FC2ブログ

plumeria

plumeria

薄いグレーのカーテンから白い光が見える・・・俺の朝は毎日がこうだった。
覚えている限り、誰かと一緒に目が覚めた事はない・・・いつも1人で目を覚ました。


幼い頃、部屋には確かに色んな物があった。

花だって毎朝誰かが生けていたし、おもちゃだって絵本だってあった。明るいブルーのカーテンだったか・・・そこから差し込む日差しは黄色かった。
誰からのプレゼントか忘れたけどリボンをつけたクマの縫いぐるみがソファーの上に置かれてて、そこにはカラフルなクッションがあった。

起こしに来る使用人はいつも能面みたいな顔で『おはようございます、類坊ちゃま』、そう言って頭を下げた。
俺が返事をしなくても無反応で毎朝の用を済ませていった。
プレゼントを持って来るのは贈り主じゃなかった。田村が真面目な顔して『お母上様からです』、そう言って持って来るから、いつも田村からもらってる気分になっていた。
だからお礼なんて言えなくなった・・・メールが送れる歳になったらそれだけはした記憶がある。


クローゼットに行けば色とりどりの服に囲まれた。
毎月のように揃えられる新しい服は、明るい色から薄い色までたくさん・・・いつ着たらいいのかも判らないうちに俺の方が大きくなって、そうしたら其奴らはいつの間にか何処かに消えて、また別の服が山のように置かれていた。

誰が選んだのか判らない。
母さんなのか加代なのか、店が選んだのか、それとも誰も選ばずに適当に送って来ていたのか・・・俺じゃないことだけは確かだった。


何処の国の誰が描いたかも判らない風景画もあった。
壁にはカラフルな仕掛け時計もあって、決まって1時間事に可愛らしい小鳥と共に時間を教えてくれた。
ただ、それを聞くのは俺だけで、他には部屋に誰も居なかった。


父さんも母さんもいつも外国だったから。
俺1人がこのだだっ広い屋敷の中の小さな主・・・それ以外は全員大人で表情はいつも同じに見えた。



『類様は何色がお好きですか?』・・・その質問が1番キライ。

自分で自分の好きな色が判らないから。
どの色を見ても心が躍ることも、嬉しくなることも、幸せな気分になることもなかったから。
強いていえば「黒と白」・・・この2つは好きだった。凄く自分と似ている・・・上手く言えないけどそう思っていた。

孤独になりたかった訳じゃないけど、いつも1人・・・そんな時には黒に惹かれた。自分の弱さや不安や悲しみを隠したい時には黒に囲まれると落ち着いた。
黒は自分に殻を作ってくれる・・・そんな色だった。

逆に始まりを感じさせ、気分を一新する白に憧れた。
白い物は安心できる・・・気持ちの切り替えが上手くもない癖に白の力を借りて前向きなパワーをもらいたかった。


だから自然と俺の周りから色が無くなった。
幼稚舎の時にはカラフルだった部屋も小学部では半分以上が淡い色に変わり、中等部で殆どの家具を白に変えて他の色の存在は小さな物にだけとなっていった。
高等部になったら逆に黒を基調とした部屋に変わり、そこでバイオリンを友達代わりに音楽にのめり込んだ。


唯一持った夢はバイオリニスト。
観客は1人でいいんだ。俺の事を想ってくれる大事な人の為に弾く・・・その人専属のバイオリニストになりたい。

でも、そんなのは考えた瞬間に消さなくてはならなかった。
夢なんて持たなくてもいい。俺の前には既に道が出来てるから・・・そう思うと弓を持つ手が止まった。



色が見えない訳でも、色の名前が判らない訳でも無く、色の存在を否定している訳でも無い。
ただ自分の周りには必要じゃ無い・・・そう思ってた。


彼女が・・・牧野つくしが俺の前に現れるまでは。



acid-3812773__340.jpg




「どうしてもう少し早くに起こしてくれなかったのーーっ!!もうこんな時間じゃないの!」
「だっえぇ、つくしがあんまりにも気持ちよさそうに寝てるからぁ・・・」

「あのねぇ!夜遅くまで受験勉強してるんだから朝方はそりゃ眠たいわよ!それでも起こしてくれないと遅刻するでしょうが!」
「朝から大声出してないでご飯食べなさい、つくし。味噌汁しかないけど」


私の家は年柄年中貧乏だった。
小さい時からオンボロなアパートか、小さくて古い借家に4人で住んでて、自分の部屋なんて持った事もない。
酷い時には台所に布団敷いた事もあるし、1人が風邪引いたら全員にうつるって言うぐらい狭い部屋だったりもした。

だからって訳じゃないけど、何処に行ってもカーテンはいつも明るい色にしていた。唯一それだけが部屋全体を明るく出来るから。
オレンジのチェック柄だったり、黄緑のボーダー柄だったり、水色と白で空みたいな柄にしたり。

お茶碗もお箸もみんな家族で色分けしてた。
自分の部屋がないから自分の持ち物には専用カラーみたいなものがあって、私は「黄色」だった。
パパが「青」でママが「赤」。弟の進は「緑」・・・100均の食器だったけどお茶碗もコップもその色で揃えてた。
お皿の派手な色が食欲をそそるんだって、ママはいつも大笑いしながら言ってたけど本当の理由はお料理の色合いが悪いから、だ。

それでも家族4人がご飯を食べるとテーブルの上はいつもカラフルだった。


洋服だって1年で数回しか買ってもらえない。
中学で私がバイトを始めるまで、服なんて殆どが人からのお下がりだった。
ほつれていたらママが縫ってくれて、寂しいスカートにはリボンを縫い付けてくれて、白いブラウスのボタンだけ可愛いのに替えてくれたりして小さなお洒落を楽しんだ。

だから髪につけるリボンだけは沢山持っていた。
ママがそのぐらいなら買えるからって、可愛いリボンを沢山持ってた。それこそ24色色鉛筆ぐらいはあったかな?
私の子供時代の宝物だった。

そんな子供時代の将来の夢は「お花屋さん」・・・だったなぁ!

毎日色とりどりの花に囲まれて仕事するなんて憧れだった。
真っ赤な薔薇に黄色のチューリップ、オレンジ色のガーベラに黄色の向日葵。ブーケには欠かせないかすみ草。
ピンク色のカーネーションに紫色のトルコキキョウ。
白いカサブランカに青いデルフィニウム・・・そんな色に囲まれて仕事が出来るなんてHappyこの上ないって思ってた。


だけど現実は甘くはない・・・。
今日も私は大学受験の為、学校では休み時間も返上して勉強しなくちゃいけない。

そして少しでも良いお給料の会社に就職してこの貧乏な生活から脱出しなくちゃ!


「ママ、マフラー取って!遅刻しちゃう!」
「はいはい、手袋要らないの?霜焼けできたら勉強出来ないよ?」

「あー!!忘れてた、机の横の棚の上だ!」
「はい、気を付けて行っておいで!」

「行ってきまーーーす!!」
「姉ちゃん、ペンケースも忘れてるぞ!」

「うわあぁっ!進、サンキュ!」


受験前の寒い季節だけど、今日は晴天!空は綺麗な青だった。
家を出てからすぐに見付けたのは黄色のラッパ水仙で、バス停近くでは赤い椿も見頃だった。
大通りまで出たら赤信号が青に変わったばかりで超ラッキー!私は黄色いマフラーを揺らしながらバス停に向かって走っていった。


この頃は貧乏で何にも持って無い淋しい生活だったけど、そのうち楽しい事も起こるだろうって暢気に考えてた。
そしてそのうち素敵な恋に巡り会えるんだろうって思ってた。


そうしたら私の前に・・・花沢類が現れた。




acid-3771954__340.jpg

類君の新しいお話しです♥
はじめはつくしちゃん中心でお話しが進みます・・・類君、ちょっと待っててね💦
関連記事
Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/21 (Fri) 03:30 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/21 (Fri) 08:30 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/21 (Fri) 10:17 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ミキッp様、こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。
今度の類君は少し暗め・・・なスタートですね。

これまでは明るかったので私もすごく違和感がありますが、この2人を最後には色鮮やかな世界でHappyにしたいと考えております。

色々ちょっとした事件は起こりますが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです❤

2019/06/21 (Fri) 14:01 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。

あはは!そんな本がありましたねぇ!私も好きでした。
私は小さい時から絵が好きで、色に囲まれた仕事がしたくて美術系の専門学校を受験しました。
それには合格したのですが、学費が高くて親に反対されて断念・・・今でも時々あの学校に行ってたら何かが違ったのかな?って思うことがあります。

今は絵ではありませんがColorfulな布地に囲まれ、派手派手な衣装を作るのが仕事・・・それはそれで幸せです。

類君にもそんな輝いた世界で生きて欲しいと思いながら書き進めていきます。
どうぞ宜しくお願いいたします❤

2019/06/21 (Fri) 14:07 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: おはようございます🎵

meimei様 こんにちは!

いつもコメントありがとうございます。
あはは!そうでしょうね💦

判っています・・・そこまで無茶は言いませんって!それなりに、それなりに・・・。

欲張らずに行こうと思います(笑)
どうぞ宜しくお願いいたします!

2019/06/21 (Fri) 14:09 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/21 (Fri) 14:16 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは。

あはは!このコメントの差はなに?(笑)
向こうで力を使い果たしたって感じですね💦

どうもありがとうございました(笑)

えぇ、こちらのお話しは随分先になりますね・・・こんなスタートですから。



気長にお待ちください♡

あっ、それと1つ・・・。


喧嘩するほど仲がいい・・・ではなくて、StopMotion&SetinMotionのことかな?(笑)

2019/06/21 (Fri) 19:56 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/21 (Fri) 21:32 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは!

いやいや(笑)読まないでーーっ!!💦
自分じゃ絶対に読み返せない過去の汚点みたいなんだからっ!!(笑)

その時は必死に書いてるのよ(笑)


でも、お粗末なのよね・・・これが得意な人を尊敬します。
日々勉強・・・(どうやって?)

2019/06/21 (Fri) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply