FC2ブログ

plumeria

plumeria






ある日の西門城。
城主総二郎が出張のために支度中、朝陽が部屋に飛び込んで来た。


「なんだ?どうした、朝陽」
「ソウチャン!アサヒ、コワイ!ピィ!!」

「怖い?何が?」

朝陽が何かに怯えてるから飛んで来た方を覗いてみたら……あぁ!あいつか!
あいつはいつも池に居たし、朝陽は遊びに行ってばっかりだから気が付かなかったんだな?


「朝陽、あいつはこの春から城に居たんだぞ?
お前の仲間で日和(ひより)ってんだ。仲良くしてやってくれよ」

「……ヒ、ヒョ……」

「日和だ。あいつはいつも水の近くに居るからな。で、魚を掬ってんだ。
俺が暫く居ないから遊んでやれ

「…………ピィ?」

「嘴が大きいからあんまり近づくと口の中に入れられるぞ?
まぁ、食われることはないだろうけど、池の中で動くもの見たら掬いたくなるみたいだから」

「アサヒ、バンガル!!」

「そりゃ頑張るだろ?ははっ!まぁ、いいや。
くれぐれも西門城から出ていかないように見といてくれよ?
あいつはまだ人の家に行くための練習してねぇからな」

「アサヒ、イイコ♪イッテラッシャイマセ!」

「追い出すのかよ……」


まぁ、出張と言っても3日で帰るし。
日和も大人しい子だし、蒼穹も疾風も朝陽も居るし大丈夫だろう。


事件が起こるなんて考えもせず、朝陽に見送られて城を出た。




***3日後の花沢城***




会議が終わって窓の外をボケーッと見ていたら……空を飛んでくる大きな鳥を発見。

……また来たんだ、静司郎。
それを見たら気分が悪くなって外を見るのをやめた。


まったく……うちを何だと思ってるんだろうね。
司の城にも池ぐらいあるだろうに何で週に何回もここまで来るの?
来たってつくしを呼ぶわけでもないし、他の動物と遊ぶ訳でもないのに。

まさかうちの用意した魚の方が旨いとか?
それともラスカルに洗って欲しいとか……確かに狙ったように2人(1匹と1羽)は何時も一緒に居るよね。


ブツブツ言いながら次の仕事の準備をしていたらドアをノックする音が聞こえた。
「どうぞ」と言えばひょい!と顔を出したのはつくしだ。

「どうしたの?何かあった?」
「ううん、急ぎじゃないんだけど……ハル、ここに来てる?」

「ハル?ううん、ここには来てないよ。
大体ハルが室内で遊ぶ訳ないじゃん。帰って来いって言っても帰らないのに」


「そうなのよね~……何処行ったのかしら」
「居ないの?」
「うん、何処にも居ないの。さっきまで金太郎と梅次郎と遊んでたのに」

「……そう言えばうちには猫も居たね」
「うん!実は恋人になってるからこの先増えるかも♥」

「えっ!!」


恋人って……あの捨て猫達が恋をしてたの?
捨てられたっていう悲劇を乗り越えて、いつの間にかHappyになってたの?!

この後つくしが嬉しそうに教えてくれた。
どうやら黒の金太郎と白のさつきのカップルと茶の梅次郎と白黒のめいのカップル。
最近は城の日当たりのいい場所で「いい感じ♥」だそうだ。

…………って事は時が来れば、この城の中に色んな色の猫がうじゃうじゃ居るの?


頭を抱え込んでいたら……バルコニーに朝陽が居た。


「アサヒ、イイコ♪…ヒョ…ヒ…ヒョ」
「…?……(今度は何を覚えて来たんだか)…」

「ヒョ…ヒヨリ、バンガル」
「ヒヨ……リ…?何それ?しかも、バンガルって…頑張るでしょ?」

「ソウチャン、イッテラッシャイ♪アサヒ、バンガル♪…ピィ」
「……はいはい、総二郎は出掛けてる訳ね?」

「アサヒ、イイコ♪ヒ…ヒョ…リ、イイコ♪」
「はいはい、イイコ♪ね、イイコ♪」

総二郎ん家の朝陽と会話?しながら会議資料を目を通し、田村に急かされてる決裁印を押す。

………だからさ…何でこんなに防衛費が跳ね上がる訳?しかも「対動物」だし、餌代もバカにならないし、
……弁当持参にさせるかな……う~ん…


外からは、ハルを探すつくしの声が聞こえて来る。


何処に行ったんだか……また、迷子かな?
鳳友の時にシコタマ叱られてからは、勝手に探検したりしてないしな……?
いや、好奇心はつくしに負けてないよね…


「朝陽、ハル見てない?」
「ピィ?!」

「アサヒ、イイコ♪ソウチャン、イッテラッシャイッ!」
「総二郎じゃなくてさ、ハルだよ…」

「ヒョ…ヒヨ…リ、イイコ♪」
「……ねぇ、ヒヨリって何?」

「ピィッ!」


その時、『あらぁ、ペリカンさん♪』って、つくしの声で全身がゾワゾワとした。

…………ペリ……カン…?……

バルコニーに居る朝陽に顔を向けると、その同じ速度で視線を外す。


「朝陽っ!ヒヨリってペリカンの名前?」
「ピィッ!」

「朝陽っ!総二郎に言いつけるよ!」
「アサヒ、イイコ♪ヒヨ…リ、イイ…コ?」

朝陽じゃ埒が明かない。
バルコニーから階下を見れば、静司郎の定位置にペリカンッ!!!!

飛び上がろうとしてるのか、頻りに羽をばたつかせている。

……にしても……下嘴の袋が異様に膨れてないか?


「あぁーーーーっ!」


もしかして、ハル 喰われたんじゃないのっ!!!


「つ、つ、つくしっ!!そこ動かないでっ!今 行くからっ」
「えっ!何?」

どうしたの?とか、何か用?とか言ってたけど、それ処じゃないっ!
兎に角、確かめないとだっ!!

早くしないと、ハルが連れて行かれるっ!
いやっ、その前に窒息するっ!!

慌てて部屋を飛び出したら後ろからバサッバサッと朝陽までついてきた。


「朝陽、ヒヨリってほんとにいい子なの?」
「ピィッ?アサヒ、イイコ♪ヒヨ…リ、イイ…コ??」


うん…聞いた俺がバカだったよ……
ともかく急がなきゃ!!



池まで来るとさっきとは少し離れた場所につくしとSP達がいて、その前にはペリカンがいた。


よかった…
間に合った……!


「あっ、類~♪
ペリカンさんって嘴が綺麗なのね~♪♪
そんなに慌ててどうしちゃったのー?」



なんでそんなに呑気なのさ?
ハルが喰われてるかもしれないのに!


「つくし…ハルは?!
ハルはみつかったの?!」

「うん?ハル?
それがねー、どこを探してもみつからないのよ…。一人でどこに行ったのかしらね?」



「ねぇ、つくし…。あのペリカンの下嘴の袋…膨れてると思わない?もしかして…ハル、あそこにいるじゃないの?」

「えっ?!
確かに…だいぶ膨れてるね……。
呼んだら返事するかしら??
ハールー!そこにいるのー?返事してごらん?ハールーッ!!」



つくしはペリカンに向かってハルの名前を連呼するけど、いくら呼んでも返事はない。
もしかして意識飛んでる?!


「ちょっと朝陽!
日和の口開けさせて!!」

「……アサヒ、コワイ…」

「総二郎に言いつけるよ?!
日和の面倒頼まれてるんでしょ?」

「……アサヒ…バンガル…」


恨めしそうに俺を数秒見つめると、意を決したかのようにバサッバサッと羽音をたてながらヒヨリの傍に飛んで行った。


「…ヒヨリ、アーン?ア、アーン?イイ?
ヒヨリ、イイコ?ヒヨリ、バンガル!」

「「ハル………」」


つくしと二人、固唾を飲んでその様子を見守ってた。


くぅん?


「えっ?!」
「わっ!」


びっくりして振り返れば、俺とつくしの間にはハルがいて短い尻尾をお尻ごとブンブンと振ってた。


「あー!!ハルッ!よかったぁ~…」


えっ?じゃあ…あの口の中は何?


ザバァーッ


朝陽のあーんが効いたのか偶然なのか、日和が開けた口からは水が流れ出た。


「ふふっ、お水ごと掬ってお魚を食べてたのね♪」
「そ…そうみたいだね……」


それにしてもさ、何…この時間差?


バサッバサッ


「アサヒ、イイコ♪ソウチャン、スキ~♪♪」
「あっそう…よかったね……」


つくしの肩にとまった朝陽はやり遂げた感満載でその後もずっとイイコを連発してた。


はぁ…なんか疲れた……
すっごく疲れた!!
なんだってこんなに紛らわしいのさ!


「ハル?お前どこに行ってたの?」

わん?

「お前…つくしのSPって分かってる?
そんな事してたらいつまでたっても「見習い」は取れないんだからね?分かってる?」


……ゎん


反省したっぽいハルはしょんぼりしながらもつくしにぴったりくっついては時々尻尾を振ってる。


今回の元凶を振り返れば、また嘴の下を膨らませて美味しい食事に夢中になってるみたいだ。


ここはお前の食事場じゃないんだけど……?


「類、ハルみつかってよかったね~!
日和ちゃん?もここ気に入ったみたいだし♪これからまた楽しくなるね~♪♪」


「そ…そうだね」


なーんて答えたけど!
俺は全然楽しくないから!!



この日、朝陽と日和を迎えに来た総二郎に目一杯説教をして城から追い出した。

にも関わらず翌日にはまた日和が来てたとか、来てたとか……。


少しは「反省」って言葉、覚えてほしいよね!




おしまい






15644139930.jpeg


皆様、こんにちは~!今日は総ちゃんでペリカンでした~!
総ちゃんの出番がなくて、最近は朝陽君がバンガッてますけど(笑)

これはですね、いろんな鳥の画像を探していたら、嘴の中にカラスを入れてるペリカンさんを見付けたんですよ。
それで思い付いて書き始めました。

いやいや、お二人は驚いたことでしょう(笑)
しかも再び迷子がハル💦

何処行ってたんでしょうね?
マジでSP犬にはなれないかも・・・琥珀も困った部下が出来て大変ですよね~!


と言うか、朝陽君とみんなが普通に会話してるのはどうなの?
総ちゃんはいいとして、類君まで普通に話してるんだけど?

・・・まぁ、いいか!!(でたよ、テキトー発言)


って事で今日のお遊び画像です~♡

15644139850.jpeg

・・・・・・・・・似てる。


そして本日も(も?)特別編のご案内です~!!
前のあきら君のうさぎのお話しに早速反応あり(笑)

どうやら納得頂けなかったご様子の某作家様が(1人しかいないけど)『異議あり!!』の手を挙げられました💦


と言う事で明日、そのお話しをお届けいたします♡今回も前後編です!


★公開日時  7月31日(水)
★公開時間  第1話 15:00  第2話 18:00



それではまた明日もお会いしましょう!!

関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/30 (Tue) 15:15 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

あっはは!ハルが入ってるかどうかはそこを書く方にお任せしていましたので、私もハルは入ってると思っていました。
きっとG様は犬族なので、ハルが可哀想になったんだと思います(笑)

で、食べるんですか?それは知らなかった・・・私が探した画像はカラスを食べているわけではなかったので。
ちょっと怖いですね💦

ある意味共食いでしょうかね?💦想像したくないです~💦

2019/07/30 (Tue) 19:44 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/31 (Wed) 12:42 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

出張先が気になった女様、こんにちは。

あっはは!そうそう、ナニしに行ったのよ(笑)
だって仕方ないよね~、回りに動物しか居ないんだもん。そりゃねぇ・・・プル千代姐さんが相手だと思うけど。

うんうん、最高の三日間だったらしいよ?おやすみ無しの連続でさ!疲れたって言ってた(笑)


そのペリカンは「カッタ君」かな?(笑)
会いに行きましたよ~!でも覚えてないな・・・本人(ペリカン)だったのかな?
よくテレビに出てましたよね。毎日幼稚園に飛んで行くってね。

本人かどうか判りませんが、うちのお嬢様はその嘴に挟まれました(笑)

2019/07/31 (Wed) 17:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply