FC2ブログ

plumeria

plumeria

『ここに妻が居るはずだから迎えに来たんだけど。日本の花沢って言えば判る?』

『・・・まさか、ケイン達を倒したの?!・・・アルフレッド様!侵入者ですわ!』



女性が大声で叫んだら2階の奥の方から足音が聞こえた。
そして吹き抜けの手摺りからアルフレッドが顔を出し、俺を睨みつけたらすぐに向きを変えて何処かに消えて行った。

それは多分つくしの部屋・・・急いでそこに向かおうとしたら予想通り3人の男が現れて俺達を囲み、さっきの女性を含めて敵は4人になった。
ここでウィンリー夫人の時と同様、ネックレスの録音スイッチをON。

4人の中でも1番背が高く強面の男がスッと前に出てきて俺を直視・・・マナーは心得ているとばかりに一礼された。


『ミスター・ハナザワ、ここから先はお通し出来ません。先ずは大人しくしていただきましょうか』
『暴れたくてそうしてるんじゃない。妻を返してくれたら今すぐ日本に帰るつもりだけど?』

『それも話合い次第だとアルフレッド様は言っておられた。あの方の指示に従っていただこうか』
『どうして?俺はあいつの部下でも何でもない。むしろ家族を連れ去られた被害者だ。お前等こそ大人しく2人をここに連れて来たら?じゃないとこいつが暴れるよ?』

『・・・俺かよ!』



総二郎の横にはさっきの女性・・・まさか、女性だからって手加減してヤられるって事はないよね?
彼女もそれなりに訓練されてるみたいで動きに隙なんてない・・・睨みつける目は男達より冷たかった。

ここは総二郎に任せて、俺はつくしが居ると思われる2階に上がろうと足を踏み出すと、今度は小柄な男にサッと前を塞がれスーツの胸ポケットに手を入れられた。
この仕草は拳銃でも出すのか・・・そう思ったらやはり出しのは小型拳銃。それを俺の額に向けて構えられた。


『少しでも変な動きをしたら撃つぞ!』
『あんたにそんな勇気があるの?それとも判ってないのか?・・・俺がここに来てる事は日本の花沢が知ってる。それなのに命なんて奪ったらどうなると思ってんの?』

『・・・証拠なんて身体ごと全部捨てりゃ判らないさ』
『へぇ、これがエバンスって会社のやり方なのか?言っておくけど、この会話、全部録音して本社に筒抜けだから。それにこいつの家が何だか知ってる?』



チラッと隣を見ると、総二郎は「俺?茶道家だけど?」って日本語で小さく言ってる。
馬鹿っ!そんな事言わなくていいから!って睨んだら「おい、親父を怒らすなよ?」ってゴチャゴチャと・・・!

録音したものが日本に筒抜けなんて嘘だけど、会話を聞かれてると信じ込んだのか小声で何かを打ち合わせ始めた。


『日本のヤクザって知ってる?こいつの家、その中でも最大組織の西川組。で、こいつは組長の息子だから。こいつに何かあったら、お前等全員世界中の何処に逃げても見つけ出され、拷問加えられた後で命盗られるよ?』

『何だと?ニシカワ組?!』
『日本のヤクザ・・・この辺で言うマフィアの事だろ?花沢ってマフィアと繋がりがあったのか?!』



「類、てめぇ・・・」ってまた総二郎が怒ってる。
でも今はつくしを助けることの方が先決だから、ヤクザと聞いて少し怯んだ此奴らを押し退けて階段に進んだ。


その時、流石に発砲は不味いと判断したのか、横に居た男が素手で襲いかかって来た!
その拳を寸前でかわし、空振りした男の背中に両腕を組んで一撃を落とした!そうしたら低い呻き声をあげて床に倒れ込み、それを見たもう1人が俺の後ろ側から飛びかかろうとする気配を感じた。

振り向いたら巨体の男がタックルするような姿勢で、もう俺の目の前まで来ていた!
広げられた両腕からは逃げられそうもない!だから身を低く屈めてそれを避け、素早く位置を変えて男の左脇をすり抜けた。くうを掴んだ男は真っ赤な顔をして、再び俺に向かって拳を握り締めて突進!

そいつは俺の右頬を僅かに掠めただけで、逆に足を振り上げて其奴の顎に渾身の蹴りを入れた!

『ぐわあぁぁ・・・っ!!』
『この野郎、2人も同時にやりやがって!!』



2人目が倒れた瞬間、今度は反対側から右腕を振りかぶった男が飛び込んで来た!
それはあまりに早くて避けられない!!そう思った時に総二郎の飛び蹴りが其奴の腰にヒット!ボキッ・・・!と鈍い音がして、声も出せずにその場で気を失った。


『そこまでよ!!』

最後に残ったのは女性の監視役。
其奴は総二郎の後ろ頭に拳銃を突きつけて俺達の動きを止めた。

取り敢えず3人の男はもう動かない・・・それを確認して俺も立ち上がった。


『情けないわね、全員やられて。でも、私はそうはいかないわ』
『・・・やめとけよ。女がそんなもん持つの、可愛くねぇぜ?』

『可愛いとか思われたくもないわ。私は訓練されたボディガードよ・・・アルフレッド様にあんた達を引き止めろと言われたら命がけで引き止める、それが任務よ』
『任務ねぇ・・・でも、あいつは褒めてくれねぇと思うぞ?』



総二郎が拳銃突きつけられてるのに平然と話してる・・・見てるこっちの方が息を止めてしまった。
・・・って言うか、総二郎・・・もしかしたら遊んでるんだろうか?顔がニヤけてるんだけど。

お前の後頭部に当たってるの、多分本物の拳銃だよ?


『馬鹿じゃないの?褒めて欲しくてこんな事する人なんていないわ』
『じゃあ何のためにこんな事してんの?もしかして自分より強い男探してるとか?』

『・・・本当に口が減らないわね。黙らせてあげるわ!!』


女性が拳銃を持った腕を高く振り上げると、それを総二郎の頭目掛けて振り下ろした!
でも総二郎の右腕の防御の方が素早かった!腕を振り上げたせいで隙が出来てしまった彼女の鳩尾を目掛けて、総二郎の拳が入った!!


『うっ・・・!!あぁ・・・あっ・・・』
『心配すんな、力は3分の1ぐらいだから。暫く眠ってな・・・』


女性は総二郎の胸に倒れ込んで意識を失った。
それを抱きかかえてすぐ近くのカウチに横たえて・・・その手から拳銃を奪った。


「・・・よくやるね、総二郎。こっちが焦った」
「ははっ!なかなか動かねぇからどうしようかと思ったぜ。じゃ、行くか!」

「総二郎、悪いけどさ・・・」
「は?なんだ?」


ここで総二郎にはある頼み事をした。




************************




アルフレッドさんが怖い顔して私の横に立っている。
そして1階では何が起きてるのか凄い物音と叫び声がする・・・誰かが殴られてるようだけど、まさか類がやられてるのかしら。

初めて会った時、類は凄く冷静な顔して悪い奴等を倒してくれたけど・・・あんな街のチンピラみたいな人とここの監視役の人達は鍛え方が違う気がする。
訓練を受けた人達なら簡単には倒せないんじゃないかしら・・・そう思うと怖くて身体が震えた。


お腹の子供も凄く静か・・・パパの危険を感じてるの?
アルフレッドさんのお母さんは?あの人は何処に居るのかしら・・・出てきて危ない目に遭わないのかしら。

自分の心臓の音が煩くて、エアコンが効いてる部屋なのに汗が滴り落ちた。


「少し甘くみたかな・・・君のご主人は生温い人生を歩いてきたと思ったのに・・・」
「生温い人生?そんな人生送って来た人なんて何処にもいないと思うわよ?誰にだって辛い事や苦しい事はあるわよ」

「・・・いや、世の中には温かくて穏やかな世界しか知らずに暢気に大人になったヤツも居るんですよ。私はそう言う人間が大っ嫌いでね・・・反吐が出るんだ!」
「それはあなたが思うだけよ。暢気だって思う人は逆に自分の辛さを人に見せないようにしてるのかもしれないじゃない」

「君は道明寺の性格の時も同じように話してたね。短所も言い方を変えれば長所になる・・・だったかな」
「見方を変えればいいのよ。それだけで世の中の見え方が変わるわよ?」


こんな会話をしていても私達はドアだけを見つめていた。

それを開けてくれるのは誰?
ドキドキしながらその瞬間を待つこと数分・・・階段を駆け上がる足音が聞こえて、この部屋のドアが凄い勢いで開けられた!


「つくし!!無事?!」

「類・・・類!・・・遅いじゃないのーーっ!!!





9c910c51b3166f9278045b5a1342a524_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/02 (Sun) 01:40 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/02 (Sun) 08:11 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは。

後ろ頭にも目があるんですよ、きっと!
それを隠すために普段は大人しくしてるのかも・・・。

蛇には本当に奇形で三ツ目の子が産まれることがあるっていうし(花沢城調査中に読んだ記事💦)

でも、普段動かない人が急に格闘技したら、グキッ!ってギックリ腰になりそう(笑)


グキッ・・・!!!

「あっ!総二郎・・・腰がっ!腰がっ!!」
「腰がどうした?腰は男の命だぞ?」

「ヤバい・・・これじゃ今晩動かない・・・此奴らはいいから俺を助けてっ!」
「仕方ねぇなぁ・・・つくしちゃん、どうするんだ?」

「腰が治らないと助け出しても面白くないじゃん・・・まずは腰をっ!」
「・・・妊婦だぜ?俺の腰、使うか?」

みたいな(笑)


今度は私がつくしちゃんに怒鳴られそう(笑)

2019/06/02 (Sun) 11:26 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

あっはは!そうそう、今度はヤクザです💦
類君、総ちゃんを何だと思ってるんでしょう?(笑)便利屋総ちゃんですよね~💦

小型拳銃の弾丸ぐらい弾き飛ばしそうな司君がいれば良かったのに。

はい!やっと辿り着いたのでここからは助けるはず・・・なのですが💦
予測不可能なつくしちゃんなので、また何かあるかも?!

桃と菊も頑張ります♥

2019/06/02 (Sun) 11:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply