FC2ブログ

plumeria

plumeria

「え?牧野が団子屋のバイトを辞めた?ホントか!」

「はい。若宗匠に言われてあのお団子屋さんに行った時に聞いたんです。”ここでバイトしていた元気のいい女の子は?”って。そうしたら年内は忙しいからバイトに入れないって言われて、迷惑かけるから辞めさせてくれって言ったそうですよ?」

「迷惑かける?どういう意味だ?」

「さぁ・・・多分、自分のことを当てにしないで新しい人を雇ってくれって意味じゃないでしょうか」


最近つくしがあの団子屋に行ってないような気がして、若弟子に様子を探らせたら帰ってきた言葉が「バイトを辞めた」。
あいつがバイトを辞められるわけがない・・・生活出来ねぇじゃん!絶対に他のバイトに変わったと思うが一体何処でどんなバイトしてんだか!


その時、昔あきらが言った歌舞伎町で男と歩いてたって話を思い出した。

まさか・・・つくしがまた歌舞伎町で?
そんなところでミニスカート履いて何するんだ?いや、つくしがそんな事するって思えねぇけど。
それにつくしを雇う店があるとは思えねぇ・・・むしろガキ扱いされて入店拒否だろ?!

働いていたとしても端から見て二十歳過ぎてるとは誰も思わねぇだろう。客の誰かに通報されんじゃねぇの?
年少者(18歳の誕生日を迎えてから最初の3月31日を過ぎていない者)と思われて、夜中に働いてたら労基法61条違反、客なんかと遊んでたら風営法22条2号違反、しかもそれが夜なら風営法22条3号の違反・・・

いや、あいつは成人してるから関係なかった。
そうじゃなくて通報されたらそんなところでバイトしてたって世間にバレて就職するにもヤバいんじゃねぇのか?!


「総二郎様、何をブツブツ言われてるのですか?そろそろお出掛けの時間では?」

「・・・そんなのわかってる!いちいち五月蠅ぇよ!」

「も、申し訳ございません!」


それからも気になって何度か団子屋の前を通ったがつくしの姿はなかった。
しかもアパートにも帰っていなかった。

大学にもこっそり弟子を使って探りを入れたら、つくしは既に単位を取得済みで殆ど来てはいないそうだ。だが先週見掛けたってヤツがいたから大学には顔を出していることになる。
つまり、この辺には住んでるんだ・・・アパート以外のところに。


あいつの姿が見えてるうちは安心だった。
喧嘩別れしたけど、それでも笑ってる顔を見たら嬉しかった・・・未練タラタラでみっともねぇけど、やっぱり俺はつくしのことが忘れられねぇんだ。


もう1度会いたい。

もう1度会えたらもう1度抱き締めたい。

もう1度抱き締めたら・・・もう1度あいつに好きだって言いたい。
そしてまたあいつの隣に立ちたい、その肌に触れたい、俺の名前を呼んで欲しい・・・あの声で「総二郎」って呼んで欲しい。


それなのにつくしの姿は本当に俺の前から消えてしまった。
夏が過ぎて秋が来て、それさえ通り過ぎてもうすぐ冬・・・またクリスマスが来るって言う時期になってもつくしを見つけることが出来なかった。



****************



「・・・桜子、いつまでやるの?これ」

「クリスマスまでやりますわよ?ちょうど専属モデルが辞めたばかりでしたから助かりますわ」

「でもさ・・・なにもあんたの家に泊まり込まなくても良くない?」

「こういうのは食事から気をつけないと荒れてしまうんですもの。唯一の取り柄がお肌なんですからラッキーでしたわね!お金も掛からないのにバイト代はお団子屋さんの3倍以上ですもの。文句ないでしょ?」


私は夏のプール以来、桜子の家に寝泊まりしてメイクのモデルをしていた。
この子が学生ながら社長をしてるコスメブランドの新商品、それの使い方や可愛く見えるメイク方法っていう講習会なんかのモデル。

要するに『普通の子でもメイク次第でこんなに変わるんですよ~』ってヤツの「普通の子」の役だ。

それをあちこちのデパコスコーナーや、ホテルに出向いて花嫁さん用のメイク講習会とか、地方にまで出向いて宣伝のためにサンプル配りまで。
これが相場なのかどうかはわかんないけどバイト代はモデルで1回1万円、その他のバイトは時給で3000円。
これを1ヶ月やると数回のお仕事で月20万ほど。これを8月からクリスマスまでやったら・・・100万近いじゃん!


「アパート代を払ってもお釣りが来ますでしょ?それでお洒落してクリスマスは楽しく過ごしましょ?」

「だから、誰と楽しく過ごすのよ!好きな人なんて今は・・・今はいないんだから!」

「ピエールのこと、本気で考えてみたら?本当に先輩のこと好きみたいなんですもの。少し頼りない感じかもしれないけど、中身は意外としっかりしてていい人ですわよ?」

「・・・そりゃ嫌いじゃないけどさ」


ピエールは桜子の家にも時々やってくる。
そしていつも私に纏わり付いて「好きだ」って言ってくれる。チャラいところもあるけど、確かに強引なこともしなくて紳士だけど・・・でもドキドキしないのよ。この人を間近で見ても心臓が静かなままなの。

イケメンだと思うし、優しいと思うし・・・もう少し色んな話をしてみたら好きになるかもしれないけど・・・でもね。


アパートの部屋にはまだ去年買ったプレゼントがある。
捨てられなくて・・・渡したくてずっと持ってる。


お洒落して会うんなら・・・やっぱり総二郎に会いたい。

「綺麗じゃん」って言ってもらいたい。
「やっぱり隣は俺だろ?」ってあのニヤッとした顔がもう1度見たい。


もう1度・・・総二郎の胸に飛び込みたいよ。


そう思いながら桜子の言う通りにバイトを頑張って、いつの間にか季節は移っていった。
街の中にクリスマスツリーが並び始めて、あちこちからクリスマスソングが聞こえる・・・女の子達がソワソワする季節がまたやってきたんだね。

今頃総二郎は何してるんだろう・・・隣にはもう他に誰かいるのかな。
まだ・・・誰もいなきゃいいのにな。



********************

<side桜子>

うふふ、バイト慣れしてる先輩でもこういう「モデル」なんてバイトはしたことがないから戸惑っていますわね?
このバイト代、破格のお値段ですの。本当なら有り得ませんけどオーナーが私ですもの、特別ですのよ?


それに美肌ケアをしてるから最近の先輩は本当に肌が綺麗ですわ。
肌も髪も最高に輝いちゃって!正直、全体の造りは私の方が上ですけど、部分的には負けてるんですよね・・・ホント、悔しいですわ!

あら、嫌だわ、そうじゃなくて!

この調子で西門さんから隔離して、あの方にも本気になっていただかないと。今頃いなくなった先輩を探してイライラしてるんでしょうね♥そうじゃないと困るんですけど。

それに一応失恋ってものを経験したからでしょうか、随分女らしくなっちゃって。
色んな経験がそうやって女を美しくしますのよ?

でも1番は愛する人の腕の中・・・先輩、それを恋しがってますわね?



ホントに世話が焼けますこと。

でもほら・・・もうすぐクリスマスですわ。

ご自分の居場所を確かめる時が来ましたよ?
ふふふ・・・私って天使みたいでしょ?感謝してくださいね!先輩♥





0a6a4c9acfcc544a0f9205af30f3fd8b_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/23 (Sun) 12:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

あはは!総ちゃん、めっちゃ焦ってますね。
つくしちゃんもだんだん恋しくなってきたし・・・ふふふ、こちらもクリスマスに向けて盛り上がって参りました!

そして大活躍の桜子ちゃん♥
F4やつくしちゃんで遊ぶ桜子ちゃんが大好きです!

総ちゃんのクリスマスストーリーも最後までどうぞ宜しく♥


いつもコメントありがとうございます!

2018/12/23 (Sun) 21:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply