧野と申します・・・あの」
「専務、この方はどなたですか?本日のご予定にこのようなことはございませんでしたが?」

「このようなって?」
「だってこの子は高校生でしょ?本日職場見学なんて予定はありませんし、花沢は大卒しか採用しませんよ?勝手な事をされてはスケジュールが狂うじゃありませんか!」


・・・高校生?職場見学・・・嘘でしょ!
私の何処を見たら高校生なの?お化粧してスーツ着てるのに!


「この人は牧野つくし。今日から1人、社員食堂に入れるって言ったでしょ?この人だよ」
「えぇっ!この方が専務の彼女ですかっ!」

「えぇ~~~っ!!」
「いやあぁあーーっ!!」
「うっそぉーっ!!」



な、なんなの?!なんでこんなに女子社員に囲まれてんのっ?!


**


「・・・大変申し訳ございませんでした。わたくし、花沢類専務の秘書をしております藤本と申します。専務が女性とお付き合いを始められたとはお聞きしておりましたが、まさかこのように可愛らしい方とは思わずに失礼を致しました」

「はぁ、いえ・・・もういいですから」

あのあと刃物で刺されたかってぐらい痛い視線を浴びて、類に引っ張られて専務室に。
あのままキュイジーヌの事務所に向かっても良かったけど、安全確保と言う事でキュイジーヌの人事担当者が類の部屋に来てくれることになったから。

そして目の前では藤本さんって言う人が何度も頭を下げてくれてる。
女性秘書じゃなかったんだって・・・私はそっちの方で何故かホッとしてたけど、類はご機嫌を悪くして自分の椅子に座っていた。


「ホントに驚くよね。あれだけ毎朝女子社員を遠ざけるために出迎えに来てたくせに、それを煽るような言葉を叫ぶなんて」
「・・・申し訳ございません」

「これで牧野がみんなから睨まれたらどうするの?中には過激な連中も居るんだからね?」
「・・・私が身代わりになりますので」

「別にいいよ。毎朝俺が社員食堂まで送り届けるから藤本は迎えに来なくていいから」
「それが目的ですか?」

仲がいいのか、悪いのか・・・よくわからないけど、しばらくしたら専務室にキュイジーヌの笹本さんと言う人がやってきた。

30歳ぐらいのわりと格好いい人。
類みたいに背が高くてちょっとがっしりしてて逞しい感じ。ニコッと笑った顔が爽やかで、急に顔が熱くなった!


「お待たせしました。それでは花沢専務、こちらのお部屋をお借りして牧野さんにお仕事の説明をしても宜しいですか?」
「・・・どうぞ」

「恐れ入ります。もう食堂は戦場のようになってますからここの方が落ち着いて話せますからね」
「・・・そう」



**************



キュイジーヌの総務担当者、笹本洋一郎。
いきなり爽やか路線の男がやって来たかと思うと、俺のデスク前のソファーに座って牧野に入社の説明を始めた。

「これが終業規則でこちらが労働契約書です。お給料の計算書がこちらで振り込みは毎月・・・」


・・・近過ぎじゃない?

そんなに近寄らなきゃ話が出来ないの?もう少し離れても声は聞こえると思うんだけど。
あっ・・・笹本の手が牧野の手に!記入箇所なんて指で指さなくてもわかるんじゃないの?子供じゃないんだから・・・!

「ここなんですけど、どういう意味ですか?」
「あぁ、これはお昼休憩のことです。社員さんのお昼時間に私たちは休憩できないので前後にずらすんですけどね・・・」

「スタッフナンバー・・・私は330なんですね?」
「はい、色んな機械の処理をする時に名前ではなくスタッフ番号が記録されます」


330・・・いい番号じゃん。

いや、そんなことより2人の距離が近過ぎて気になる・・・目の前のノートパソコンを見てるフリして牧野達を見ていたら、真横から藤本が声をかけてきた。


「専務、申し訳ないのですが急ぎの書類がこちらで・・・」
「・・・藤本も近寄りすぎだよ。もう少し離れてくれる?」

「・・・あそこでお仕事の説明をしてるので邪魔をしてはいけないと思いまして」


邪魔?俺があの2人の邪魔?でも、ここ・・・俺の専務執務室だよね?


「専務、あちらはお仕事の話をしているんです。因みに私も仕事の話です」
「そんなことわかってるよ!」





KOSU21.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/02 (Sun) 06:29 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/02 (Sun) 07:52 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/02 (Sun) 15:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: おはようございます!

えみりん様、こんにちは!

12月になったから表に出てきたんですね?(笑)
ふふふ、ありがとうございます!

藤本(笑)大声出しちゃいましたねぇ。
でも、良かったのは藤本が「社員食堂!」と叫んでないところ?
それを叫んでいたらアウトですね!

さて、類君は様子を見に行くのかしら?行ったら余計混乱しそうですよね💦
次話も類君で笑ってもらえると嬉しいなぁ(総ちゃんが笑えないから)

あっ!イベント始まったーっ!!
是非是非遊びに来てくださいね♥

2018/12/02 (Sun) 18:28 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

そうですね(笑)多分、お互いに気にしてるけど「恋」だって気が付くのは・・・いつでしょうね。
あの方が帰ってきてからかな?(笑)起爆剤ですからね。

毎回焦らしてるようで申し訳ないですが(笑)告白するまでもうしばらく鈍感な2人を楽しんでください💦

ホントにごめんなさいっ!

2018/12/02 (Sun) 18:32 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

miz**様 こんばんは。

あはは!ホントに驚きすぎて叫んだんでしょうね(笑)
彼はこういうキャラなので許してあげてくださいね。

食堂でも色々事件は起きそうだけど、元気よく頑張るんだと思います♥
つくしちゃんですから。

あっはは!どうだろ、そんな人が増えるんですかね?
そりゃ類君、心配しすぎて仕事が出来ないわ💦


恋人まであと何話かなぁ・・・のんびり待っててくださいね~!

2018/12/02 (Sun) 18:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply