FC2ブログ

plumeria

plumeria






「る~い~!何処に行ったの?る~い~!!」


……お城の中に類が居ない。

執務室にもリビングにもベッドルームにも書斎にも。
出水先生の所でお茶も飲んでないし、田村さんも知らないって言う。

門番さんはお城から出て行ってないって言うし……。
いつも遊ぶお庭にも、川にも池にも何処にも居ない。一体何処に行ったのかしら……?


「桃ちゃん、菊ちゃん。類を見てない?」

……わんわん!わんっ?!

「ねぇ、珀……類の行きそうな所って何処か知ってる?
私を置いて何処かに行くなんて今までなかったのに……くすん」


……わ、わんっ!わん……!!

「ハルも知らない?私には山に入るなっていつも言うんだから類が入るわけないし……」

わん……


暫く捜していたら庭師の猪木さんが南のお庭の方から戻って来た。
手にはロープとハサミにネット?一体何をしたのかしら?
それにリンゴを一つ…猪木さんのおやつかしら?


「猪木さーん!」
「……あっ、つくし様」

「すみませーん、類、見ませんでした?何処にも居なくて捜してるんですけど」
「国王様でしたら、この奥のお庭にいらっしゃいますよ」

「え?何してるの?
それに猪木さんも何してたの?」


「あぁ、これですか?これは……ははは!
国王様に頼まれて囲いを作ったんです。行かれたら判りますよ」


類に頼まれて囲い?何だろう?
うちのペットたちにはみんなお家があるし、蒼ちゃんやラスカルにはお家を作っちゃ帰れないもんね?

もしかして新しいお友達……?
ううん、だって類は「もうダメだからね?!」って毎回言ってるんだもん。
そんなはずはないよね……?


私は急いで珀達を連れて南のお庭に向かった。

そこで見たものは……数本の木を四角くネットで囲った場所。
そこにぼーっと立って木の上を見つめてる類を発見!!


「類ーっ、何してるのぉ?!」
「あっ、つくし……」

「なんでこんな囲いがあるの?ねぇ、何か居るの?どこどこ?」
「ん?えっとね、あそこにナマケモノが……」

「え?何処に類が?」
「いや、俺じゃなくてナマケモノ……」


類が指さしてくれた所をジッと見ると……木と同じような色した小さい動物がほんの数センチ動いたっ!
でもすぐに止まった……えっ?、あれがナマケモノ?

「ねぇ、類、あの子助けなきゃ落ちちゃうんじゃないの?
いつからここで飼ってたの?私、知らなかったよ?」


「ナマケモノはあれがライフスタイルだから落ちないよ。
この子はまだ子供みたいなんだけど、実はいつからここに居たのかも知らないんだよね。
この近くのベンチが俺の秘密の昼寝場所だったから偶然発見しただけ」



「類がナマケてた時にナマケモノに出会ったの?」
「……そうとも言う」



……そう、あの子を見付けたのは十日ほど前、お昼寝には最高の季節になって来た頃だった。
寒くも無く、暑くも無く、木漏れ日が程好く暖かくて時折吹く風は、緑色だ。

何時もの休憩時間、執務室から抜け出して、このベンチでまったりタイムを満喫中に、
何かの気配を感じた。感じはしたが、その時は何か判らずその場を後にした。
その後は、時折感じる気配に休憩するのも忘れて、それを追う事に夢中になった。


……居た…、凄い気持ち良さそう…


…?…子供……かな?親はどうしたんだろう?
独り立ちしたばっかりとか?
………にしても……動かない…………………。
半分寝て、半分起きて、ちょっぴり動いて、また、寝てる……。

色々調べてみたら、どうやら定住型らしい事が判った。地上型の捕食者は居ないけど、鷲じゃないけど蒼穹達も来るしちょっかい出されたら可哀想だし。


何より、ちょっぴり俺に似て気がする♪
実に羨ましいライフスタイルだ。



「独り立ちして間もないみたいだし、もう少し大人になるまで、見守ってやろうと思ってさ」
「大人になったら、何処かに行っちゃうの?」

「それは、どうだろう?ナマケモノって定住型らしいから…」
「そうなのっ♪じゃあ、ここがこの子のお家になるのねっ♪♪」

「そうなるかな?」
「うん、そうなると良いわね」

「ねぇ、類 見て♪ナマケモノって笑顔なのね」
「ん?……あぁ、そうだね」


動物だし笑うなんて事はある筈が無いのに、
そんな風に見る事が出来る愛しの妻が、
俺は大好きだ。


「あんな風に、ずぅーーーっと笑ってくれてると良いわね」
「ん……そうだね」

「あっ!じゃあ、お名前考えないとっ!男の子かな?女の子かな?」
「出水先生にみて貰おうか?」


「そうねっ!」



つくしと二人……いや…SP達も引き連れて診療所に行こうと戻り始めた所で、偶然にも出水先生と出くわした。


「あら、類くん つくしちゃん!
相変わらず仲がいいわね、二人でお散歩?」
「あっ、出水先生!ちょうど先生の所に行こうとしてたんですよ~♪
先生は……凪紗ちゃんですか?」


「ええ、そろそろお腹が空く頃かと思って……誰か具合が悪いの?」

「いえ、類のナマケモノなんですけど」
「えっ?怠け者の類くん?それは私には治せないわよ?」

「………違うから」
「あの、そうじゃなくて……」


俺って日頃そんなに怠けてる?
つくしのために毎日頑張ってると思うんだけど……会議とか会議とか防衛会議とか!

そんな事を考えてる間につくしがナマケモノの説明をしてた。

ほんと俺の奥さんって何にでも一生懸命で可愛い♪


話しながらまた来た道を戻って、ナマケモノの囲いの前まで来た。



「ほらほら、出水先生!あそこっ!
ふふっ。さっきと全く同じ所にいる!!
ほんとに動かないんだ~」

「ナマケモノが動かないのにはちゃんと訳があるのよ?
でもこうしてのんびりしてる姿を見てると癒されるわよね」

「あのさ……ナマケモノが増えてるんだけど……?」
「へっ?」

「ほら…あそこ……」
「元々二匹いたのではなくて?」

「……いなかったと思う。少なくとも俺は見たことない」
「ちょっと中に入ってみるわね」


そう言って出水先生は囲いの中に入って、元々いたナマケモノに近付いて行く。
つくしはそんな出水先生を見ながらも、突然現れたもう一匹が気になるみたいでキョロキョロしてる。


うーん…?
あんな所に居たんなら気付かない訳ないんだけどな……。


「ねぇ…類?」
「ん?どしたの?」


過去を遡って思い出そうとしてたらつくしに声をかけられた。
つくしの視線はずっともう一匹を捉えてる。つられて俺も視線をそっちに向けた。


「あれっ?」

「あっ、類もそう思った?」
「うん」

「あっちの子はずっと変わらないよね?」
「だね?」

「こっちの子は活発なのかな?」
「でもさっき、のんびりしてるのには訳があるって言ってたよね?」


つくしとそうこう話してる間にも、もう一匹は少しずつ移動して出水先生に近付いてく。


「類くん、つくしちゃーん!
この子、女の子みたい!推定年齢2、3才ってところかしら♪」

「「あっ…」」

「??
二人ともどうかした?」

「先生…凪ちゃんが……」
「えっ?凪紗…?」


出水先生に近づいたナマケモノの耳がピン!
そのうち尻尾がふさっ……そしてポワンと姿が変わって子狐の凪紗が現れた!

「あらあら!凪ちゃんったらこんな所で遊んでたの?
なぁに?今度は他の動物に化けようとしてたの?」

凪紗は出水先生の足元にスリスリして餌のお強請り?
そして先生からゲンコツコロッケをもらっていた。

先生……そんなもの食べさせていいの?……とは言えなかったけど。


「ねぇ、出水先生。どうしてナマケモノはのんびりしてるの?
類だってたまには走るのに」

「……そこ比べるところじゃないよね?つくし」

「あぁ、それはね……」


出水先生の説明によると、ナマケモノはすっごく代謝が低い動物だとか。
だから外気に合わせて体温を変化させるって言う哺乳類にしては珍しい変温動物。
しかも一時間によくて16メートルしか移動できないほどゆったりした行動で代謝を抑えるらしい。


「だからね、急いで移動するだけでエネルギーを使いすぎで死んじゃうの。
ご飯もすっごく時間掛けて消化させてるから沢山あげちゃダメなのよ?」

「へぇ!そうなんだぁ……」
「運動できないのは困るな……」

「どうして?類、そんなに運動してる?いつしてるの?
類がそんなに激しく動くところってあんまり見た事ないよ?」


「…………」


…………先生の前で言うの?
恥ずかしいの、あんたじゃないの?まぁ……言わないけどさ。


「いつ?何処で?」と繰り返すつくし。
「今日、動いてあげようか?」って返す俺。

それをのんびり笑顔で見下ろしてるナマケモノ。
ケラケラ笑う出水先生の横では、尻尾を生やした「つくし」がゲンコツコロッケを頬張っていた。


そして、このナマケモノの女の子は多分ここで暮らすだろうって事で仲間になった。
名前は類花(るいか)……俺に似てるからってつくしが付けたんだけど。


やっぱりつくしのネーミングセンスってどうなの?




おしまい♪



15613007170.jpeg
皆様、こんにちは~!

今日は類君でナマケモノでしたぁ!
12月5日に初めてライントークで登場したこの子ですが、実際に動き始めたのは3月(笑)
もうそれまでに動物が出過ぎてて💦

そしてこの子はつくしちゃんじゃなくて初めて類君お気に入りのペットなのです♡
勿論、似てるから!

でもね~、調べたらナマケモノって本当に不思議な動物だったんです。


体長は60センチ前後で、体重は4~9kg。 歯は生涯伸び続け、首は270度も回せる。
1日に15~20時間も眠る。
生涯のほとんどを樹にぶら下がって過ごし、地上に降りるのは週に1回程度で、排便や排尿を行うとき。

移動は1時間に16mほどしか移動することができない。
(あまりにも移動速度が遅すぎて天敵に見つかりにくいらしいです)
1日に8gほどの植物を摂取(代謝の低さが影響)
現生哺乳類では珍しい変温動物。

餌を食べ過ぎると逆に死んじゃう(消化不良により次の食事が出来ないから)
ワシやハゲタカに捕まったらアウト( 速く動くことは不可能だから見つかったら最後)
代謝が低すぎるナマケモノは、運動しすぎると体のエネルギー量が足りず、命を落とす・・・

う~ん、まだまだ知らないことが多いなぁ、と感じた動物でした。



それでは本日のお遊びコーナー!!

15613004060.jpeg

あっはは!ナマケモノ類💦似てるのは行動であって顔じゃないんだけどなぁ💦


そして本日はもう1枚!

もうお判りでしょうがこのナマケモノのお名前はお友達から拝借♡
その作家様が偶然、昨日コメント下さったんです!

る「花沢城、総ちゃんで黒豹とか出ないの?」


P「ねぇねぇ、明日自分の名前が使われるとも知らないで、今度は黒豹とか言ってきたわよ?」
S「命がけじゃん!!」
P「あっはは!」
S「猛獣は・・・無理じゃないかい?総ちゃん、腕が無くなっちゃうよ?」
P「G様が泣くよね💦」

・・・って事で!!

**花沢城・飼えないシリーズ!!**

15613673710.jpeg

食べたい親友って誰?!!💦マジで怖いんですけどっ!!


出来ましたら動物のリクエストは猛獣以外でお願いします💦


それでは来週の火曜日にお会いしましょう~♡
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/25 (Tue) 15:34 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/25 (Tue) 15:47 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/25 (Tue) 16:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

るいか様、こんばんは!

あはは!昨日すぐにラインで会議をした結果、「無理だよね💦」ってなったのよ。
それならって事で黒豹で遊んでみました。

ライオン、熊・・・これも無理だよねってなってるの。
って言うか、判断の基準がG様が書けるかどうか、なのよ!

毎度「あんた達、苦手な物はないの?!」って怒られてるから(笑)


それと・・・うん、確かに動物記だけど、たまにおかしな話があるから気を付けて読んであげてね?
間違っても特別編を読んじゃダメよ?(笑)

ではでは、またねぇ~♡

2019/06/25 (Tue) 19:25 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: ご希望通り❤

りおりお様、こんばんは!

・・・・・・・・・・・・💦

毎度ありがとうございまーす💦
(どうしたらいいのか困惑中)

えーと、えーと・・・・・・・・・また連絡しまーす!!(爆)

前のヤツも止まってるので少しまってて下さいね💦
申し訳ございません!!

2019/06/25 (Tue) 19:30 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 こんにちは。

あっはは!そうですね~!
な~んにも出来ないですねぇ💦

それは困るだろうから、多分、睡眠時間が多いという生活スタイルがお気に入りなんだと思います♡
それ以外は通常の類君で(笑)

睡眠たっぷりで元気よくなるんじゃないでしょうか?

2019/06/25 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/26 (Wed) 14:59 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生獣様、こんばんは!

今回の名前は素敵!!感動しました!

この前、ローソンでゲンコツコロッケ買って食べたんだけど、凄くでっかくてお腹いっぱいになりました。
凪ちゃん、これいつも食べてんの?って思ったら胃もたれしそうだった(笑)

あっはは!格好良かったでしょ?

S様がね、ラインで書いてきたのよ


*黒豹が総ちゃんに向かって威嚇、総ちゃん指を差し出す・・・

ガブッ!!

「ほら、痛くない・・・怖がってただけなんだよね?」(ナウシカ風)

*総ちゃん、腕がない・・・。


G様が居ないときに2人で盛り上がりました(笑)


で、あの画像は「もののけ姫風」なんです。判りました?
山犬がアシタカを食べようとしたときの台詞です(笑)

2019/06/26 (Wed) 21:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply