FC2ブログ

plumeria

plumeria

次の日から私はまた以前のように化粧を濃くして「華」に成り切った。
短くした黒髪じゃ幼く見えるからくせ毛風にニュアンスパーマをかけて、春カラーのピンクアッシュにしてみた。洗いっぱなしでいいし、巻かなくてもいい・・・これは便利だって無理矢理納得した。

私に似合うかどうかなんて関係ない・・・「牧野つくし」に戻らないように鏡を見る度に「華」だと言い聞かせた。

またシンプルな服から少し大人っぽいのに変えて、ルージュの色はワインカラーにした。
アイメイクも春だからピンクとパープル系・・・付けるのを止めていたイミテーションのアクセサリーも引き出しから取り出した。
ネイルも新しく買った。少し濃いめのピンクでラメ入りのヤツ。

ハクが嫌そうにしてる気がする。
私に背中を向けて鳴きもしないから。「そんなの似合わないよ」って言ってるみたい。


「あんたの餌だって私が働かないと買えないでしょ?そんなに機嫌悪くしないでよ」
「・・・ピ」

「うわっ・・・インコのくせに分かり易いわね。いいのよ、春だからこのぐらい派手にしても」


今日も夕方になったら支度をして、窓の外に子供達の遊ぶ姿が見えてきた頃にハイヒールを履いて部屋を出ていく。
カンカンと音を立てて階段を降りるから、下の階のおばさんに最近また注意された。
「これだから最近の若い子は・・・」なんて言われたけど、わざと無愛想に頭を下げて通り過ぎるだけ・・・「華」はこんな子なのよ、と自分に言い聞かせてバス停までの道をブラブラ歩いていた。


「おはようございまーす、マスター」
「・・・おはよう、華ちゃん。今日も宜しくね」

「はいはーい!頑張って働きまーす!」
「華さん、何かあったの?最近ご機嫌だよね?」

真由美ちゃんが不思議そうに私の顔を覗き込んで、マスターは私の空元気を逆に悲しそうに見る・・・その目を見るのが辛いからすぐに視線を外して開店準備を始める日が続いた。


「いらっしゃーい!お久しぶりです。松本さん」
「華ちゃん、また元に戻ったの?あはは!ホステスっぽいよ?」

「そお?うふふ!後で一緒に歌いましょうね!」
「華さん、俺も俺も!ねぇ、その髪の色、可愛いね」

「ホント?私も気に入ってるの。春っぽいでしょ?」


テーマパークに行って置き去りにして以来、坂本さんは藍微塵に来ていない。
黙って消えてしまったから凄く怒ってるんだと思う・・・。常連さんを1人逃がしてしまってマスターには悪いと思うけど、私は気持ちが楽になっていた。

あの視線を感じなくて済む・・・返事を聞かれなくて済むし、嘘をつかなくていいもの。
今の「華」だったら「はい」って返事してしまいそうで怖かった。


そして花沢類も来なくなった。
私が「2度と来ないで」って言ったから・・・彼も私から去って行った。


幸せなキス1つだけ残して、あの人はあの人の世界に帰って行ったんだ。




*********************




夜桜を見に行ってから数日後、会わないと決めた牧野の事ばかり考えていた。
アパートに張り込ませた連中からは道明寺の気配は無いと言う・・・それでもいつあの場所を突き止めるかなんて判らない。牧野が無事に部屋に戻ったと聞くまでは不安で堪らなかった。

ただ、俺に張り付いていた奴等は居なくなった。
これまで移動する度に感じていた視線がなくなったのは司が帰国したと聞いてからだ。

それは何を意味するんだろう・・・パソコンの中のメール画面を漫然と眺めている時だった。


「専務!大変です、専務!」

執務室に入るなり怒鳴った藤本の焦った表情と声。それに驚いてメールを打っていた手を止めた。
藤本に続いて入ってきたのは常務と営業本部長、全員が険しい顔で俺の前に並んだ。

「どうかした?何があったんだ、藤本」

「どうしたもこうしたも・・・!」
「専務のくせにまだ何も知らんのか!うちと道明寺が中心となって行うはずだった協働ロボットの共同開発事業、このプロジェクトから花沢が外されたんだ!」

「外された?・・・どうして?」

藤本が言おうとしたのを常務が横から口を挟んだ。
営業本部長は常務の顔色を見て何も言わなかったが、イライラしながら口を真一文字に結んでる。藤本はその2人に場所を譲り、1歩後ろに下がった。

「どうしてかって言うのは私が聞きたい!今朝早くに川端産業から電話が入ったのだよ!」

「川端産業?あぁ、プロジェクトのメンバーに入っている部分メーカーの大手ですよね?そこが何と言ってきたんですか?」

「花沢が入るのなら道明寺以外のプロジェクト参加企業が全員この事業から手を引くというのだよ。その理由を尋ねると専務、あなたに聞けば判ると言って電話は切られたよ」
「専務、このような重要な事を電話で済まされてしまうだなんて一大事です!しかも道明寺が何か言ってくるのなら判るが、川端産業程度の企業からそのような連絡を受けるとは・・・!花沢には今までこのような事は起きませんでした。一体何故このような事態が起きたのです?何故専務に聞けと言われるのですか!」

真っ赤な顔して2人が殆ど同時に出す声。
すぐに何が始まったか判った。


司が動いた・・・道明寺からではなく他企業を脅したって事だ。


どういう言い方かは判らないけど、花沢と組むのなら道明寺を敵に回したと思え・・・どっちを取るかは話し合って決めろ、そんな所だろう。

その代表として電話してきたのが川端産業で、俺の事を理由にしたのも道明寺の指示。
詳しい事なんて説明しなくても、道明寺からの指示に逆らえない企業達は言われた通りに「原因は俺」ってことにして花沢にプロジェクトから外れるようにと電話した・・・そう言うことだ。


「少し落ち着いてください。私にも全然心当たりはありませんが」

「落ち着けだと?!事の重大さが判っておらんのかね、専務!!」
「このプロジェクトはフランスのお父上も特に気に掛けておられるものでしたよね?それを息子のあなたが原因で中止とは・・・!どのような事情でこうなったのか説明いただきたい!」

「だから言ってるでしょう、私にも判りません」

「このままだと花沢抜きで殆ど道明寺の独占事業として行われる。これを道明寺が抑え込むと今後この分野に入り込むことが難しいだろうな」
「我が社にしても注目されている市場から弾かれる屈辱もですが、見込んでいた数年分の利益が望めない・・・これを他で埋め合わせるのも大変な作業ですよ、専務」


急に戻って来た若い後継者に不満があっただろう2人は暫く俺の前で「責任問題だ」と捲し立てていた。
「実績もないのに偉そうに重要事業の責任者などになるから・・・」、如何にもそう言いたそうな常務が営業本部長を連れて出ていったのは20分後、ドアが閉まって足音が遠離ると藤本が目の前に戻って来た。


「実は専務、この事業だけではありません。まだ常務達はご存じないのかもしれませんが」

「これだけじゃない?他にもあるの?」

「はい。日本ではなくアメリカ支部から連絡がありまして、向こうで計画中の海底資源開発事業と人工知能搭載の最新型エコカーの開発、こちらも共同企業から一時見合わせの話が出ているそうです。こちらも道明寺ホールディングスが関与している事業ですが」

「・・・アメリカで」

「何かお心当たりがあるんですか?」

「いや、全然ない。でも道明寺に行きたい。藤本、道明寺のプロジェクト責任者と会えるようにアポ取っておいて」

「畏まりました」


これが牧野と俺が会った時に起こる事だったんだ。
個人攻撃じゃなくて企業自体を攻撃・・・俺が社内で不利になり、立場が危うくなるほど追い詰めるって訳?

そしてこれが始まり・・・司ならまだこれ以外にも仕掛けてくる筈だ。


でも、負ける訳にはいかない。
司や社に何を言われようと、牧野が苦しんでる事の方が辛いから。




05e92541e3cd79ec5e11843fb8112e57_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/06 (Sat) 02:31 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/06 (Sat) 08:03 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/06 (Sat) 08:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんにちは!

ははは💦類を攻撃していると言うより、私が司君を苛めてる感が否めない(笑)
毎回こんなんで申し訳ないです💦

もう少し上手く書けたらいいんでしょうけど、どうしても・・・ねぇ(笑)

うんうん、司君も優しいと言うことはちゃんと知ってるんですよ。
どうやって2人を許すのか・・・いやいや、許せるのか?

頑張れ!類君っ!!(笑)

2019/04/06 (Sat) 11:11 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは!

あははは!覚えててくれてありがとうございます(笑)
バージョンアップするかどうかは別ですが、あれで終わると可哀想ですよね💦

今頃何処かで拗ねてるとは思いますが(笑)そこまで出番はないかも・・・?
(もしかしたら類君は忘れてるかもしれませんけど・・・)


そして司君・・・この人もまだ引き摺ってるんでしょうねぇ。
つくしちゃんって・・・こうしてみるとホントに羨ましいですね(笑)

あっ!宝塚の花男の画像、見ました?
こう言っちゃなんですが・・・あきら君が美人でした(笑)いや、皆さん、綺麗ですけど・・・。

2019/04/06 (Sat) 11:21 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: おはようございます

まーこ様、こんにちは!

お久しぶりです~♥コメントありがとうございます!

あははは!そうですか?💦
皆さんに言われますねぇ💦ほんっとに申し訳ない・・・(笑)

でも・・・そうなってしまいませんか?(笑)こうしないとお話しが進まないと言うか、盛り上がらないと言うか(笑)
いや、そんな風に使うなよ!って事でしょうかね?

確かに少し酷かったかなって・・・反省してます。ははは・・・💦(ホントか?)

2019/04/06 (Sat) 11:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply