FC2ブログ

plumeria

plumeria

日本に着いたら逸る気持ちを抑えてホテルに向かった。
時間は午後4時近くになってて、そこのレストランで珈琲タイム・・・窓の下に広がる東京を眺めていた。

本当は今すぐにでも会いたいけど・・・ここは我慢だよね。14日の朝、牧野を迎えに行ってそのまま一気に退職願いを書くまで話を持っていくんだ。
そんな話をしたらどんな顔するんだろ?絶対に初めは怒るよね・・・そして「そんな事出来ないわよ!」って退職には応じないだろうな。

だからそこで「これ」を渡して、考えている言葉を贈ろう。
その時は驚きすぎてまん丸な目をして泣くんだよ、きっとね。

そんな牧野を抱き締めて「OK」の返事を貰うんだ。くすっ、喜んでくれるかな・・・ちょっとだけ焦らしちゃったもんね。
そして15日にはフランスに一緒に行く・・・その後はもう何があっても離さないからね。


部屋に入っても1人でそんな場面を想像しながらニヤニヤして、持ってきた物をここでも掌で確認。
これが牧野の指で輝くんだ、そう思ったらその時間が待ち遠しくて堪らなかった。だから入りもしないのに俺の指の先につけて窓から射し込む光に当てては目を細めた。


午後6時半、そろそろマンションに電気がつく頃・・・そう思ったのにスマホにその通知がない。
あれ、今日は残業?・・・でも、それが7時になっても8時になっても通知が来ない。

「え、なんで?もしかしてアパートに帰ってるのかな。じゃあ明日はアパートに行った方がいいってこと?いや、もしかしたら何かの飲み会かな・・・それならメールをくれそうなのに」


てっきりそうだと思った。
俺が居ないからたまには飲み会に参加してみようと思ったんだろうね。いつも俺に気を遣って断わってばかりだったから。

まさか次の日になるまで飲まないだろうと、夜になっていつも牧野に電話を掛けていた時間に電話したけど・・・

『お掛けになった電話番号は電波の届かない場所にあるか、電源が入ってないため掛かりません』


あれ?なんで・・・?
牧野、また電源落としてるのかな・・・それか飲み過ぎてスマホをなくしたとか?

その後何度掛けてもおなじアナウンスが流れて牧野と話すことは出来なかった。いや、明日会えるからいいけどさ。
俺からの定期便なのに声を聞かなくても平気なの?って事の方がちょっとショック・・・寝る前にも掛けてみたけどやっぱりダメだった。

ホント・・・困った子だよね。
二日酔いとかしてたらせっかくの言葉も聞いてもらえないかもしれないのに・・・!



次の日の朝、牧野の出勤前にマンションに戻るため、凄く早い時間にチェックアウトしてタクシーに乗り込んだ。
照明のセキュリティシステムは結局朝まで通知がなかったから、もしかしたら機器の故障?それかシステムメンテナンスでも入ったのか・・・それも確かめなきゃ。

そこに着いたのはいつも牧野が朝ご飯を食べてる時間。
だから絶対に居るはずだと胸を躍らせてルームキーを使わずにインターホンを鳴らした。


ピンポーン♪

・・・・・・・・・・・・あれ?返事が無い。もう1回!!


ピンポーン♪ピンポーーン♪♪

「・・・・・・うそっ!なんで?もしかしてもう会社に行ったとかないよね?あの会社に早出なんて無いよね?」

牧野が返事をしないから慌ててルームキーでドアを開け、自分の部屋の中に飛び込んだ!


「牧野?・・・何処に居るの?まだ寝てるの?」

部屋の中はシーンとしていて室温も冷えきっていた。さっきまで誰かが居たなんて気配が無い?
キッチンに向かったらそこは綺麗に片付けられててゴミだって何もなかった。バスルームにもドレッシングルームにも、クローゼットにも居ないし、テラスにも居ない。
ベッドルームに行ったらそこも布団は綺麗になってて牧野の脱ぎっぱなしのパジャマも無い。

でも、そこで見たのは牧野の通勤バッグ。
毎日会社に持って行ってたバッグが化粧台の上にあった。

「あれ?バッグ、変えたのかな」

そう思ってチラッと中を見たけどハンカチやメモ帳なんかが入ったまま。それに牧野がまだ使える物を簡単に捨てたり変えたりしないのは昔からだから・・・じゃあ、どうして?


急いで牧野の会社に電話してみたけど、まだ始業時間じゃないから電話は繋がらなかった。
そしてこの時間でも牧野のスマホも圏外アナウンス・・・何か事故でも遭ったんじゃないかと警察の最新の事故を調べてみたけど牧野らしい女性の被害は無かった。

なんだろう・・・凄く嫌な予感がする。


そして9時になったと同時に会社に電話したら・・・

『牧野さんなら昨日からお休み取って3日間だけの海外旅行に行かれましたよ?』


まっ・・・まさか?!




*********************




フランスに着いたのはいいけど、頭の中は真夜中なのにこっちはまだ昼間・・・これが時差ってヤツなのね?
荷物が軽くて良かった・・・これで重たい荷物なんて持ってたら死んじゃうかも。

ブツブツ言いながらぼーっとする頭で「ロワシー・バス」の乗り場を探した。空港からホテルまでの送迎バスの予約の仕方が判らなくて、でも花沢類に聞くわけにもいかなくて、このバスに乗ろうって決めていた。
ロワシー・バスはパリのガルニエ宮までの路線。乗車時間は1時間でそこまで料金も高くはなかったから。


その1時間もバスの中で爆睡・・・目が覚めたらもうガルニエ宮に着いてて急いで降りた。

「うわっ!この建物、写真で見たことあるわ・・・凄いなぁ、フランスに来たのね!私、1人で来たんだ~!」


・・・って、感動してる場合じゃない。早くホテルに行って寝なきゃ。

ここからはバスも地下鉄も全然判らない。治安のことも考えて、勿体ないけどタクシーに乗ることにした。
そして去年花沢類が買ってくれた翻訳機を持ってタクシーに乗り込み、予約したホテルの住所が書いてあるメモを取り出した。

「A cette adresse s'il vous plaît (この住所へ行って下さい)」
「C'est entendu(判りました)」

ホントに簡単なフランス語しか出来ないから・・・でも、今は通じたみたい?運転手さんの返事は聞き取れなかったけど判ったのよね?タクシーは軽やかにパリ市内を走り出したから大丈夫なんだろう。

いつも花沢類に頼っていたからこういう時は困るわ・・・。


「あっ!そうだ・・・花沢類からの電話があったらいけないからスマホ出しとかなきゃ!」

そう思ってスマホを取り出して・・・その画面が真っ暗なのに驚いた!
なんで?なんで?どうして真っ暗?まさかの故障ーーっ?!

そう思って電源入れ直したら・・・「Empty」の文字。


うそーーーっ!!電池切れ?!はっ・・・ヤバい、アダプタ忘れた。


呆然としてるうちにスマホの画面はすぐに真っ黒になった。
いや、ホテルには泊まれるわ・・・確かフロントは日本語対応ってなってたし、翻訳機があれば大丈夫よ!だから明日も花沢物産にも行けるはず!ただ、花沢類が今この時点で慌ててるかもしれないけど。

フランスの会社って日本と同じで5時までなのかな?まさか明日が休みなんて事はないよね?受付で花沢類の事を聞いて、もしバレたら驚かせることが出来ないからやっぱりここは待ち伏せよね?

軽くパニックになってタクシーの中で独り言が凄かったみたい。運転手さんは何度も振り向いて変な顔してた。


「Je suis arrivé à l'hôtel(ホテルに着いたよ)」
「は?えっ・・・ここがホテル?はいっ、ありがとうございました!」

悩んでる間にホテルに着いたようで、私は言われるがままにタクシー代を払い車を降りた。そして目の前には私にしてはゴージャスなホテル・・・花沢類と泊まるんなら一流ホテルだけど1人ならこのぐらいで充分!ってぐらいのホテルだった。


「Je voudrais confirmer ma réservation(チェックインをしたいのですが)
Je suis MAKINO.(私は牧野です)」

これも一応練習したフランス語・・・ここできっと日本語の出来る人が来てくれるはず!そう思ったのにその人がどうやらお休みだったみたい。
結局全部翻訳機に助けてもらって何とか泊まることは出来た。


ホテルのレストランは見ただけで足が止まった・・・やっぱり1人じゃ入れない。
だから晩ご飯と明日の朝ご飯を買いに外に出て、適当なお店でよく判らない物を選んできた。味も・・・よく判らなかったけどとにかくお腹に入ればいいのよ!ぐらいの気持ちで頬張った。

うん・・・カフェオレは美味しいわ!って、最後にそれで落ち着いた。


「やっと寝られる・・・とにかく今日は寝よう!電話に出なかったのは怒るかもしれないけど顔を見たらきっと許してくれるよね?」

ご飯を食べ終わったらシャワーを浴びてすぐにベッドに飛び込んだ。
明日ギリギリまでホテルに居て、夕方まで何処かで時間を潰したら彼に会える・・・!

2週間ぶりに花沢類に会える・・・その後はまた寂しくなるけど、それでもいい!今は彼の顔が見たい・・・。


早く明日になぁ~れ!なんてニヤニヤしながら疲れすぎた私はすぐに寝てしまった。





24df90b9be3cea330285fc80c65b7314_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/16 (Sat) 11:57 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 こんばんは。

さて、どっちでしょう?(笑)
もう既に2人は14日を迎えてますからね~♥

類君からしたらつくしちゃんが日本を1人で出るなんて思いませんものね。

そう・・・本当にスマホってのは物語上便利だったり、不便だったり。
使えたら事件は解決するけど話にはならないんですよね・・・。

スマホの忘れる、落とす、壊れる、電気切れ、これは毎度の事です(笑)
ははは!

2人がちゃんと巡り会えますように願っててくださいね♥

2019/02/16 (Sat) 23:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply