FC2ブログ

plumeria

plumeria





「類ーっ!薔薇のお庭に行かなーい?
すっごく綺麗に咲いてるんだよー!」


執務室でメールの確認をしていたら窓の外から聞こえてくる元気な声。
ひょいっと覗いたら今日も四匹従えてニコニコ顔のつくしがこっちに向かって手を振ってる。


「あのね、あのね、ジャガイモも出来てるし、トマトももう赤くなってるのがあるの!
さえやんどうも今年は沢山出来てるんだよ!」

「くすっ、それを採るの?」

「うん!一緒に行こう?」
「待ってて、すぐに降りるから」

俺の勤務時間なんて考えてないでしょ?って思うけど、何故か田村も何処かに行ってるから急いでパソコンを閉じた。

よく見たら桃と菊は籠なんて咥えてる。
それに沢山野菜を採って持って帰る気?
うちのSP、本当によく手伝うよね……ってハルを見たらまた反対方向に向かってる。
それを珀が追いかけて連れ戻してた。

やれやれだよね……。


「あれ?類……あそこに居るの、田村さんじゃない?」
「ホントだ。どうしたんだろ?変な顔して」

「悩み事かしら……」
「動物が増えたから?」

「……うっ」
「冗談だよ。でも、本当に困ってるみたいだね。聞いてみようか」


俺達の向かってた薔薇の庭とつくしの野菜畑のすぐ横には森がある。
田村はその山道入り口で奥を覗き込むようにして眉を顰めてた。

そして今度は自分の頭や耳を触ったりして……何やってるんだろ。
俺の仕事の手伝いもしないで…って俺もサボってるけど。


「田村?どうかした?」
「はっ!!類様っ……!」

「どうかしたの?田村さん。頭でも痛いの?」
「い、いえ!つくし様、そのような事は……いや、もしかしたら目が悪いのかも」

「眼鏡掛けたら?」
「いや、視力の問題ではなく、幻覚が……」

「幻覚?それは大変じゃないの?出水先生に診てもらわなきゃ!」
「つくし……出水先生は獣医さんだよ?」

「田村さんだって大きな括りじゃ動物でしょ?」
「…………はい。一応、私、植物では無いようです…」

いやいや、普通獣医さんは動物の中でも「ペット・家畜のお医者さん」でしょ?
いくら何でもその中に田村を入れちゃ可哀想……って田村を見たら、どうもそれ所じゃ無いみたい。


「何か見たの?まさかうり坊が大きくなって乙事主になってた?」
「いえ、そのような大きな物ではなくて小さな私がここに立っておりまして……」

「小さな田村さん?お孫さん?」
「いえ、私は独身ですので。では無くて、小さな私が居たのですが、耳が……こう、ピーンと長くて髭が3本ピーンと……」



「「…………」」

「つくし。田村を専門医に診せた方が良いのかも」
「そ、そうね。疲れが酷いのかもしれないし」

「……そうなのでしょうか。私、驚いて驚いて……小さな私がここに……」
「田村、もういいから」



でもその数日後、田村が言ってる事が俺にも起きた。

今日も野菜畑で作業中だと聞いたつくしの所に行こうかと歩いてたら……。


「………あれ?」
「…………」

「…………えっ?!俺?」
「…………」


俺の目の前に小さい「俺」が……居た。

凄く似てる……あれ?ちょっと違う……
………いや、似てる……誰?

…………俺?……いや、俺 ここいるし……
あんなにちっちゃくないしっ!!

わんわんっ!わんわんっ!


桃達の鳴き声に驚いたらしい「俺」は、
いや、俺じゃないけど……慌てて畑の反対側の茂みの中へ消えて行った。


「類っ♪お手伝いに来てくれたの?」
「…………」

「ねぇ、類ってば!」
「……ぁ…ごめん。……あのさ…」

「どうしたの?何かあった?」
「………俺が居た……」

「は?此処に居るけど?」
「……いや、あっちに俺が……俺じゃないけど、俺が……」

「ちょ!ちょっとっ!!大丈夫?!!」
「い、い、出水せんせぇーーーーっ」



つくし……酷くない?出水先生は獣医師だよ。って何度も言ってるのに……
そして、「俺」の事は いくら説明しても信じてもらえず、豪快に笑い飛ばされた。



そんな事があった またまた数日後。

わんわんわんわんっ!!!
わわんっ!わんわんっ!!

きゃぁーーーーーっ!!

桃達のけたたましい哭き声と愛妻の絶叫に、
田村と二人 執務室の椅子を倒した。


「つ、つくしっ!!!」
「つくし様っ!!!」


階下を見れば、収穫したばかりの籠一杯の野菜をばら蒔いて、畑の向こう側を指差している。
桃と菊はつくしの両脇に、珀とハルは今にも飛び出しそうな勢いだ。


「ど、どうしたのっ!!つくしっ!!!」
「あ、あ、あ、あ、類っ!!」


「あたしが居たぁーーー!」


「類様!」
「………」

田村と顔を見合せ、頷き合った。


「つくしっ、そこ動かないで待っててっ」


田村とつくしに駆け寄り、まだ指差してる方向に目を凝らせば……


「……つくしが居る……」
「…つくし様……ですね……」

「あ、あ、あたし……よ…ね…?」


桃達は未だに緊張を解かず、臨戦態勢だ。


「つくし…実は………双子?」
「ち…違うよ…?」

「つくし…実は……生き別れた姉妹がいるとか?」
「ないってば!」

「ん…ごめん。知ってる。言ってみただけ…」


もうっ!なんてほっぺをぷくっと膨らませてるつくしの瞳は、いつも通り優しい瞳に戻ってる。


よかった♪
やっぱりあんたはこうでないと♪♪


その姿に安心して、漸く視線をもう一人のつくしに戻した。


隣には本物のつくし。
今は興味津々って感じでもう一人のつくしをじっと見つめてる。

片や畑の向こうではつくしに瓜二つのつくしが真っ直ぐに俺たちを捉えてる。


「あちらのつくし様は小さくはないのですね………」


言われてみれば確かにそうだった。
田村と俺が見たのは小さな自分。けれどもつくしは等身大。
何か意味があるのかな?


「あっ………もしかしてこれって……ドッペルゲンガー?」
「えっ?」「はっ?」

「どうしよう類。自分のドッペルゲンガーを見るって縁起悪いんだよ?
類も田村さんも見てるんだよね?
もしかしていわく付きの何かがあるのかも?!」

「ちょっ、何言ってるの?そんな訳ないじゃん!いいから落ち着いて、大丈夫だから」

そう言ってみたけど、この場を収める方法なんて浮かびやしない。

参ったな……どうしよう……。


『凪紗~~?凪ちゃーん?
どこにいるの~~?出ておいでーー!』


「この声……出水先生?」
「もしかしてこの子が出水先生の探してる凪ちゃんなのかも?」

「だよね?」
「せんせ~~い!ここでーす!!」


つくしがそう叫ぶと一分もしないうちに、出水先生は山の麓から姿を現した。


「あら、お揃いでどうなさったんですか?
………あら!あらあらあら……!!」


俺とつくしと田村を見てそう尋ねた先生は『もう一人のつくし』を見て驚いてる。


……なんかおかしくない?
探してた……凪ちゃんなんだよね?


「凪ちゃん!あなた凄いわ♪
今日は上出来じゃない♪♪」
「………上出来?何が?」


思わず突っ込んだ俺に先生はふっと笑い、ミニトートに手を突っ込むとある物を取り出した。


「「………あっ」」

わんわん!!
わわーん!


つくしと田村が同時に声をあげるから、その視線の先を追った。


「あっ……」

「………耳…」
「……尻尾もございます…」


もう一人のつくしの頭にはピコンピコンと動く耳が出てきてて、体の後ろからはふっさふさの尻尾が見え隠れしてた……。

出水先生は慣れた様子で『凪ちゃん』に油揚げをあげると、にっこり笑って言った。

「さぁ、お城に戻りましょうか♪♪」
「「「………」」」

わん♪




その後、出水先生から聞いた話によると…。

山の麓で親とはぐれた子ぎつねを見つけたらしく、可哀相に思った先生は子ぎつねに『凪紗』と名前をつけて、こうして時々油揚げを持って麓に来てはこっそり餌付けをしていたらしい。

次第に山から離れる事が増えてきた『凪ちゃん』は、花沢城の人間に化けて先生に油揚げを貰いに来たりもしてたとかなんとか………。


こうしていわく付きのドッペルゲンガー説は自然と消滅した。


それ以降。
つくしは…といえば……畑に行く度に凪ちゃんを探してる。


「凪ちゃ~~ん、出ておいで~~♪♪
一緒に遊ぼーーっ?」


わんわん♪♪


くすっ。
ほらっ、今日も、ね!



おしまい



15586798550.jpeg
皆様、こんにちは~♡

本日は類君でキツネさんです!!
あっはは!またまた先週に続いてお友達のお名前拝借💦ごめんなさいね~!
花沢城に住んでるってことでお許しいただきたいと思います♡

これはねぇ~1番始めに話が出たのは12月💦(半年前かいっ!!)
化けギツネで類を誘惑してつくしちゃんを困らせようかなぁ、なんて私は考えていたんですが、
Sさまが「やっぱり化けるの練習中の子ギツネだよねっ!」って言われて、それも可愛いなぁ!と。

でも子ギツネだから失敗だらけ(笑)
しかも短時間しか化けられないからすぐに尻尾が出てくる(笑)


まぁ、なんでもありですよ!それが花沢城です♡
これからも度々出てくる子ギツネ凪ちゃん♡どうぞ宜しくです!




15586798390.jpeg

笑ってるみたいに見えるキツネさん♡可愛いでしょ?



そしてそして!本日もお知らせでございます!!
もう1人の花沢城メンバー様が(笑)再びお話しを投げ込まれましたーっ!!
(それこそ、もう1人居る事件!ですよね💦)


温泉と聞いたら身体がウズウズしたみたいです・・・いやいや、ホントにねぇ💦

まさかの2週連続にGPSも大慌て💦
「Rさま襲撃事件」みたいな感じで「また来たぞーーっ!!」とラインが始まりました(笑)

それでは公開日時のお知らせです。


★公開日時  5月29日(水)
★公開時間  15:00 (珍しく1話♡)



それではまた明日もお会いしましょう!!
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/28 (Tue) 15:13 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

えっ!(笑)
それは考えてないかもしれませんねぇ💦
動物だけで手一杯です💦

それに妊婦さんだと何かと書くのが大変ですものね~(笑)

うふふ、だんだん予想できないものが増えてくると思います♡楽しみにしてて下さいねっ!

ただ、書けないものも多いんですよね・・・。
流石に虎とかクマとか蛇とかはねぇ・・・つくしちゃんでも友達になれそうにないのも結構居るんですよ💦

無難な動物になりますが、まだまだ続きますよ~!

2019/05/28 (Tue) 17:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply