FC2ブログ

plumeria

plumeria

いつからあいつの事が気になっていたんだろう。

必死に司に立ち向かってる時か・・・こんな女、見た事ねぇって驚いたもんな。
学園中から集中攻撃受けてんのに逃げ出さなかったからか・・・普通はもう学校になんか来ねぇだろ。あれだけの人数に囲まれてヤられても、たった1人で鞄振り回して暴れたヤツなんか居なかった。
司の家と闘って、負けても喰らい付いてあの母ちゃんに吠えた時・・・こいつ、命知らずだなって逆に怖かったわ。


そしてその恋が終わりを迎えた時・・・泣くには泣いたが真っ直ぐ前を向いて立ち直った。まさに雑草の如く・・・。


俺の1番苦手なタイプは一途で純粋で真っ直ぐで裏がなくて、で・・・強いヤツ。
牧野はそれを全部持ってる、ある意味俺とは相反する性格で絶対に相性が悪い。そう思っていたのに。



英徳の高等部を卒業したら司はそのまま仕事のためにアメリカに行った。
類はフランス、あきらはイギリスの大学でそれぞれ経済学を学ぶことになって日本を出て行き、俺達はバラバラになった。

当然俺は何処にも行けない。
大学も行かなくてもいいと言われたが冗談じゃない。あと数年は息抜きしなきゃあんな息苦しい家の中だけで生きてくなんて出来ない、そう思って英徳大学に進んだ。
学部は史学・・・まぁ、茶道にも多少は関係ある事だから丁度いいと思っただけ。

ただ、これまで4人で連んでいた俺は、彼奴ら以外の友人を作るのも面倒だった。
自分の事を何も言わなくても理解してくれる司達と違って、何処か一線引いて遠回しに探りを入れられてるような気もするし、俺もそいつらが何考えてるか判らない。

俺の世界に踏み込ませたくないし、そいつらの世界に踏み込みたくも無い。
表面上ちゃらんぽらんでお調子者を演じても、実は自分の中では最大のガードを掛けて本当の自分を隠した。


だから牧野が進学してくるのを待っていた。
牧野ならその部分は彼奴ら並みに理解してるから。何度か見せてしまった「素」の自分・・・でもあいつにならいいかって、そう思っていたから。

いや、別の感情があったってのは否定しない。
俺しか残っていない日本で、牧野を独占出来るような気がしていたから。そっちの方が強かった・・・かもしれない。

それなのに・・・。



「は?お前、英徳大学じゃねぇのかよ!」

『うん。なんでそんな学費の高い大学に無理して行かなきゃいけないのよ。特待保持する自信もないし、別の大学にしたよ』

「・・・何処だよ。なんでひと言言わねぇんだよ!」

『なんで西門さんに言わなきゃいけないのよ。子供には興味ないんでしょ?英徳大学で美人のお嬢様のお相手でもしてたら?じゃあね!』

「はぁ?!おい、牧野!!」



牧野は英徳大学に来なかった。
それを知ったのはあいつが卒業する日、せめて祝いの言葉だけでも言ってやろうと思って電話した時。正直、すげぇショックだった。

何故だか判んねぇけど・・・すげぇショックだった。



**



大学2年になっても特に連むヤツも出来なかったし、特定の女も作らなかった。
高校まではあれだけ遊んだのに1人になれば面白くもなくて夜遊びもさっぱり・・・それなりに飲みには行ったが女と何処かに消えるなんて事はしなくなった。

そんな時にゼミの後輩にどうしてもと頭を下げられ、無理矢理連れ出された飲み会。男だけだと思っていたら他の大学の女との食事だと店に入る寸前で聞かされて驚いた。
今更この俺が合コン・・・?ってキレそうになったが適当に時間だけ潰して帰ればいいか、と嫌々1番後ろを不貞腐れて歩いていた。


「・・・あれ?」


そのすっとぼけた聞き覚えのある声・・・顔を上げたら目の前にいたのは・・・牧野?


「・・・あれ?お前、こんな所で何やってんの?」
「何って・・・見りゃ判るでしょ?誘われたから付いてきたら西門さんが来たんじゃない」

「へぇ、成長したな!こんなのに顔出すようになったんだ?」
「来たくて来たんじゃないつーの!そっちこそ何?こんな所に来なくても外を歩いたら毎日日替わりで釣れるんじゃなかったの?」

「そんな品のない遊びはもうしてねぇっての!」
「どうだか!」


くくっ・・・!この話し方、マジ懐かしい・・・って思っていたら残りの8人が呆然として俺達の事を見ていた。
それに気がついて牧野も慌てて俺に背中を向け、自分の友達の後ろに隠れやがった。


「あは・・・あはは!流石西門先輩。もうお知り合いがいたんですね?えっと、でも席は今からくじ引きで決めるんで、女性陣はこの中の赤い紙を、男性陣は青い紙を引いてください。そこに番号が書いてあるんでその席に座るって事で!」


俺を誘った後輩が片手に5本ずつの紙縒のようなものを出し、全員が1枚ずつ引いていった。
ガキみてぇな事を・・・って気恥ずかしくて俺は最後に残ったヤツでいいって言えば・・・9番。
ロングタイプのテーブルの窓際、左から2番目。

牧野は・・・ってチラッと見たら赤い紙には10番。
馬鹿め、俺の隣でしかも端っこ・・・残念だがお前の話し相手は俺だけだな!


自分の荷物を持って10番の席に牧野が移動、俺がその横に立つと嫌そうな顔して「西門さん、何番?」って聞いてきた。だから紙を見せてやると・・・眉間にめっちゃ深い皺寄せやがった。


「なんでそんな顔すんだよ。嬉しいのか?」
「そんなわけないでしょ!馬鹿・・・」

「素直じゃねぇなぁ・・・牧野、飲めるのか?」
「まだ未成年!それに飲めない、ってかお酒なんて買わないもん」

「くくっ、まだ相変わらず貧乏生活してんの?」
「余計なお世話だってば!」


「えーと、一部で盛り上がってるようですが、自己紹介しましょう!じゃあ1番の人からどうぞ~!」


後輩の声も他の女の事も全然目に入らなかった。

今、隣に牧野が居る・・・そう思ったら左腕に熱があるような気さえしてドキドキした。





137715012.jpg
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/18 (Fri) 15:17 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/18 (Fri) 17:51 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんばんは!

うふふ!これで連載の総ちゃんも少しは私を許してくれるでしょうか?(笑)
まだダメかしら・・・💦

やっぱりこんな感じの会話は書いてても楽しいですねっ!


そうですねぇ♡総ちゃん、ここは頑張らないとっ!
つくしちゃんも意地を張ってるだけ・・・なのかな?

短編ですのですぐに終りますけど、楽しんでいただけたら嬉しいです!

2019/01/18 (Fri) 20:17 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんにちは

yuka様 こんばんは。

あっはは!ありがとう御座います!

それも調べたんですが・・・有るんですよね?おばちゃんにはさっぱり判りません💦
それなのに書くという・・・厚かましくなったものです。とほほっ!

私もあるんですよ、このくじ引きっ!
で、隣が大っ嫌いな男になって吐きそうでした!同窓会でしたけどね。

総二郎だったら問題ナシ!!代わってもらいたいぐらいです!
でね、テーブルの下でイチャイチャするのよ♡


はい!ごめんなさいっ!(笑)

2019/01/18 (Fri) 20:20 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/19 (Sat) 00:12 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

花様、こんばんは~!!

あっはは!今日も驚いたっ(笑)
いいよね?合コン♡

テーブルの上では平気な顔してお喋りしてるけど、その下では妖しげな指が動くのよ・・・♡
やんっ!ダメダメ・・・そんなの想像したら昔を思い出すじゃんっ!(笑)

いや、してないけどさ。

胸キュンかぁ・・・娘、イケメンの男を捕まえてくれないかな(どんな母親だ💦)

2019/01/19 (Sat) 00:42 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/19 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは!

あっはは!少しは這い上がれそうですか?
余りにも暗いからねぇ・・・しかも暫く続くから、この短編とValentineは頑張ろうかなって思っています。

そうなのよ・・・今でも合コンって有るの?ってのが疑問。
会社でもそんな話、聞かなかったし、もしかしたら・・・死語?

どうしようーって思いながら書いちゃいました。
まぁ、どうせ昭和の女だからね(笑)読んでる人にもきっと合コンぐらいは意味わかるだろうと。


机の下でね💦
いや!そんな狭い所じゃダメでしょ!ここはやっぱり・・・ねぇ?


で、炬燵・・・ぶははははは!炬燵っ!!
言いましたね、そう言えば!

1回本気で考えたのよ。でも難しかったんですよね・・・。
どうしよう・・・2月でもいいかな。考えてみようかな・・・でも、確かにドン引きされそう(爆)


兄はあれから全然釣りに出てないみたいです。
いつになったらヒラメがうちに来るのかしら・・・全く口だけの男ですからね。

信用してません。はい!!

2019/01/19 (Sat) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply