FC2ブログ

plumeria

plumeria

「それではこちらで宜しいでしょうか?」
「ん、ありがとう」

「素敵な記念日ですわね。きっと喜ばれますよ」
「くすっ、渡す時の言葉・・・悩んでるんだけどね」

「まぁ、そんなに幸せそうなお顔して!」

予定より少し早く10日には牧野に渡すものが仕上がったと連絡があり、それを受け取りにジュエリーショップに出向いていた。そこで可愛らしいケースに入れてもらって準備は完了、後はこっちに来て早々だけど休暇を取って牧野を迎えに日本に戻るだけ。

驚く顔が見たいからまだ話さずにいた俺は、今日も電話でValentineに触れずに日常会話だけ楽しんだ。


「そっちは寒い?雪降った?」
『ううん、そんなに降ってないよ。寒い日と暖かい日が交互で体調崩しそう!そっちは?ね、2月のフランスって気温どのぐらいなの?コートとか分厚いの要るの?』

「くすっ、俺はそんなに分厚いコートなんて着ないけど?そうだな・・・2月の平均気温って最低が1℃で、最高が7℃らしいけど、体感温度はもう少し低いかな?」

まるでこっちに来そうな質問でドキッとする。
心配しなくても牧野のコートぐらい沢山用意してるよ、なんて笑って答えそうになるのを堪えてた。


『あっ・・・あはは!そ、そうだよね!花沢類が雪だるまみたいに着込んだ姿なんて想像できないや!ね、雪は?雪降るの?』

「ん?パリはあんまり雪が降らない街なんだよ。降ったとしても積もるほどじゃないからね。むしろ道路が凍結することの方が多いかな・・・天気がいい日が少ないんだよね。傘はいつも持ち歩けって言われてるよ」

『類が傘・・・?傘なんて差すの?』
「・・・ううん、持たない。結構濡れたままかも・・・」


フランスのことが気になるのかな・・・もうすぐこっちの寒さを体感できるから楽しみにしててね?


そして12日、俺は会社に15日までの休暇をもらってシャルル・ド・ゴール空港に来ていた。
今度この空港に戻ってくる時は1人じゃない・・・そう思うとワクワクしながら搭乗手続きを済ませて時間を待った。

手荷物の中には牧野に渡すものがちゃんとある。それをもう1度出して輝きを確かめた。
くすっ、どんな顔するんだろう・・・きっと驚いて泣き出すよね?泣き出したら抱き締めてあげなくちゃね。そしてこっちに来たらすぐにウエディングドレス、作りに行くんだ。

式場はロアール地方の古城なんていいかも・・・そんな事を考えながらアナウンスが流れたのを聞き、出国ゲートに向かった。

ここを飛び立つのは12日の19時、日本着は13日の14時55分で搭乗時間約12時間。この間にぐっすり寝て、着いたらその日は東京のホテルに向かうことにしていた。
だって渡したいのは14日・・・1日だけホテルで過ごして14日の朝早くにマンションに向かおう。

そしてあの言葉を添えて渡すんだ。


「うわ・・・どうしよ。俺にしては珍しく緊張してる・・・自分でも驚くんだけど」


こんな浮かれた俺を乗せた飛行機が、時間通りフランスを飛び立ち、牧野の居る日本に向かった。




**********************




「何だって?明日から3連休って・・・そりゃまた急じゃないか!どうしたんだね?」

上司に休暇を申し出て驚かれた。
そりゃ当然よね・・・病気もしなかったから有休なんて殆ど使ってないし、花沢類と旅行に行く時だって連休を利用していたから追加で1日取るぐらいだったから。
そんな私がいきなりの有給休暇願い出すなんて驚くわよね。しかも理由欄は海外旅行・・・正直に書きすぎた?

「申し訳ありません!実はあの・・・知り合いが海外に転勤になりまして、その・・・来ないかって言うものですから・・・」
「そうだとしてももう少し前に言えなかったのかね?まぁ、今は2月で忙しいわけじゃないからいいが、これが繁忙期だったら許可はしないよ?有給休暇と言っても業務に支障がないって言うのが前提だからね?」

「はい、気をつけます。許可、いただけますか?」
「・・・ダメって言えないんだろ?相手はその・・・ねぇ」

「ありがとうございます!」


上司は私が花沢類の紹介で入ったことを知ってるからかもしれない・・・ご機嫌は悪くなったけど許してくれた。


この日の夜遅く、彼から電話があった。
だからつい、フランスの天気や気温を聞いたけど可笑しく思ったかしら?まるでフランスに行くみたいだって?

そう!その通りなのよ、花沢類!
私、あなたの所に行くの。驚くわよね?この私が1人で花沢類を訪ねて日本を出るんだもん!
彼の声を聞きながら、待っててね、すぐに会いに行くからって何度も心の中で呟いてクスクス笑ってた。


「ねぇ、2月のフランスって何か行事があるの?ほら、日本だと2月は節分じゃない?そんな感じのもの、あるの?」

『行事?そうだな・・・Chandeleurって言う聖燭祭があったけどもう終ったかな。この日はクレープ食べる日だよ、牧野が喜びそうだね!』

「は?クレープ食べるの?お祭りで?」

『うん、マルディ・グラって言うイベントも13日にあるんだ。キリスト教の関係だけどね。パリじゃマルディグラに合わせてカーニバルがあるから仮装パレードで盛り上がってるみたい。俺は見ないけどね』

「ふ~ん、どんな仮装だろ、見てみたいな。写真に撮って送ってよ」

『え~、1人で見に行くのヤだ。あぁ、もうすぐ学校が冬休みだから子供が遊んでるの見るかも。冬のバカンスシーズンだよ』

「えっ?!これからお休みなの?」


暫く話したあと電話を切って、それから私は簡単に荷物を詰めた。

殆どが飛行機だから着替えも2日分で小さな鞄に全部入った。
花沢類へのバレンタインプレゼントは、昨日張り切って買いに行った彼の好きなブランドのキーケース。お財布にしたかったけど高すぎて買えなかったんだもん・・・チョコレートは持ち込まない方がいいって聞いたから。


1回会ったら離れられなくなるかもしれないけど、彼が今見てる景色を自分でも見てみたい。意地張ってあんな別れ方したから、今度はちゃんと向き合いたい。
そして・・・花沢類が何も言ってくれなかったら私から聞きたい。

私達はこの先、どうなるの?って・・・いや、その「言葉」は私からは言わないけどね。



13日の朝、私はマンションを朝早く出て羽田に向かった。
予約が取れたのは花沢類が飛び立った1つ後の便、11時40分発でフランスに着くのは現地時間で今日の16時25分。奮発してその日だけ空港に近いホテルを取った。

そして14日、お仕事を終えた花沢類を待ち伏せして飛び付くの!


羽田に着いたのは10時前。
1人で海外なんて初めてだけど、何度か彼が連れて言ってくれたから何となく判るようになっていた。いつもここでは迷子にならないように手を繋がれてたけどね・・・今日はちょっと寂しいな。


「うわっ!どうしよ・・・私にしては豪華な計画じゃない?こんなの花沢類、絶対に想像しないと思うわ!楽しみ~!」


こんな浮かれた私を乗せた飛行機が時間通り日本を飛び立ち、彼の居るフランスに向かった。

  



3a7bfea56facbd2f193cc29875e18821_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/14 (Thu) 12:30 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 こんにちは。

そうなんです♥ほぼ同じ時間に2人共空の上なんです(笑)
時差があるので難しかったんですが、多分何時間かはお互いに飛行機の中のはず・・・💦
インド上空辺りですれ違ってるのかな?(いやいや、見えませんけどね)

今回は甘々じゃなくて追いかけっこです。
類君も総ちゃんも・・・まぁ、こういうのもいいかな?
他の作家様がきっと極甘なのを書いてるんじゃないでしょうかね?(笑)

今日は旦那様にチョコですか?
うふふ、楽しい夜をお過ごし下さい♥(深い意味はないです)

2019/02/14 (Thu) 14:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply