FC2ブログ

plumeria

plumeria

「それでは牧野さんを食堂に連れて行きますね。本日はまだ何も出来ないとは思いますが雰囲気を味わってもらうためにランチタイムの受け渡しだけしていただこうと思います。専務、お邪魔致しました」

「類、行ってきまーす!」
「・・・行ってらっしゃい」


何だかいつもと反対で気持ち悪いんだけど。
それに笹本のニヤけた顔がすごく気に入らないんだけど。


「専務、そんな鬼みたいな顔してないで専務にも仕事は沢山ありますからね。まずはこちらの新事業の完成予想の参考映像が届いてますからご覧いただいて所見の記入を。
それが終わりましたらロシア支部の堂本部長が天然ガス採掘に関する新油田の開発でご相談があるそうですからお時間を取ってます。そのあとの昼食は・・・」

「今日も社員食堂に行くから宜しく」
「・・・は?今日もですか?」

「社員証持ってたらいいんでしょ?それまでに探すから」
「探さないといけない方がどうかと思いますけど?」

そのあと参考映像を見て所見に感想を書き込んだつもりが否認理由欄に記入していたらしく藤本からすごい剣幕で怒鳴られた。数千万の利益を水に流す気かと・・・でも、それさえ頭に入らずに訂正は彼に任せて、堂本部長に会いに行くつもりが遠藤課長のところに行ってキョトンとされ、ここでも藤本に後ろ襟を掴まれて専務室に戻された。


「今日は一体どうしたんですか!やる気が長続きしない方ですね、ホントに!」

「藤本、お昼まだ?」
「・・・本気で怒りますよ?専務」


なんでこんなにモヤモヤするんだろ・・・。

牧野は今頃何してるんだろう。
笹本とまだ一緒にいるんだろうか。まさか・・・まだあんなに接近して話し込んでるのかな。

流石に堂本部長とは真剣に話し合いをしたけど、常に時計を確認していたらしく「ご予定でも?」と何度言われたことか。
まさか「食堂に行きたいので」なんて言えるはずもなく、笑って誤魔化したけど藤本の視線が痛かった。


「それでは専務、このデータを基にロシアに行って調査してまいります。いい結果になるといいですな」

「堂本部長を信頼していますよ。社長にも今日の打ち合わせについては報告をしておきますので、是非現地で頑張っていただきたい。吉報を待っています」

そう言いながらまた腕時計を見てしまった。
時間は11時45分・・・もう第1グループの昼休憩が始まってる。


牧野・・・大丈夫かな。



************



笹本さんに連れられて向かったのは役員室フロアの2つ下の階全部を使ってる社員食堂。
そこの広さに驚いて立ち止まっていたら、まだ昼食の時間じゃないからと言われ、すぐ傍のテーブル席に座らされた。

「す・・・凄いですね。こんなに広いと思わなかった!類から聞いてたんですけど、実際見るとホントに広い・・・ここ、お昼になったら席が埋まるんですか?」

「あはは、そうですよ。ここの本社勤務の方が半数くらいは利用されてるかもしれませんし、社外の人も来ますからね。フレンチはシェフをフランスから呼んでますし、和食もコンクールで何度も賞を受けている方が入ってますからね、人気なんですよ」

「はぁ・・・」


入り口には沢山のメニューが掲示されていて、お洒落なボードに今日のおすすめとか日替わりの内容とかが書かれてる。
そしてちょっと覗いてみたら白いコックコートを着た人と淡いオレンジ色のエプロンの人に別れてて、みんな凄く忙しそうに動き回っていた。

この時間には笑顔なんてものはなく、みんな必死・・・だから私の紹介も午後の一段落した時にすると言われて、このあとも説明を聞いていた。

「ここでは大半がこの奥の厨房で作られますが、中には取り寄せて提供だけするものもあります。デザートなどがそうなんですが、花沢の食品関係の子会社で作られて納品されるので調理をしないスタッフはそういうものをケースに並べていきます。
牧野さんも初めはそんなところからスタートしますからね。いきなり厨房には入りませんから」

「はい、わかりました」

「中には自分で持ち込んで飲み物だけっていう人もいますので、そういう人はあちらのカフェスペースに行きます。なのでそこの人達はすべて自分で動くので私たちは何もしません。昼食後の掃除だけします」

「はぁ・・・持ち込みOKなんですね!」

「ははは!花沢物産の方は比較的お小遣いに困っておられませんが、中には奥様の手作り弁当の方もいるし、外でお気に入りのサンドイッチを買ってくる人もいますよ。大抵は各フロアの休憩室を使われますが、ここの方が飲み物が充実してますからね。それにサラダだけ追加って人もいますから」


笹本さんの話では、社員食堂というのはただ食べるだけでなく、社員のコミュニケーションの場として使われることも多いのだそうだ。だから違う課の人がわざわざ約束して打ち合わせを兼ねて食べてることもあるって。
それに違う課の恋人も2人席で仲良く食べたり・・・そんな場面も見るだろうってクスクス笑われた。


「牧野さんは専務の・・・その恋人なんでしょう?」

「えっ!あっ・・・あはは、えっと・・・」

「あぁ、いいんですよ。そう聞いてますし、さっきの専務の怖い顔ったらなかったですよ。あんな風に睨まれると説明しにくくて・・・あっ、内緒ですよ?」


・・・ん?類がそんなに怖い顔してたの?
全然気が付かなかったけど?


花沢には各国からも海外赴任で来ているから色んな国の料理も少しずつ置いているらしい。
フレンチやイタリアンはもちろん、インド料理や中華、パキスタン料理とかロシア料理とか。どれも評判で、社外から来る人はこれが目的っていう人も多いんだって。


「あとは健康診断で栄養指導された人は無条件でここを利用しなくてはいけなくて、それが社内規定にあるので社員証で管理します。それを毎月花沢物産の総務に報告しています。
具合的には塩分が2グラム以下、その人の適正カロリー、脂質コントロール、1日に必要な野菜の半分、食物繊維6グラム以上、飲み物もその人に合わせて決められます。そして肥満の方には発芽米を使用などですね。これは社員証を翳したらわかるようになってるので私たちがご用意するんです」

「・・・そこまでするんですね?大変そう・・・」

「はい、本当に大変なんですよ。朝一番から2時ぐらいまでが忙しくて、そのあとから私達の食事が始まり、5時までに次の日の仕込みです。いいのは残業がないんです。デートにも問題ないですよ?ははは!」

「は?・・・あっはは!それはいいことですね!新しい出会いがあるかも!」


「新しい出会い?」

「あっ、いえ・・・何でもないです。類には言わないでくださいね?えへへ・・・」


ちょっとだけ笹本さんが不思議そうな顔を見せたけど、すぐに知らん顔した。



説明が終わったのが10時半。
社員さん達に簡単に挨拶して、今日は笹本さんに教えてもらいながら定食メニューを選んだ人のための受け渡し場所の担当をする事になった。
順序は至って簡単で、カウンター内のモニターに社員番号と選んだものが表示されるから確認して渡すだけ。

お皿は後ろ側のカウンターに調理師さん達が持って来るから間違えなければそこまで難しくはなさそうだった。

自分たちで選んでお皿に盛っていくビュッフェの方は、大皿の料理が少なくなってないかを時々見に行く。
その2つだけでいいと言われ、笹本さんを社員さんと見立てて何度か練習した。


「それではもうすぐお昼休みの第1グループが来ますから準備しましょうか。牧野さん、ロッカーはこっちです。今日はそのスーツの上からこのエプロンをつけてくださいね」

「はい!頑張ります!」


11時30分になったら社員さん達がゾロゾロとやってきた!
ドキドキドキ・・・これが私の初仕事だわ。間違えないように頑張らなきゃ!


「こんにちは~!」「お疲れ様です~!」「いらっしゃいませ~!」

「ねぇ、もしかしてあの子?」「うそっ・・・でも、あんな感じだったかも」「信じられない!ホントに?」

「なんにしようかな~」「今日は夜が飲みだからなぁ・・・」「カロリー低いのどっち?」


うそっ・・・どれだけ人が来るの?
この広い社員食堂が一杯になるのはあっと言う間で、室内でこんなに沢山の人を1度に見たのは初めて・・・!色んな会話が飛び交う中でご飯と関係ない言葉も聞こえたような気がするけど、それよりも熱気にやられてさっき覚えた事が全部頭から飛んで行った!


「あれ?新しい人?はい、今日は和食定のAね!」
「私は洋食のC。ねぇ、聞いてる?」

「あっ!はい、ごめんなさい!すぐに用意します!」
「牧野さん、落ち着けば大丈夫ですよ。モニターと確認してください」


笹本さんに手伝ってもらってドタバタしながらお皿を揃えていった。
それも何回か繰り返したらコツがわかってきて、笹本さんと交互に社員さんに食事を渡していき、流れもスムーズになった頃、長蛇の列の後ろに類がいるのが見えた!


「あっ、類ーっ!お疲れ様!」
「ま、牧野さん、そのひと言はっ・・・!」

「えっ?ダメでした?」


ハッと周りを見たら・・・それまで凄く騒がしくて動きまくっていた人達がその場で止まっていた。




c8b4ee91c709a7265bb66a54a4d25b4d_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/03 (Mon) 06:44 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

あはは!つくしちゃんは類君の人気ぶりを知らないので仕方ないですよね(笑)
今日一日で知ったんじゃないでしょうか?

類君の心配はそれよりも別のところにあるようですが。

類君の仕事のミスの方が心配です・・・(笑)
無事に一日が終わりますように♥

2018/12/03 (Mon) 18:43 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/08 (Sat) 12:41 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

miz**様 こんばんは!

あはは!そうですね、このコンビは私の中では変わりません。
1番書いてて楽な2人なんです。

この調子でこれからもドタバタすると思います(笑)

笹本さんは・・・さて、どうでしょう?
つくしちゃんに興味あるのかも?(笑)

2018/12/08 (Sat) 19:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply