FC2ブログ

plumeria

plumeria



〜ラッキープルメリア〜




一月の終わりにつくしは、行くあても決めずに一人旅に出る。
ここ何年か続いている習慣だ。



冷たい風が吹いた。
コートの襟を合わせようとした瞬間……フワリと優しく抱きしめられた気がして、後ろを振り返った。

「……あっ」

小さな呟きと共に、飛び込んできた鉢植えのプルメリアの花をつくしは、凝視した。つくしの小さな呟きが聞こえたからなのか? はたまた、あまりにもジッと凝視していたからなのか?


「寒いのに、珍しいですよね」


鉢植えの花を抱えた男性の隣に立つ女性が声をかけてきた。

「あっ 、はい
まさか、今の時季に見るなんて……」

つくしの言葉に、女性は隣に立つ男性をチラリと見ながら


「えぇ 私の好きな花で、夫がどうしても贈りたいと、私には内緒で娘に世話を頼んで預けていたみたいで、娘の所に受け取りに行った帰りなんですよ」


「娘さんがお世話を?」

「えぇ なんせ真夏の花を真冬に咲かせるんですからね。娘が去年の夏に渡された鉢植えを一年半がかりで世話してたんですって」


「暑い国の花ですもの……ね」


「そぉ、なんですよ! 真冬に真夏にしか出回らない花を贈りたいなんて……酔狂ですよね

去年はどうしても咲かなくて、主人と色々調べたみたいで、パパと凄く仲良しになっちゃったって、笑ってました」


「愛のこもった素敵なプレゼントですね」

微笑みと共に口にすれば、隣で鉢植えを抱えていた男性は、プルメリアの白い花と対比するかのように真っ赤に頬を染めながら鼻の頭をかいた。

その仕草が忘れた筈の懐かしい人を彷彿させて……ギュッと胸を締め上げた。

「……大丈夫?」

心配気な声と共にハンカチを手渡され、初めてつくしは自分が涙を流していた事に気がついた。
止めようと思うのに、後から後から涙が溢れ出していく。

次のバスが来るまで40分もあるというのに、乗るはずだったバスを見送って、二人はつくしが泣き止むのを待ってくれた。


大切な記念日なのにごめんなさいと謝るつくしに、二人は優しく微笑み、次のバスが来るまでお茶でもしようと誘った。
何か特別な事を話しているわけでもないのに、二人と話している内につくしの頑なに凝り固まっていた心がほぐれていった。


つくしは、心の奥深くに沈め、誰にも語らなかった思いをポツリ、ポツリと唇に乗せた。

二人は黙ってつくしの話しを聞いてくれた。

三本のバスを見送って四本目のバスに一緒に乗って、小鳥達が住む二人の家にお邪魔していた。

黄色い冠羽をもつ小鳥が一羽、つくしの右肩に止まり歌を唄うように話しをする。

小鳥の話しを聞きながらテーブルの上に置かれたプルメリアの花を眺めた。


「あっ ぷ、ぷ、プルさん」

「っん? つくしちゃん どうしたの?」

「こ、こ、これ ラッキープルメリアです」

「ラッキープルメリア?」

コクン、コクンとつくしは頷きながら、プルメリアの鉢植えを覗き込むプルさんに解るように花弁の数を数える。

「1、2、3、4、5、6
ねっ 6枚あるでしょ
これ、凄く珍しくて、幸せが訪れるって言われてるんです」

「うわっ うわっ 」

興奮しながら喜ぶその様を、プルさんの夫がスマホの動画に収めた。

一通りの興奮が過ぎ去ったあと、さっきの動画を娘とプルメリア師匠に送ってもいいかと聞かれ、つくしはコクンと頷いた。


「あっ 師匠って言えば、もう一つプレゼントがあったんだ」

そう言いながら一旦部屋から消えたと思ったら、鮮やかなブルーの瓶を持ちながら戻ってきた。


「これは、師匠からのプレゼントでね
奥様とお楽しみくださいって」

青い瓶には、銀色の彫刻で Formidable! の文字とプルメリアの花々が描かれていた。


ポンッと音がして、トクトクトクッとスパーリングワインがグラスに注がれる。

軽やかな笑い声と共に夜はふけていく。

その夜……出会ったばかりの二人の家につくしは泊まる事になった。


夜が白みはじめた頃、つくしはパチリと目が覚めた。
久しぶりに感じる清々しい目覚めだった。

ウーンと声を出し背を伸ばした丁度その時、ピンポーンと玄関チャイムの音がした。
スリッパでパタパタと廊下を歩く音の後に、ドアをカチャリと開ける音が聞こえる。と同時に、ドタンっと言う大きな音がして

「つ、つ、つくしちゃーーーん」

つくしを大声で呼ぶ声が家の中に轟いた。

スウェットの上にカーディガンを羽織り、トントントンッと階段を降りれば、プルメリアの香りが鼻腔に広がっていく。

プルさんがお尻を押さえながら、ご主人に抱えられているのが目に入る。玄関に差し込む朝陽が訪問者の顔を見え難くしている。

いや、つくしの涙で滲んだ瞳が目の前の相手の顔をぼやけさせている。


つくしの薄く開いた唇から

「類……どうして……ここにいるの?」

そんな言葉が零れれば


「っん? あんたに会いに」

まるで当たり前だと言わんばかりの笑顔で返事をした。

二人の止まった時間が動き出す。






なんでこの日、プル家に類が来たかって? 実は、プルメリアの師匠が類だったんだ。つくしの愛でた花をいつでも感じていたいと、冬でもプルメリア
プルさん夫が送った動画で、つくしを見て、いても立ってもいられなくってプル家にやって来たんだって。

正にラッキープルメリアだよね。




あの日から二年……新たに加わった小鳥のセブンちゃんも加わって、プル家は今朝も賑やかだ。

今朝はこれまた格別だ。
なんでかって? 結婚の報告につくしと類がプル家に遊びに来るからなんだってさ。


ピンポーン

ほらっ 二人が来たよ。



☆☆☆☆☆☆


15471698790.jpeg


3番目は「明日咲く花 」 asuhana様からのお話でした~!!
asuhana様、ありがとうございました~!

旦那に娘にセブンちゃん(笑)
このセブンちゃんはセキセイインコでして、うちの子供が段ボールに入れられて外に捨てられていたインコを、警察から引き取って我が家に連れて帰ったインコです。
新幹線で280円の乗車賃(笑)インコは安いですね!(本当は手数料だそうです)

拾われたのもラッキー、娘がそれを知ったのもラッキー、子供が帰省するまでの2ヶ月間、アパートの大家さんが許可してくれたのもラッキー!
そして我が家のインコ7羽目だと言ったらasuhana様が「ラッキーセブン」から「セブンちゃん」とつけてくれました。

元気よく・・・はい、毎朝五月蠅いほど鳴いております♡
誰に似てるんでしょうか、先輩インコを黙らせて鳴いております・・・ははは!


メッセージもいただいてますが明日の「後書き」にて紹介させていただきます♡

☆asuhana様にコメントいただけましたらplumeriaが責任もってご本人様にお届け致します。
公開でも非公開でもかまいません♡



asuhana様のお部屋にはこちらから飛べます♥





それでは第4話は18:00です。お楽しみに~!
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/30 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   
asu  
Ultraさま

シュワっちですねw

セブン繋がりで、プルメリア様には七周年目指して貰いましょう!

ねーーーーー💗

2019/01/30 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ultra様、こんばんは!

凄いお名前で驚きました(笑)父や母が来たらどうしよう・・・💦

ふふふ、可愛いお話しでしたねぇ♥
思わず旦那を追い出して、つくしちゃんじゃなく類を泊めたくなったけど💦

本日もセブンは元気!
若いみたいでめっちゃ飛びます。そしてとにかく鳴く!いつも鳴く!

オカメインコの声を押し退けて・・・ひたすら鳴く!!

プル家、めっちゃ賑やかです・・・ははは。


ってことでコメントはasuhana様に送っております。
今日はどうもありがとうございました♥

2019/01/30 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/31 (Thu) 21:26 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様 こんばんは!

褒めすぎ!褒めすぎ!恥ずかしいわっ!(笑)
いやいや、娘のインコ事件の時は本当に驚きました。

インコ捨てる?段ボール箱に入れて?

これには空様がめっちゃ怒って「なんならうちで飼うから送って!!」(爆)

いやいや、娘のアパートに居るんですけど?みたいな。
独り暮らしで寂しかったのかもしれません。2ヶ月間でしたが娘の帰宅後に相手をしてくれて助かりました。

あっ!そうそう、手乗りインコだったんです。なのに捨てられたんだ?って謎でしたけど。


これも縁ですものね。
今日も我が家で楽しそうに鳴いて飛んで食べて・・・もう寝てます(笑)

コメントはあす様に送っています。ちょっと待っててくださいね!
どうもありがとうございました。

2019/01/31 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   
asu  
まりぽんさま

まりぽんさん
うんうん! プルちゃんからの優しさお裾分け!
わかるわかる

プルちゃんに つんつん っ突くとね必ず返してくれるのw
って
えへへ

2019/01/31 (Thu) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply