FC2ブログ

plumeria

plumeria

「あっ、あの!」
「・・・素敵な女性への挨拶ですよ。深い意味はありません」

凄く自然に手を取られてキスされたから驚いて、動くことも出来なかった。でもまだアルフレッドさんに手を持たれている状態なのに、類に後ろから引っ張られて危うく転けそうに・・・!
勿論、類が両手で抱き留めてくれたから転けなかったけど、チラッとみた時の彼の表情が凄く怖いっ!

ブリザード級の冷たい視線をアルフレッドさんに向けて、私を抱いてる指先が痛かった。


「・・・失礼、アルフレッド。日本ではこう言う風習がないのは知ってるでしょ?妻も驚いてるし、次からしないでもらえる?」

「そんなに怖い顔をするような事じゃないでしょう?あぁ、花沢物産はフランスが中心だから手にキスしないんだっけ?イギリスじゃ普通だけどね」

「ここは日本だって言ったよね?間違っても頬にキスしたら許さないよ?」
「る・・・類、私は大丈夫だから、もう怒らないで?」

「・・・・・・判った」

私を守るように掴まえていた手は解かれて、私もホッとして類の腕を取った。キスされた手・・・そこを類が睨むから思わず左手で隠しちゃった。


この騒ぎで少し周りもザワついてる。
さっきは道明寺だったのに今度は花沢か?って感じで興味津々で見てる人もいれば、少し笑ってる人もいる。私のせいで類に不利な事が起きたり、花沢のイメージを下げたりすることは出来ない。
どうしようかとオロオロしたけど、類はお構いなしにまだアルフレッドさんの事を睨んでいた。

振り向いたら少し離れた所に居る西門さん達が手招きしてくれてる。
兎に角2人を引き離さなくちゃ・・・そう思ったから「向こうに行こう?」って声をかけて動こうとしたのに、それを引き止めるかのようにアルフレッドさんが言葉を出した。


「つくしさん」
「はっ?はい!私ですか?」

類じゃなくて私?
せっかく彼から視線を外した類だったのに、また道明寺さんみたいな目で彼を見た。


「なんでしょう?向こうに友人がいますから行きたいんですけど・・・」
「くすっ、難しい話なんかしませんよ。もし良かったらエバンスで働きませんか?」


「・・・・・・はい?」


今、なんて言ったのかしら。
私の耳がおかしくなければ「エバンスで働きませんか?」・・・そう聞こえたんだけど。

類も私も固まった。
ついでにアルフレッドさんの言葉が聞こえた人達からは響めきが上がり、西門さん達の方が私達の所まで来てくれた。

「どうした?つくしちゃん」なんて真顔で聞かれたけど返事が出来ない・・・類を見上げたらこれまでで1番怖い顔してて、宮崎の時みたいに怒鳴るのかと思って冷や汗が出た!


「今、なんて言った?聞き間違いかな・・・」
「奥様にエバンスで働きませんか、そう言ったんですよ。花沢類君」

「・・・馬鹿じゃないの?どうしてつくしがエバンスで働くのさ。彼女は花沢の海外事業部に所属してて、そこで頑張ってるんだ。花沢の為に働くに決まってるでしょ?」

「別に花沢物産を取り込もうなんて思っていませんよ?優秀な人材をヘッドハンティングしてるだけです。光栄なことだと思われたらいいんですよ」

「見て判らない?妻は妊娠中・・・子供が産まれたら今度は家を守ってもらう予定だから」

「ふぅん・・・君はこんなに有能な奥さんを家に閉じ込めてしまうんですか?可哀想に・・・」


家に閉じ込める、その言葉は私達には禁句なのに・・・!
宮崎の実家と同じ括りにされた気分になった類はここで完全にキレた!




*********************




つくしを家に閉じ込める・・・?この俺が?

その言葉を聞いた時、あの爺さん達と俺を仲間呼ばわりされた気分になってプチン!と何かがキレた。

冗談じゃない!!俺はつくしの自由を尊重してるし、俺が傍に居るんなら何処にだって連れて行く。
可能な限り好きな事はさせるし、意見だって聞く。嫌がる事はさせないし、挑戦したい事があるなら協力する。

それなのに・・・こいつっ!可哀想ってなんだ!!


「・・・あんたさ・・・」
「類っ!!お腹空いたっ!!」


気が付いたら右手が拳を作ってて、それをアルフレッドに向けて飛びかかろうとした俺を、正面から両手で胸を押さえて止めたつくし!
でも、その時の言葉が・・・「お腹空いた?」

その顔は真剣そのもので目には少し涙が溜まってる。
そして誰にも判らないぐらい小さく顔を横に振って「ダメだよ!」って言ってる・・・それを見た瞬間、気持ちは一気に冷めた。

いや、冷めてはなかったけど冷静になる事が出来た。


俺は花沢物産の代表としてここに居る。
個人的感情で騒ぎを起こしちゃいけない。司の時には判っていたのに、自分も同じ事をしようとしたのには我ながら驚いた。拳を解いた俺を見てつくしはホッとしたのかニコッと笑った。
少し離れた所からは江本が鬼のような顔して睨んでいたけど・・・。

後ろから俺の肩を叩いたのは総二郎とあきら。指で奥を示されて「行こうぜ!」のサインを出され、ここは挑発に乗る方が不味いと判断して、つくしを連れてアルフレッドの前から去った。


「すげぇな、あいつ。流石司の母ちゃんに喧嘩売るだけのことはあるわ」
「・・・それも凄いけど、類に喧嘩売るのもある意味命知らずだよな。こいつ、見かけと違って怒らせたら凄いから」

「そ、そうなの?類って怒るとどうなるの?」

「完全にキレたら黙るんだ。で、暫く無視される。その後冷たい言葉の攻撃が1年ぐらい続くんだよ・・・」
「そうそう、すげぇ冷たーい笑顔するんだぜ?笑ってんのに人をビビらせるのって類と司だよな」


なに余計な事をつくしに教えてるんだか!

お腹空いたって叫んでしまったから・・・いや、本当に空いてるのかもしれないけど、つくしは総二郎達に囲まれて皿に乗せた料理を頬張っていた。
俺の横に来たのは司で「お前、人の事言えねぇな!」って笑ってるし。


「類、気をつけろよ?あの男、何するか判んねぇらしい。あいつに関する情報がイマイチねぇんだよな」
「・・・これだけ大きな会社の親族で俺達が知らないってどういう事?どう見ても歳だって大差ないだろ?」

「西田の調べではこの2~3年でエバンスの表舞台に現れた事しか判んねぇ。そしてその2年の間に大手企業と呼ばれる所に手を出して、すげぇ数の買収に成功してんだとよ」

「・・・俺達、そこと同じだと思われた?」
「はっ!バカにしやがって・・・まぁ、花沢が負けるとは思わねぇよ。けど、お前んとこの親父さん、うちのババァに比べたら緩いからな。お前が気をつけとくんだな」

・・・確かに。
一応会社では威厳ある社長に変身してるけど、中身はユルユルだからね・・・うちの父さん。

もう1度アルフレッドに視線を向けたら、彼はニヤリと笑ってこっちを見ていた。



「へぇ、ホストクラブってそんなに良い所なの?私、行った事ないんだけど」
「あら!1度行ってみるといいですわよ?花沢さんもイケメンですけど、違うタイプのイケメンもたまには経験してみたら宜しいのに!銀座にすっごいイケメンのホストっぽい2人組が居るらしくて、私も会いたくて捜してるんですのよ~」

・・・え?なんの話をしてるの?
三条とつくしが話してる内容が聞こえてきて、すぐ傍に居た総二郎と目があった!


「1人はエキゾチックな感じで色気たっぷりのベテランさん。もう1人はまだ見習いみたいな感じだったけど、ハーフっぽい人でね、その素人感がまた良いらしいの!その2人組を見たって奥様は目が離せなかったって言ってましたもの。どのぐらいの美貌か見てみたいですわ~!」

「ホントねぇ!私も見てみたいっ!でも、ベテランさんにはついて行けそうにないから見習いさんでいいや!」
「うふふ!私は絶対にベテランが良いですわ。恋は刺激が強い方が良いですもの!」


「颯太」と「瑠那」ならちゃんとあんた達のパートナーになってるけどね・・・って、クスッと笑ったら総二郎も同じく。
でも「見習い」ってなに?それにはムッとしたけど・・・。


パーティーが終わって会場を出る時もアルフレッドのことは完全無視。
目を合わせる事もなくホテルのロビーに向かったけど・・・やっぱり屋敷まで我慢出来なかった!


「つくし、右手洗わなきゃ!」
「はっ?いや、そんな・・・今?!」

「うん、今すぐ!じゃないと手も繋げない!」





1e2c95917f43c195dead4111cce9ebc9_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/05 (Sun) 07:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/05 (Sun) 13:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 こんにちは。

・・・・・・・・・オトナカッコイイルイクン・・・・・・・・・
それは私の1番苦手とする類君ですね?(笑)

私も好きなのはそんな類君なんですよね・・・どっちかって言うとツンデレ類君が好き♡

でも書くとねぇ・・どうしてもお茶目であわてんぼの類君になるんです。
何故かしら・・・おかしいなぁ。

私本人はどっちかと言うと根が暗くて室内型・・・もしかしたら自分にないものを求めてるのかもしれませんね(笑)

おおっ!そんな名前が出ましたか!!(爆)
楽しみにしていてください・・・ははは!(ちなみにKさんは好き♡)

2019/05/05 (Sun) 14:59 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは!

あっはは!妊婦だってば!そりゃいかんでしょう💦
しかも素人じゃあねぇ・・・(笑)

つくしちゃんがお腹大きいからこのお話では書けないんで💦ご理解くださいね!
(でも、読んだことはあるのよ・・どの作家様か忘れたけど。すごいなぁって思って・・・私には無理だけど)


それにしてもヤガーがお気に入りなのね💦そんなにインパクトがありました?(笑)
シロアスパラとどっちがインパクトあったんだろう?(爆)

で、ご希望により登場しますよ?でも、まだ先ね♡
もうちょい待っててくださいね!!

2019/05/05 (Sun) 15:07 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/05 (Sun) 18:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様・・・こんばんは。

ぶははははははははははははははははははははは!!!!

よ・く・ば・り・さ・ん♡

どちらか1つにしてくださいなっ♡
そしてどちらか1人にして下さいな♡

(そう言いながら想像してしまった私💦)


え~必殺技なんてないし・・・濃厚なエキスに痺れ効果有りとか?
苦すぎてクセになるとか?

どう考えても一突きには勝てないような気がする・・・ヤガー、恐るべしっ!!

2019/05/05 (Sun) 23:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply