FC2ブログ

plumeria

plumeria

「いい加減にしなさいよ?ストーカーじゃないの!」

「だってどうしても先輩が忘れられないって言うんですもの。いいじゃないですか、海ぐらい!水着着てるんだし」
「ツクシ、ひと夏の思い出って言うの?俺と作らない?」

「作らないわよっ!何度も言ってるけどピエールに恋はしてないっつーの!」


今は7月・・・西門さんと別れてからもう半年以上が経ってしまった。

そのショックもいまだに消えないってのにこの2人は度々私のバイト先に現れて、これまで何度も連れ回されていい迷惑なんだけど!
初めてお団子屋さんで出会って夜の街にお酒飲みに行ったけど、結局一杯だけ飲んで先に帰って、その日のタイムサービスの食材買い損ねて泣きそうだったんだから!


流石外人だけのことはある・・・囁く言葉が色っぽいし、優しいし、それはいいんだけどとにかく触ろうとするのよ!
これまでに何回引っ叩いたかわかんないのに性懲りもなく・・・!

よくわかんないのはそうやって連れてくるのは桜子のくせに、遊びに行ったら最後には桜子が私達の間に入って止めてることだけど。ピエールを薦めてるんだか遠ざけてるんだか、あんたの行動が1番疑問だわ!


「言っとくけど2人でなんて行かないわよ。行くんなら桜子も一緒よね?」

「私、潮風はあまり好きじゃありませんの・・・あっ!じゃあプールにしません?ウォータースライダーとかって面白そうですわよ?」
「俺はツクシと一緒なら海でもプールでもいいよ。それだと行ってくれるの?楽しみ!」

「楽しいかどうかはわかんないけど気晴らしにはなるかも・・・こうなったら1番怖いヤツで滑り降りてみたいわね」
「・・・あんまり激しいとブラが脱げちゃうらしいですわよ?」

「スクール水着、まだ持ってるもん」
「えっ!そんな人と一緒に居ろって言うんですか?買いに行きましょ、水着!」


ぎゃあぎゃあ横で五月蠅い桜子なんて放っといて、私はお店の中の笹の葉を見ていた。

去年は2人で願い事書いたっけ。
西門さんのお買い物に付き合って歩いていたら、路上で短冊渡されて、すぐ傍の笹につけてくださいって言われてさ・・・。
初めは彼が「そんなの恥ずかしい」って書かなかったけど、「せっかくだから書こうよ」って言ったら仕方ねぇってブツブツ言いながら私の背中で書いたの。
『いつか一緒になる』って・・・願い事だけど、言い切りで書くもんだって蘊蓄が始まって、私が難しすぎるって耳を塞いだら怒ってたよね。

『七夕の言い伝えや昔話は、茶会の時によく話す内容だから覚えとけ』って。

その時は照れ臭くて謝ることが出来なかったけどね。
素直に謝れば良かったな・・・って今頃思っても遅いんだけど。


今年の七夕・・・彼の願い事はなんだったのかしら。



*************



今日も何となく喫茶店に入って牧野を見ていた。

あれから何度か来てるけど、その半分ぐらいの確率で桜子とあの金髪野郎が団子屋に現れては牧野を攫って何処かに連れて行くんだ!それに腹が立つけど後をつけるだなんてみっともないことも出来ないが。

そういうことがあった次の日、牧野が普通に団子屋でバイトしてるのを確認したら、何もなかったんだろうと判断して帰る・・・そんな感じで2ヶ月間も!いつからこんな情けない男になったんだ、俺。


すげぇ不貞腐れた顔で団子屋を覗いていたら・・・来た!桜子とチャラ男!

ガタンと1度席を立って店の中をガン見・・・そしていつものように3人で何かを話したら桜子と男が出てきた。


でも、今日は歩道で待たずにこの店の方に・・・嘘っ!!マジで?!

今から店を出たら鉢合わせてしまう・・・慌てて「席を移動するから声をかけるな!」と店員に叫んで1番奥の席へ!そこで背を低くして置かれてた観葉植物の陰に隠れた。
こんな所を桜子になんか見つかったら一生馬鹿にされる・・・冗談じゃねぇ!!


カランカランとドアベルが鳴って店員が「いらっしゃいませ」と声をかけたら、2人分の足音が聞こえた。


「ピエール、ここにしましょ?ほら、お団子屋さんがよく見えるでしょ?」
「ホントだ!あれ?・・・誰かここに座っていたのかな?椅子が温かい・・・」

「気のせいよ。すみませーん、アイスティーとアイスコーヒーで!」


その声の様子だと俺が座ってた場所じゃね?やべっ・・・すぐそこじゃねぇか!
他の客もいなかったから声が丸聞こえ・・・聞くつもりもなかったが全神経が耳に集中していた。


「それじゃあ来週の日曜日にしましょ?あそこのウォータースライダーは最高に面白いらしいわよ?2人で滑るものもあるんですって」

「オー!それなら俺とツクシで乗ってもいいの?どんな感じ?」
「うふふ、なんでも1人が後ろから抱きついて乗るらしいわ。でも、先輩は人前だと恥ずかしがるから無茶はしないでね?そこでムードを高めてプールが終わってから・・・その方がいいわ」

「OK!楽しみだなぁ・・・日本のプールは面白いから大好きなんだよね!」

「いやぁねぇ、ピエールったら!先輩以外の女の子には目を向けちゃダメよ?先輩、前の彼にそれをされてすっごく泣いたんだから」


前の彼?まさか・・・俺のことか?!だから、そんなことしてねぇし!
振り向いて文句言いたかったがそれも出来ない・・・イライラしながら小さくなってる俺だった。



***************


<side桜子>

本当に面白いですわ、西門さん。
こんなに分かり易いとは思わなかったけど、あんなところに隠れて私達の話を聞いてるなんて。

慌てて席を替わるところ、つい道路から見てしまいましたわ。
それなら先輩の予定を教えて差し上げるから、是非ピエールとのデートを見に来てくださいね?

あぁ、先輩の水着でしたら本当にスクール水着かもしれませんから、ここは私からはビキニなんて差し入れしませんわよ?
だってピエールが本気になってるんですもの。これ以上先輩に可愛い格好させたら襲っちゃいますわ。

そんなことになったら西門さんだけじゃなく、花沢さんまで戻ってきて私、その場で命取られますもの。


あら、嫌だわ・・・想像して鳥肌立っちゃった!


そろそろ半年過ぎて、西門さんの限界が近いと思います。
あまり我慢しすぎるとお身体にもよくありませんから、早く元に戻ってくださいね♥

桜子、そのためなら頑張りますわ!





4505a86cebcef5a3720685061be59b46_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/19 (Wed) 14:30 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは!

あらっ!総ちゃんのお話にまでありがとうございます♥

うふふ~、意地っ張りでしょ?仲直りのきっかけが見つからない2人です。
私は桜子ちゃんが好きなんです♥
滋ちゃんはイマイチ掴めないんですけどねぇ(ちなみに優紀ちゃんはS嬢と同じ扱いです)

あっちの総ちゃんですか(笑)
あはは!めっちゃシリアスですからねぇ💦

このところ総ちゃんの明るい話が続いたので、その反動で思いっきり重たいヤツにしてみました(笑)
類くんもすっごいシリアス物があるんだけど、こちらは公開する勇気が出ません(笑)

読者様の反応が非常に怖いので。
いつかは世に出そうかと思っていますが・・・ふふふ。

2018/12/19 (Wed) 17:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply