FC2ブログ

plumeria

plumeria

もの凄く目覚めの悪い朝・・・時間通りにダイニングに行ったら田村と加代とシェフに驚かれた。

自分たちが連れて来た使用人の乱暴な手段により、強制的に起こされたから仕方なく来たってのにその驚きよう・・・ムカッとして席についたら牧野は得意気に俺の後ろに付き添っていた。


「・・・・・・そこに立ってる気?」
「加代さんに見届けろと言われていますので」

「後ろから見られてたら食べられない。邪魔だから離れてくれる?」
「・・・・・・判りました」


そう言うと今度は真横から見てる・・・まるで何かのスポーツの線審みたいで凄く気になるんだけど!
・・・でも、何を言っても言い返してきそうだからこう言うのは無視するに限る・・・そう思って珈琲に手を伸ばした。


・・・・・・・・・・・・・・。


「ご馳走様・・・」
「お待ち下さい、類様っ!まだ何も食べてないじゃないですか!」

「はぁ?!珈琲飲んだだろ?!」
「それは珈琲でしょ?!ご飯じゃありませんっ!さっ、食べてください!」

「・・・そこまであんたに言う権利ないよね?放っておいてくれる?」
「権利ではありませんが私の仕事です。私の業務を邪魔しないでください。じゃ、先ずはこのパンを食べましょうか」

「・・・は?!」
「ジャム派ですか?マーガリン派ですか?美味しそうだからジャムにしましょうか?」


なんなんだ、この強引さは・・・!
それにジャムなんて嫌いだし!って言う暇もなく目の前にあるジャムの瓶に手を伸ばして・・・・・・ジッと見てる。

ひたすら見てる・・・どうしたのかと思って近づいて瓶を見たら、ラベルの文字がフランス語だから読めないんだと判った。


「・・・・・・えーと」
「右側の瓶、それにはパッションフルーツジャムって書いてある。あんたの左手の瓶はローズアプリコットジャム」

「へぇ!これは?」
「それはAlkekenge(アルケケンギ)って言う食用ほおずき。la figue (ラ・フィーグ)はイチジク」

「変わってるのしかない・・・ジャムって苺とママレードしか知らないけど・・・」
「それを覚えてから勧めることだね」

「・・・・・・どんな味がするんだろう」
「食べてみれば?俺は部屋に戻るから」

「うわぁーい!」
「牧野さんっ!!」


牧野が加代に叱られてる間にダイニングを出て行った。



**



部屋に戻って暫くしたらコンコンコン!とノックの音がして、俺の返事も待たずに牧野が入って来た。
随分怒られたのかしょんぼりした顔・・・一瞬悪かったかな、と思ったけど無視した。


「・・・先ほどは失礼しました。類様、お召し替えはそのままで?えっと・・・それと・・・」

エプロンのポケットから小さなメモ帳みたいなものを出して、指で確認しながら凄く真剣な目付き・・・窓やベッドや俺を指さしては小さな声でブツブツ何かを呟いていた。

「・・・・・・」
「カーテンを全部開けさせて頂きますね!それと・・・床は夕方でいいのね?じゃあ・・・」

「・・・・・・」
「ベッドメイキングもバスルームの掃除も夕方・・・大学の準備は出来てますか?いや、これは春休みだから4月からね?じゃあ・・・」

「・・・・・・」
「クリーニングに出すものはございますか?ランドリーボックスの交換を行いますね・・・よし!これは朝だわ!」


まるで素人の新人使用人。
手際も悪くカーテンを開けては綺麗に纏められずぐちゃぐちゃ。しかも天井から床までの特別仕様の窓だし、全部で4箇所あるからカーテン開けるだけで凄く時間が掛かってる。
そしてランドリーボックスの内籠の外し方が判らなくて大騒ぎ。外したかと思ったら新しい籠を取り付けられなくて「助けて~!」の声がドレッシングルームから響いた。


「・・・何やってんの?」
「ごめんなさいっ!ねぇ、これでいいのかしら・・・間違ってない?・・・ですか?」

「間違ってはないと思うけど、毎朝こんなに騒がしいわけ?逆に迷惑だけど」
「な、慣れたら大丈夫だと思います。どうせ私も4月からは大学に行くから、朝から類様のお世話にばかり時間掛けられませんもの。だから殆どのお掃除は夕方でいいって言われたんです」

「大学?そう言えば言ってたね・・・何処?」
「英徳大学 外国語学科です・・・けど?」

「えっ!!」
「ご心配なく!通学時は別だし、大学でも声を掛けないことが条件ですから!大学でまでお世話はしませんよっ!」


牧野が英徳大学?
まさか同じ大学に行くヤツがバイトでうちに来てるの?

凄く嫌な予感がする・・・大学が始まったらそこで楽できると思ったのに、世話しないなんて言いながら監視する気じゃないよね?


そのうち時計が8時になると「朝のバイト終了!」と言って元気よく俺の部屋を出ていった。
そのクルクル回る動きと表情に唖然・・・でも、3分もしないうちにまたノック音がして牧野が何かを抱えて戻って来た。
それは白いキャビネット・・・しかもロマンチック仕様の猫足タイプ?!

何処からそんなものを持って来たんだ?と目を丸くさせていたら「よいしょ!」の掛け声と共に窓際にセッティングされた。


「なに、それ。何処から持って来たの?」
「これ?私のお借りした部屋にあったんだけど、この部屋にも似合いそうだったから。私は使わないし」

「だからって勝手に持って来るなよ!ここは俺の部屋だ!」
「勿論判ってますよ?ちゃんと使い道があって持って来たんです!いいから夕方までここに置いてて下さいね?」

「夕方までって・・・あんたこれから何するの?」
「1度アパートに戻って荷物取って来ます!何往復かすれば今日中には持ってこれると思うから。じゃっ!」


「じゃっ!」って・・・この辺に住んでる訳じゃないって言ったよね?
一体何処が住所なんだろう・・・?


バイト時間じゃないって意味なのか、彼女はニッコリ笑いながら手を振ってドアを閉めた。
まるで春に台風がやって来たみたいな気分・・・暫く俺はベッドの上で放心状態だった。




********************




「ここからだと歩いて1時間ぐらいかな?って事は3往復しても6時間、夕方の5時には戻って来られるわ!」

制服を脱いで自分の服に着替えて元気よく花沢邸を出た。
家具は何も要らないから兎に角服と勉強道具を持ってこなくちゃ。
入学したら特待生にはすぐに試験もあるって言うし、バイト代が入るまではある服で生活しなきゃいけないし。


働く場所が決まったことで気分は良かった。

お給料も驚くほど良かったし、覚えれば何とか出来そうな仕事だった。
加代さんも怖いけど親切に教えてくれるし、田村さんは掴み所がないけど優しそうだし、奥様はセレブ感が凄かったけど話せば面白かったし・・・肝心のお坊ちゃまは少々難有りだけど、見た目が格好いいから我慢出来ると思うし!

まだ桜も咲いてないけど、私の心の中はピンク色でふわっふわな感じだった!



でも、足取り軽く歩いてたのはお屋敷を出てから30分ぐらいまで。
思ったよりアパートが遠いって事が判って片道1時間どころじゃなかった。早足で歩いてるのに既に1時間半・・・帰りは荷物があるからそれ以上?


「仕方ないかぁ・・・帰りだけバスに乗ろうかな」

お金がまったく無い訳じゃなかったけど、無駄遣いだと思えるものに払いたくない主義。
こんなに気分がいいんだから歩けるだけ歩こうって思ってたのに・・・それに最後には「あれ」を買おうと思ってるのに。


そしてヨレヨレになってアパートに着いたのは、なんと予定を大幅に超えた片道2時間半だった!
着いた途端に玄関に倒れ込み、まだ3月なのに汗がダラダラと流れてる・・・足が痛くて荷物を纏める力なんてなかった。

そのまま30分ほど玄関で寝てたけど、漸く起き上がって部屋の中に入った。フラフラしながら勉強道具と部屋着を1番大きな鞄に詰めて持ち上げようとしたら・・・今度は重すぎて持てないっ!


「嘘でしょ!信じられない・・・どうしよう、もうここを出なきゃ夕方のバイト時間に間に合わないかも・・・」

急いでカーテンを閉めようと窓まで行った時、目に入った白い車に茶髪の男性・・・何処かで見たことがある超イケメン・・・?


アパート真下のガードレールに凭れ掛かって腕組みしてるその人は・・・まさかの花沢類?!





strawberry-3304967__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/01 (Mon) 01:00 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/01 (Mon) 07:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/01 (Mon) 09:06 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんにちは!

可愛いでしょ♡ホオズキのジャムってどんなのでしょうかね?
因みに無花果は好きですが、無花果のヨーグルトは全然食べられない💦

ってか、私ジャムってダメなんですよ(笑)
子供の時に母がいちごジャムを自宅で作ってたんですが、あれって作るときに凄い匂いがするんです。
知ってます?あれでダメになりました(笑)


あはは!よく歩きましたよね~!

昔、飲み会の帰りに、その時の彼氏と話ながら2時間歩いて帰った事はありますよ。
誰かと一緒だと歩けるかも・・・今はもう無理だけどね(笑)
夕方のお散歩も長くて30分。これが限界です💦

類君、お迎え・・・じゃなかったらホントに鬼だよね💦

2019/07/01 (Mon) 13:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは!

そうですね(笑)
珈琲しか飲んでないけど、先ずは動かした!って事でいいんじゃないでしょうか?
怖いですねぇ~、こんな大男。家に居たら殴るかもしれませんが(笑)

誰かと会話する類君を、加代さんも田村さんも実は喜んでいるんじゃないでしょうか?

類君もなんやかんや言って気にしてる・・・?(笑)
でも、こんなに早くから仲良くは・・・ならないかも?(私ですからね💦)


梅雨空が好きな私・・・梅雨が明けたら一気に体力がなくなるのでいやだ・・・💦
草が伸びるのは嫌だけど、静かに雨が降るぐらいが好きです。

災害級の雨は困るので今の九州の雨とか心配です。今年はそういうのが少ないといいけれど・・・。



2019/07/01 (Mon) 13:09 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

てるる様、こんにちは!

あっはは!マジですか!
私も好きだけど、なかなか上手く書けません💦

すぐに仲良くさせてしまうからなぁ・・・(笑)

でも、今回は頑張ってツンデレにして見せるぞっ!!(笑)

2019/07/01 (Mon) 13:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply