FC2ブログ

plumeria

plumeria

<宮崎・side五十嵐浩司>

瀧野瀬の爺さんに急に呼び出されて屋敷に向かえば恐ろしい顔で俺を睨み付け、皺だらけの手をテーブルに叩き付けた。その拍子に湯呑みが倒れそうになり、慌ててそれを手に取るとひと口茶を飲み、また叩き付ける。

老い耄れた爺さんのする事か、と冷ややかな目で一連の動きを見ていた。


「おい!一体何をしとるのじゃ、つくしは!あんたは何故動かんのだ!早く連れ戻さんか!」
「どうされました?何をそんなに荒れておいでですか?」

「荒れもするわ!正月過ぎに連絡があってからもう3週間、何故つくしは帰って来ないのだ!」
「花沢の方から連絡があるのを待ってるんですが確かに何も言ってきませんね。新年の行事などが重なって落ち着いてないのだと思いますし、何と言っても世界を相手にしてる企業ですからね、プライベートな時間が取れないんだと思いますが?」


こっちとしてはそこまで焦ってないだけのこと。

花沢が調べても慌てないように、ここ2年ばかりの帳簿整理なんかで俺も忙しいんだ。個人の資産までは手出し出来ないだろうけど何が起こるか判らない・・・隠せるものは隠さないと。

だからシンガポールと香港に個人口座を開設、そっちに資産を移したりで俺にも時間はなかったんだ。


「・・・今日、つくしが操作しておった取引の中で為替レートが急激に変化したものがあって莫大な損失が出たんじゃよ。それも数千万になる。あの子が居なくなってから資産が増えずに目減りしてばかりじゃ!」

「それは災難でしたね。つくしさんは特殊な能力をお持ちでしたから普通の人間が気付かないような通貨に手を出してますからねぇ・・・利益が莫大な時もあれば逆の場合も充分有り得る。だから毎日チェックして危険回避しないと恐ろしい事になりますからね」

「何を他人事のように言ってるんだ!下手をしたらお前さんの方にも影響があるかもしれんぞ?!」

「私はつくしさんほどではありませんが自分でもそこそこ確認出来ますから。それに私が裏で取引しているのは瀧野瀬会長、あなたですよ?」

「くそっ・・・!」


だが、確かにそろそろ動かないとな。
花沢類が何を調べているか知らないが余り時間を掛けると面倒かもしれない。

まぁ、俺としてはつくしと結婚できなくてもこの事で花沢の内部に入り込み、そこで面白可笑しく暮らすのもいい。どっちにしてもつくしともう1度接触して花沢を揺さぶるか・・・。
あの様子だとつくしのためになんでも動きそうだったしな。

花沢類がつくしを手放せば暫く大人しくした後宮崎で金儲け、手放さなければ脅して五十嵐も花沢の一部に入り込む。
俺にしてみたらどっちでも構わない。むしろあんな子供みたいな女と結婚せずに、花沢に恩を売ってもっといい女を手に入れても良さそうだ。


「それではもう1度東京に行って、直接つくしさんを説得してきましょう。少し手荒な言葉も使うかもしれませんが宜しいですか?」

「構わん!出来るだけ急いでくれ。引き摺ってでも連れて帰れ!」

「・・・ご自分の孫なのに乱暴なお人だ。それでは準備に入りますよ」
「頼んだぞ・・・!」


なんと強突く張りな爺さんだ。
少々つくしが可哀想に思えてくるな・・・ま、俺も人の事は言えないけど。




************************




今日は定時で仕事終了。
藤本からは「なんの仕事をしたんですか?」と嫌みを言われたが、そんなものは無視してさっさと牧野の待つ屋敷に帰った。

俺の車が戻ると玄関のドアが開いて牧野が出迎えてくれる。
今日は久しぶりに梅三郎に会いに行こうか?って声を掛けて、暗くなってるのに2人で犬舎に向かった。

もう牧野が来ないと思っていたのか、思い掛けず俺達が来たから桃太郎も菊次郎も喜んで尻尾を振り、小さな梅三郎は気が狂ったかのようなはしゃぎっぷり。
ほんの少しの時間しか取れないけど、犬舎から出したら牧野に3匹とも飛び付いていった。

・・・・・・いや、いいけどさ。
牧野には昼間にも会ってるだろうに。梅三郎はいいとして、その2匹の行動には疑問を感じるんだけど。


「ちょっとだけど梅三郎、大きくなったでしょ?」
「ホントだね。すっごく元気じゃん。ストレスないのかな」

「ふふ・・・私がお仕事いけなくなってお昼でも遊んであげられるからね。それでじゃない?」
「そっか」

「たまに桃太郎を枕にして寝てるの。この前なんか気持ち良くてホントに寝ちゃってね、菊次郎に舐められて目が覚めたの」
「・・・また舐められたの?」

明るく振る舞うけど何処か寂しそうな牧野の横顔・・・「もう寝ようね」って3匹を犬舎に戻し、俺達は屋敷内に入った。



今日は両親が取引先との会食だから2人だけ。
それでもやっぱり向かい合わせじゃなくて隣で・・・出来るだけ椅子もくっつけて加代に呆れられた。

そして隠す理由もないから西門の話を聞かせた。
これは五十嵐が正当な取引をしてるかどうかを確かめるためであって、牧野がしていた事が不正かどうかを調べているわけじゃないと前置きしておいた。
本当は瀧野瀬も含めておかしな動きをしていないかを調べるためだったけど、それを言うとまた落ち込むだろうし。

本当に不正が発覚した時には総てを話さないといけないけど・・・きっとその時も泣くんだろうと思うと胸が痛んだ。


「ふーん・・・営業責任者って言う人がそんなに代わってるの?」
「うん、その人達も転勤だったり退職だったりで、4人のうち1人しか東京に残ってないんだ。それもおかしくてさ」

「退職?そういう時って辞めなきゃいけないの?」
「そんな事ないよ。気になるのは2番目の佐々木って人の依願退職と3番目の川本って人の懲戒処分かな。それなりの役職の人が立て続けに辞めるなんて普通はないからね」


「・・・川本?・・・退職?」

「どうかした?」

「川本・・・何処かで聞いた名前なんだけど。何処だったっけ・・・あれ?」


フォークに刺した肉をパクンと口に入れた後も牧野は何かを考え込んでた。「川本」って名前に聞き覚えがあるらしいけど、それが何処でだったか忘れたと。
悩んでるのに手は止まらない、俺はそっちの方が可笑しくてワインを噴き出しそうになった。


「でも川本なんて珍しい名字じゃない。キュイジーヌに居たんじゃないの?」

「あれだけスタッフさんが居たから全員の名前は知らないの。話す人っていつも決まっていたから・・・でも、そんなんじゃないなぁ。なんで思い出せないんだろ・・・」

「でも男だよ?牧野、男の知り合いがいるの?」

「男・・・男性でしょ?ん~、気になるなぁ」
「俺の知らない人?そんな人居るの?ね、牧野、女性じゃないの?」

「ん~・・・」


牧野が東京に来てから出会った人物なんてそんなに居るわけじゃない。
それで思い出せないのなら宮崎じゃないの?って言えば「そうかも・・・」って、それでも食事が終るまで悩んでいた。

勿論完食・・・そして食後の珈琲飲んでる時、全然別の話に切り替わった。

「あっ!そう言えば西門さんってバイク便のお兄さんでしょ?その人に今度お茶習うんだって」
「誰が?」

「私に決まってるじゃん!着付けと和食マナーとお茶だって。加代さんが言ってた」
「許可してないけど?」

「許可?お勉強するのに許可が要るの?」
「家元ならいいけど総二郎でしょ?ダメに決まってるじゃん!」


凄く真面目な話をしていたのに今度は総二郎のことで軽い口喧嘩が始まった。
その騒ぎで加代がすっ飛んできて、やっぱり怒られたのは俺の方・・・「そんなに自分に自信がないんですかっ!!」


違うって!俺の自信じゃなくて総二郎に節操がないんだよっ!




15472690380.jpeg
FXをご存じの方、強制ロスカットなどの専門用語をご存じの方
そんな方もいらっしゃるでしょうが、これは妄想の二次小説ですので
小難しい部分は省いています。
ご理解くださいね♡
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/06 (Wed) 06:39 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

どんどん嫌な爺さんと浩司になってきましたね(笑)
まぁ、類君が頑張ってくれるからいいとして・・・でも、浩司君が仕掛けてきそう?な感じ。

このお話では1番面倒な部分になってきました。
(テーマパーク辺りの話に戻りたいぐらいだわ💦)

総ちゃん・・・ははは!実は総ちゃん、結構役に立ってくれるんですよ(笑)
↑でももしかしたら読者さんに怒られるかも💦

何が起きるか待っててくださいね~!

2019/02/06 (Wed) 10:33 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/06 (Wed) 21:44 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは!

そうそう!匂うって・・・まぁ、そうだよね💦匂うよね・・・でも当たりです♡
3ヶ月も前に書いたから自分でも名前を確かめに行ったよ(笑)

そっかぁ~!!
いや、それは懐かしいな!って言うのもあるんだけど、それ・・・うちの兄貴もやりました!(爆)
もう何年前かなぁ・・・結構若い時ね!

理由もほぼ一緒よ(笑)

なんだ、似てるんじゃないの!
そのうち2人で船に乗って魚釣ってるんじゃないでしょうねっ!


うんうん、元気にしてたらホッとします。
時々でいいから生存確認のために連絡くださいね(笑)

私も今年は変化の年・・・色々考える事があるので更新は期待しないでね💦
でも、ブログは消えないからいつでも遊びに来てください。

待ってま~す♡♡♡

2019/02/06 (Wed) 22:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/06 (Wed) 23:10 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんんちは。

そうなのよね~💦
その時は中がめっちゃ悪かったから「馬鹿じゃないの?」って思っても口には出さなかったけど。

うんうん、イカでもタコでも食べて(笑)
あっ!兄貴は椎茸とエビがダメなのよね💦だからエビは食料だと思ってないから。

玄関前に・・・悪いんだけど捌いて内臓出してからにしてくれる?


そこんとこ宜しく!!(爆)

2019/02/07 (Thu) 15:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply