FC2ブログ

plumeria

plumeria





夏がもうすぐ終わろうとしてる……ほんの少しだけ朝夕の風が涼しいかな?って季節だ。

「だからといって夏バテしている場合ではございません、類様。
決裁書類がこのように溜まってきましたよ?」

「…………だって、田村……なんかさ……だるくない?」
「気持ちの持ちようでございます!ほら、机から頭を上げてください!」

「机がひんやりして気持ちいい……」
「類様っ!!」


もう……そんなに怒鳴らなくてもいいだろうって思うのに田村が五月蠅い。
庭のツクツクボウシだってまだ五月蠅いのに、それよりも五月蠅い……。

この夏を乗り切ったんだから多めに見てくれればいいのにって思いながら机から頭を離した。

その時に池のある庭の方が騒々しくなった。
誰かが鳴いてる?あれは…………


『きゃああぁーっ!ハル、どうしたの?
誰か出水先生を、出水先生ーーっ!!』



えっ!!今のつくしの声だよね?そして鳴いたのはハルか?!

急いで執務室の窓を開けてそこに目をやったら、つくしがハルを抱きかかえて動物専用の医務室に向かうところだった!
田村に「ちょっと行って来る!」と叫んで執務室を飛出て医務室に行くと、そこではポロポロ涙を流すつくしとベッドの上でキョトンとしてるハル。


「つくし!どうしたの?!何があった?!」
「あっ……うわぁ~んっ!!類~!!」

「うわっ、ちょっと何で泣いてるの?!
何処か怪我したの?誰かに苛められた?噛まれた?まさか闘司郎にやられた?!!」


「そんなんじゃな~いっ!!」


確かに……闘司郎にやられたら泣いてる場合じゃなくて気絶してる。
でもハルは凄く普通にしてるのに?

俺が泣きじゃくるつくしを抱き締めていたら、奥から出水先生が包帯を持って現れた。
その横にはやっぱりエプロン姿の小っこいつくし……凪紗、今日は看護師なんだ?

いやいや、そうじゃなくて!


「先生、どうかしたの?」
「クスクス……つくしちゃんったら自分が噛まれた気分になったんでしょうね」

「噛まれた?じゃあ噛まれたのは……」
「そう、ハル君なのよ。ほら、ここの前肢。黒いから判らないでしょうけどここをカプッとね」


わんわん♪

ハル……お前、噛まれてるのに楽しそうってどういう事?
つくしがこんなに泣いてるのにさ。もう少し緊張感持とう?

それによく見たら傷は小さい……でも、この城の中の誰が噛んだりするんだろう?

「つくし、ハルを噛んだのは誰か見たの?」
「ううん、ハルね、池で遊んでたの。
今日は静ちゃんもラスカルも居なかったから淋しいだろうと思って私がそこに行ったらね……」


「うん、行ったら?」
「なんか黒っぽいものがバシャ!って跳ねて、その時にハルがキャン!って鳴いたの」


………………待って?

ラスカルじゃない黒っぽいヤツ?
しかも池で跳ねたって……何となくニューフェイスの予感?

その時、田村が後ろに誰かを連れて医務室にやってきた。


「あの……類様、実は……」
「あんこー!ずんだー!!くるみーっ!!!何処だぁ?!」

「……類、お団子屋さんが来たみたい」
「……違うよ、あきらだよ」


……えっ!!あきら?!
自分で言っておきながら驚いた‼️


田村をバーン!と押し退けて入ってきたのはホントにあきら!
そして凄い形相で医務室の中を走り回ってるんだけど?!

「あんこ?!」っていいながらベッドの下を確認。
「ずんだ?!」っていいながらカーテンの隙間を確認。
「くるみ?!」っていいながらハルを持ち上げて。

「あのさぁ、それ……うちのハルだから。
足に怪我したらから手当中なんだよね。降ろしてくれる?」


わんっ♪

ハル……遊んでもらってる訳じゃないから。


「ところでさ、何なの?そのあんこ、ずんだ、くるみって。
まさかと思うけど水の生き物じゃないよね?噛んだりするような動物じゃないよね?」

「………………」

「どうして黙るの?あきら」
「………………ハル、噛まれたのか?」

「黒いのがバシャッ!ってキャン!って……」


…いや……その説明ってどうなの?と思ったけど、あきらには通じたっぽい。


「はぁ~やっちまったか…」
「あ?やっちまったかって、何それっ!」

「いやぁ~悪い……」
「凄く悪いからっ、説明してっ!」

「ウチの花菜達が温泉に通ってるだろ?」
「………そうだね、美作の温泉改修が終わっても、まだ!来てるよ💢」

「まあまあ、それは置いといて♪」
「…そこ、置かないで欲しいな……」

「あいつ等、花菜達と仲が良いんだよ。一緒に来ちまったみたいなんだ、全員居なかったから、もしかしたら?って思ってな」
「……だからさ、その温泉三嬢と仲が良いってのは、何なんだよっ!全員って…」

「コツメカワウソ♪可愛いぜ♪♪」

「「………コツメカワウソ……」」

「そこでだ……ここからが本題だ、聞いてくれ」
「……あきら、本題は要らないから、団子三匹連れて帰ってっ!聞きたくないし」

「そう言わずに、聞いてくれよ」
「ヤダ、絶対 ヤダ」

「何かあったの?美作さん」
「っ、つくしっ!」

「そうなんだよっ💦つくしちゃん、聞いてくれるか?」
「あたしに出来る事なの?」


落ち着きを取り戻したつくしは、治療が済んだハルを抱えて、身を乗り出している。

…それ……ヤバいパターンじゃん…

あきらもあきらだよっ!つくしの優しい気持ちを利用すんなよっ!
「最高に困ってるんですぅ~」みたいな顔すんなよっ!

ほらほら…「私達で出来る事ならっ!」って雰囲気になっちゃったじゃん…

……はぁ~

「あきら……取り敢えず、聞くだけだからね」
「おぉ、ありがとう」
「類ったら、協力してあげましょうよ」

………ホント ヤダ…


***


カラカラカラ♪
カラカラカラ♪

リビングのテーブルの上には、八子と潤。
今日も、仲良く回し車で遊んでいる。

この雰囲気…何度も経験してるんだけど?…
……あぁ……碧の時も、こんな感じだったよね?あの時は、突然じゃ無かったけどさ。

あきらの話は、こうだった。
コツメカワウソは、遊び道具を盗られたりすると怒って噛む事がある。
撫でようと手を出すと、盗られると思うらしく、噛まれるらしい……
……何とかならないだろうか?

……だからっ!あきらの団子三匹だろっ!
自分ちでやってよねっ!!


「…………と言う訳なんだよ……」
「それは、大変よね?可愛いがりたいのにね……」
「…………………………」

「だろ?何とかならないだろうか?」
「……んーーー」
「……無理だろ?俺達じゃ、なんともならないと思うけど?」

「そう言わずにさぁ~協力してくれよ…」
「…んーーーー」
「やめてよね?噛まれるかもしれない事をさ、何でウチに持って来るかな?しかも、三匹もっ!!」

「そこを何とか……」
「事実っ!ハルは噛まれてるけど?」

「……お願いだっ!」

「だからさ…そんなにテーブルに額を擦りつけられても……」
「判ったわっ!やってみましょう」

「つ、つくしっ💦💦」
「そうかっ!!♪♪ありがとう つくしちゃん」

『ありがとうっ』と言って、つくしに抱き付きそうになってるのを寸前で阻止!

残念そうな顔するなよっ!油断も隙もあったもんじゃないっ!!


「じゃあ…早速……えーと団子は何処?」
「つくしちゃん…団子じゃなくて、あんことずんだとくるみだ…」
「ぷっ……団子…」

「あのさ、真面目な話、そいつら噛みつくんでしょ?池に居たみたいだからあきら 捕まえて来てよ?一応飼い主なんだから出来ないなんて言わないよね?」

「あ……あぁ」

「池に居なければ花菜達と遊んでるかもだし。捕まえなけりゃ話になんないでしょ?
俺達は戻って来るまでに調べ物しとくから」


「分かった。よろしくな!」


険しい顔をしながら出て行くあきらを見送って、パソコンを立ち上げてつくしと二人パソコンやらスマホやらの画面との睨めっこが始まった。
けど、調べてみて分かった事はコツメカワウソは躾が難しいって事だった。


「どうする 類?」
「どうしようか……?」


その場で怒ってもダメ…
大きな音もダメ…
威嚇を真似しても始めだけ…


「類、これとこれはどうかしら?」
「どっちみちこれしかなさそうだしやってみようか……」


つくしが選んだ方法。それは極々単純なもので、『噛まれた状態でゲージに入れる』『噛んだらゲージに入れて人のいない部屋に移動する』の2つだった。
つまり、噛まれたままケージに入れて別室に移動ね。
うん、いいんだけどさ……そのゲージって俺が運ぶ前提なんだよね……?
はぁ……あきらのやつ覚えとけよ!!


***


痛ってっ!!!

……何で、俺の手を狙った様に噛むんだよっ!💢💢
つくしの手は噛まないクセに……
まぁ、つくしの手に傷が付くよりは、ましだけどさ……ふんっ💢

本日 くるみに噛まれた事で三匹に一度ずつ噛まれた計算になる。
……俺の手は、絆創膏だらけだ💢💢
不思議な事につくしやSP達を噛む事は無く、ターゲットは 俺、のみっ!
そして、少しは遠慮してるのかテンションMAXになって噛みちぎる様な事も無い。

噛んだ後、ゲージに入れられ誰も居ない部屋に隔離されるのが本当に嫌らしく、
その後、噛む事は無くなった。
………………と、思いたい……。



***



数日後、俺の連絡を受けて花沢城に鍵付きアルミ製ゲージを抱えたあきらがやってきた。


「ホントに噛み癖が直ったのか?」
「うん♪万が一の時はこうやって躾けたらいいわ。あのね……」

あきらは俺達…正確には俺が体当たりで頑張った「噛み癖矯正法」をつくしから聞いてる。

「噛まれた状態でゲージに入れるの。そしたらね、そのゲージのまま人のいない部屋に移動するだけ!簡単でしょ?」
「噛まれたら?それって…」

「こうなるけど、暫く続けたら噛むの止めたから」

俺の絆創膏と内出血だらけの手を見せたらあきらは沈黙……そこ、ひと言あっても良くない?

慰謝料請求してもいいんだけど、つくしが泣くからしないだけで💢
そしてジッと自分の手を見る……いや、お前の手はまだ傷ひとつ無いから!💢


「取り敢えず連れて来るわ。類、手伝って?」
「……うん」

「………………悪いな」


呆然としてるあきらの所に俺達の部屋でマッタリしていた団子三匹を連れてきた。

つくしが持ってるのはあんことずんだ。俺が持ってるのはくるみ。
どうして俺が一匹なのかと言えば、出来るだけ被害を出さないため。
つくしだったら絶対に噛まないから……だ!

其奴らをあきらの前に出して「抱いてみたら?」って言えば、もう1回自分の手を見ていた。

だからっ!!お前の手は綺麗だよっ!!💢💢


「あんこ……ずんだ、くるみ……来い。俺だ、あきらだ」

………………。

暫く団子三匹とあきらはお見合いみたいに見つめ合ってたけど、あきらが怖々と手を伸ばすとそこにスルッと入っていった。


「おおおーーーっ!ホントに噛まない!凄いっ!」
「うふふ、良かったね、美作さんっ!」

「………………(うそ!)」

「可愛いなぁ~!やっぱり抱き心地最高!
これがしたかったんだけど今まで出来なかったんだよなぁ~!」

「これからは沢山抱いてあげてね!」

「………………(そんな馬鹿な!)」



あきらはすごく喜んで、持って来た鍵付きゲージに入れて黒曜星に跨がった。


「じゃあな♪本当にありがとう!つくしちゃん、類!またな!」

「うん、またねぇ~♪」
「………………」


良かった良かった!ってつくしは嬉しそうにしてるけど、俺は少しばかり癪だった。
どうして俺ばっかり噛まれたんだろう?

俺、虐めてないし睨んでないし、そもそも顔だって優しいのに?


嬉々としてるつくしの横でふて腐れた顔をしていたら…………



「痛ぇーーーーーーーっ!!」


「………………」
「………………」


凄い叫び声が北の方向から聞こえた。


そう言えばコツメカワウソは頭が良くて、鍵なんかも開けることが出来るそうだ。

団子三匹…鍵開けちゃった?
そして、それに気が付いたあきらが…………くすっ♪



おしまい♪





15668305500.jpeg


皆様、こんにちは~!
今日はあきら君でコツメカワウソさんです❤可愛くないですか?この画像~!

ペットとしても人気があるそうなので書いてみたんですが、実は先日「輸入禁止」の対象になったと言うニュースを見て驚きました。
せめてこのお話しの後で報道して欲しかったわ・・・(笑)

で、あきらくんが飼うと何故か3匹にしたくなる・・・そんな事から3匹になってしまった💦

だってウサギの「星花」「明日香」「理雄」でしょ?
カピバラさんの「花菜」「乙女」「椿」でしょ?・・・じゃあ、やっぱりコツメカワウソも3匹だよねっ?

って事で名前です。
この色でイメージしたのが団子らしい(S様)

なので「ずんだ」「くるみ」「胡麻」「あんこ」、どれにする?ってなって胡麻が落選!!(笑)
そして何故か3匹とも女の子❤

カピバラさんも全員女の子・・・それなのにどうしてウサギの理雄ちゃんだけ男の子???

・・・・・・・・・・・・・・・どうしてだろ?



R様に「私も女の子にしてくれたら良かったじゃん!」って言われそう(笑)

まっ、いいか!!(良いのか?)


と言う事で本日のお遊び画像~❤

15668305590.jpeg

よく3匹の写真があったよね?って思いますが(笑)



★お知らせ★

ここで読者様に公開日変更のお知らせです。
諸事情によりこの先の花沢城の公開を暫く隔週に致します。ネタ切れではございません(笑)

ですので、来週はお休みして次回は9月24日の類君です。どうぞ宜しくお願い致します。



では、9月24日のこの時間にお会いしましょう~❤


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

S様が応援ポチ、作ってくれました♡ありがとう~!S様♡
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/11 (Wed) 00:44 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、おはようございます!

ははは!そうそう、何事かと思えばね(笑)
放置してもいいぐらいの怪我だったと思うんですが・・・。

でも怒れない類君💦
花沢国、大丈夫でしょうか?王様、お仕事も捗らないようですし💦


そして純粋な類書きさんのS隊員がまさかの「類を餌にする」・・・これには私も驚きました(笑)

「くせ者団子三姉妹」もS様が考えたんですよ。
「だって類しか噛まないのよ?くせ者でしょ」・・・いや、S隊員が書いたんじゃん!って思いました(笑)

2019/09/11 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/12 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

噛みたい女様、こんばんは!

なんか意味深なネームで来ましたね(笑)
添え木が折れそうですけど💦(あれからラインでも添え木が毎回出る💦)←S様、マジでお気に入り♡


今回の名付け親はS様♡勿論イメージは団子です。
類君、かなりのMだよね~。Sなのがカワウソって所がイマイチだけど。
この痛いのが快感になるんだろうね・・・。

つくしちゃんの見てないところで噛ませてたりして(笑)(〃’▽’〃)いかんいかん・・・。


実は空様が一覧表作ってるんですよ。
今度公開しましょうね~。少し待ってて下さいね。

隔週にしちゃってごめんなさいね。どうぞ宜しくお願い致します♡

2019/09/12 (Thu) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply