FC2ブログ

plumeria

plumeria







チラチラ雪が降る花沢城……。

最近の侵入動物のおかげで改築・増築を行い、近くを流れる河川から水路を引き、池に繋がる川まで作っていた。

今日は特に仕事もない類とつくしがのんびり散歩中。
後ろには琥珀を先頭に桃太郎と菊次郎が周囲を伺いながら護衛をしていた。

「……ワン?」

「どうしたの?珀、何か来た?」
「今日は静司郎君も蒼穹も疾風も見てないよね?」

琥珀の足が止まったと同時に桃太郎と菊次郎が俺達の左右を挟むようにして警戒。
低い唸り声をあげて体勢を低くしていた。


「つくし……何かいるのかもしれない。後ろに下がって?」
「ううん、類の横にいる。それに怖いって雰囲気ないもん……大丈夫だよ」

「それでも何かあったら……!」


バシャバシャ……
バシャバシャ……

なんの音?水の音……だよね?でも静司郎はいないよね?

琥珀が首をブルン!と振ると桃太郎と菊次郎が走り出して……すぐに止まった。


バシャバシャ……
バシャバシャ……


「類…誰か川でお洗濯してるの?」
「そんな馬鹿な。ここに桃太郎がいるからって、いきなりお婆さんが出てきて洗濯しないでしょ」

「……そ、そうだよね!」

でも確かに誰かが川で何かを洗ってるような音がするんだけど。
何かを見つめていた2匹が困った顔して振り返った。

その先をよく見ると……。


「類……あれってラスカルじゃない?」

「本当だ、ラスカ……」

……コホンッ

「お二人共テレビアニメの観過ぎでは御座いませんか?」
「ラスカルは、キャラクターの名前でございます。……目の前の川に居るのは、アライグマです」

「うわっ、田村…いつの間に…」
「てかさ、そんな事判ってるよ…で?何かあった?」

「はい、先程。美作様からお電話がありまして」

「は?あきら?」

「はい」

「今日は、オフにしたじゃん?何も予定入ってないよね?」

「えぇ、ですのでプライベートの方へとお願い致しましたので…お知らせに参りました」

「黒曜星が来てる訳じゃないよね…なんだろ?」

「非常に慌てておいでで…」

「ふ~ん」


………なんだか、凄く嫌な予感がする……

思い出せっ!俺っ!…以前もこんな事があったような…ん~
度重なる動物の侵入で、色々と麻痺してる気がしてならない。

つくしは、護衛三匹に囲まれて川向かいのアライグマを観察中。


「見てぇ~珀、可愛いわね🎵」

「ゎん♪」

「桃も菊も、威嚇しちゃダメよ」

「「……ゎん」」

「本当にお洗濯してるみたいに見えるわね」
「何処から来たのかしら?迷子かしら?」



ズボンのポケットにあるスマホが震える気配は、無い。
大した事では無いのだろうと判断、こっちから連絡するのは止めて、つくしの元へ歩を進めた。


♪♪~♪~♪♪~

はぁ~あきらだ……


「……俺だけど…」

『おぉ、類か?』

「なに?」

『悪いなオフなんだろ……』

「いや、それで?何かあったの?」

『うちのっ、うちのラスカル行ってないかっ!』

「なに寝ぼけた事言ってんの?あきらもアニメの観過ぎじゃ……」


ふと、川向かいで洗濯に勤しむそれを凝視した。


『おーーい、類。聞いてるかぁ~』

「あきら…それって…目の前の川で洗濯してる奴かな…」

『はっ?洗濯?
おい、類!!まさかお前俺のラスカルに洗濯させてるのか?!』


はぁっ?そんな訳ないじゃん!
勝手にしてるんだよ!!
飼い主なのに分かんないの??

『すぐそっちに行く!今すぐ行くからな!!丁重に扱えよ!!』

……うるさい。

すでに送話口を離してたのに聞こえてくる声はそこで途切れた。

総二郎といい、あきらといい、なんで言いたい事ばっかり言って勝手に切るかな……。
でも…爆音と共に連絡なしで来る司よりマシ?

違う違う、そうじゃなくて!
あーヤバいかも…。やっぱりもう感覚が麻痺しちゃってるんだ……。


「美作さん、なんだったの?」
「…ラスカル迎えに来るって」

「やっぱりこの子ラスカルだったのね♪」
「そうみたい。
つくし、部屋に戻ろ。こんな所にずっといたら風邪ひくよ」


離れがたそうなつくしにまた来ることを説明して部屋へと戻った。




数時間後


「類様、美作様がご到着されました」
「類!!ラスカルは?!」

だからうるさいんだってば!

「美作さんいらっしゃーい♪♪
もしかして黒ちゃんも一緒?」


つくしはそう言って外を見ようと窓から身を乗り出した。

「つくしっ、危ないから!
それに今はラスカルが先でしょ」


「ラスカル?出てこい?帰るぞ?」

一向に出てこないラスカルを探してあきらは部屋の中をうろうろしてる。

「あきら…。ここにいないから。ほら、行くよ!
つくしも行こっ♪♪」


こうして不機嫌なあきらと浮かれてるつくしを連れてラスカルのいた川に戻った。



「……………」
「ぷっ」
「あははっ」

「おいっ、笑い事じゃないって!
何なんだよ、あれはっ!!」


「司のハシビロコウ」
「そうそう、ハシビロコウの静司郎くん♪♪」

「なんで司のペットがここにいるんだよ?!
いや…そうじゃなくて!!

なんで俺のラスカルが司のハシビロコウ?の足洗ってるんだよ!!」


「さぁ?」
「汚れてみえたんじゃない?
でも静ちゃん気持ちよさそうだよ~♪」



クァックァックァッ……


「ほら♪やっぱり気持ちいいんだよ~♪」
「そうみたいだね」

「…………
ラスカル…来い!帰るぞ」



キュキュッ♪♪


「ちゃんと返事するんだ……」
「すごいね~!」

そう感心したのも束の間だった。


バシャバシャッ…
バシャッ…


「ぷっ」

一旦は手を止めてあきらを見たのに、ラスカルは洗濯の続きに励んでる。


「可愛い~♪」
「………」



結局この日あきらがラスカルを連れ帰ったのはそれからまた数時間が経ってからのことだった。

それはまぁいいんだけど…。

この日を境にラスカルまでもがうちにやってくるようになった。
それにはもれなくあきらもついてくる。

はぁ……。
ペットをダシにしてまで城に侵入してくるなんて…。
つくしの手前動物の侵入も防げないし……。


『……ふふ、教えてくれたのね!
桃ちゃんっ、ありがとう♪♪』



楽しそうなつくしの声に窓から外を覗けば、珀、菊、桃を引き連れたつくしがいる。
その目の前には静司郎と、ラスカル。


ピィーーーー


………。
あいつら今日も来るんだ…。




おしまい




15486356060.jpeg

あはは!最近までの私💦今は元気になりました!

皆様、こんにちは。plumeriaでございます。
はい、今回はあきら君でした♡

あきら君と言えば潔癖症、潔癖症=きれい好き=洗い物=アライグマ・・・ラスカル♡

まぁ、3人の中で「タヌキとアライグマの区別がつかないんだけど」なんて会話もありましたが💦

この辺りから動物の名前を決めるのに苦労し始め、だんだんアニメの力を借りるようになりました。

そうそう!私は子供の時、ラスカルって言うのは動物名だと思っていたんですよ。
ラスカルって言う動物が居ると思ってた・・・結構後でキャラクター名だと知りました(笑)



実はこれも12月には出来ていたお話し・・・この頃、G様が忙しかったんです(笑)
それで遊んだ私達・・・💦それでは今日のS様お遊びコーナー!

15486356630.jpeg

進まないって言うか(笑)誰が何書いてるかわからないほど遊んでおりまして、G様で止まるんですよ(爆)
可哀想に・・・書いても書いても終らない花沢城!

15486356450.jpeg

判ってるならスピード落とせよ!って思うんですがね💦
「もしかして虐めてる?」ってG様言ってました。虐めてはないです・・・むしろG様で遊んでました(笑)

15486356330.jpeg

疲れてるって言うのに「待つ」2人!
いやいや、楽しかったです(え?今も楽しんでますけど・・・何か?)




それではまた来週~♡
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply