FC2ブログ

plumeria

plumeria

「はぁ~!!気持ちいい~!!って暑いーーっ!」

この4日間、ずっとあの部屋の中で軟禁状態だったから、つくしはシンガポールの太陽を浴びて背伸びをしていた。
「う~ん!」って伸びたら「あたたたた!」ってお腹抱えて、総二郎が「何やってんだ?」って笑いながらエバンスの別宅を出て行った。


「あっ!類、ここの辺りに金平糖の袋落ちてたの、判った?」
「俺じゃなくて桃太郎と菊次郎が拾ってくれたんだよ。ここの先にある交差点の草むらでもね」

「あっ、そうなんだ!さすが桃太郎、菊次郎~!!ありがとう~!」
「その前に、シンガポールでよくそんな事が出来たよね?見付かったら罰金だったんだよ?それにガムじゃなくて良かったね」

「・・・・・・そうなの?」
「うん、海外事業部なら知ってなきゃ。シンガポールの厳しさってヤツ?」


シンガポールは兎に角罰金が多い国だ。

有名なのはチューイングガムを持ち込んだら罰金は 1万ドル・・・日本円で110万円。意外な所では鳥への餌やりで最高1000ドル。ゴミのポイ捨ては初犯で最高1000ドル、再犯は2000ドルと清掃作業が課せられる。
横断歩道・歩道橋を利用せずに道路を横断しても50ドル、ツバを吐いても最高1000ドル。

日本では考えられないものばかりで迂闊に街中をウロウロ出来ない、そう言ったら目を丸くさせて驚いていた。


「うそっ!じゃあこれを車からぽいっ!ってしたのを見られていたら罰金だったの?」
「そう。今度・・・があるかどうかは判らないけど気をつけな?」

「見付けたのが菊次郎で良かったぁ!私、払えなかったわ。お財布の中が空っぽになったんだもん!」


そう言われた時に思い出した・・・そうだ!あの2人に謝礼金をあんなに支払って!
コンビニ店員に10枚、スタンドの男には20枚、だったっけ?


「そう言えばつくし、あんたいつからそんなに現金を持ち歩くようになってたの?昔は1万円も入れてなかったよね?東京に来た時も700円ぐらいしか持ってなかったんじゃない?」

「・・・700円?それで何が出来んの?」って総二郎も驚いてる。
でも確かパンのお金も払えないほど持って無かったような・・・そう言ったらつくしもキョトンとしてる。


「・・・そんなにいつも入れてないよ?どうして?」
「あんた、コンビニの店員にお札渡したんでしょ?いくら渡したの?」

「えっ!2枚だよ?」
「えっ!2万円だったの?!」

「ええっ!!2000円だよ?!」
「えええっ!!そんなお札、うちにあるの?!」

「類・・・お前こそもっと自分の家の事を知れよ・・・」


聞けばつくしは1000円札を1枚だけ出したらしいけど、それにコンビニ店員がいい顔しなかったから泣く泣くもう1枚出したとか・・・。
だからスタンドでは初めから覚悟して2000円渡し、もう財布の中には500円ぐらいしかないらしい。

「でもちゃんと電話してくれたんだぁ!」って喜んでるから何も言わない事にしようと思ったのに・・・。


「じゃあ類は2万円払ったの?相手は驚かなかった?」
「・・・お、驚かなかったって言うか、喜んでたよ」

「・・・何か隠してる?って言うか、類こそいつもカードだよね?現金持ってたの?4万円も?」
「ば、馬鹿にしないでよ!持ってるよ、そのぐらい!なぁ、総二郎!」

「・・・あぁ、そうだな。持ってる持ってる」


この後総二郎が小さな声で「請求書、回すわ」って言ってきた。
200万は当たり前だけど、颯太のバイト代とさっきの援護代、仕事休んだ損害賠償その他諸々・・・つくしに聞こえないように「判った」って言うしかなかった。



そして司に連絡を取って、またプライベートジェットで帰国する事になった。
「勝てたんだろうな!」って言うから「まぁね」って言えば鼻で笑われ、出発時刻は午後2時に決まった。

それまでにホテルの荷物を纏めて空港に移動。
数時間前まで人質だったと思えないつくしは、元気よく土産物屋で買い物をしていた。勿論俺のカードで。


「お義父様でしょ、お義母様でしょ、加代さんでしょ・・・あっ!執事さんと笹本さんにも!」
「何考えてるの?!旅行に来たんじゃなくて、無理矢理こんな所まで連れて来られたんだよ?」

「あはは!でも記念に変わりはないじゃない?」
「・・・・・・そうかな・・・」


確かにこんな事、2度とないとは思うけど。


そしてのんびり椅子に座って搭乗時間を待ってる時に、ウィンリー夫人の真の姿を報告。
彼女の日本好きはアイドル限定だったこと、イスラム教徒じゃなかったこと、本当は小さなビジネスホテルを建てる予定だったことを話した。桜の話しもモミジの話しも出鱈目で、歌舞伎なんて日本で観るものだって笑っていたと・・・。

それを1つ聞く度に「ええーーっ!」って大きな声出して周りを驚かせていたけど、最終的にはウィンリー夫人もアルフレッドの企みなんて判ってないままお気楽に話を合わせていたんだって言えば笑っていた。


「なーんだ!そうだったの?驚いたぁ!」
「それだけ?あれだけ相手にするの疲れてたのに全部嘘だったんだよ?」

「まぁ、言われてみればそうだけど悪意がなかったんでしょ?じゃあ、もういいよ」
「エバンスホールディングスとも当分取引は無しかな・・・あいつの独断でやってた事だろうけどね」

「そっかぁ・・・残念だったね」
「まぁ、いいさ。取引先には困ってないから。優秀な海外事業部通訳が居たから事業も拡大してるしね」




*********************




類と西門さんに助けてもらってから数時間後・・・私の初めての海外旅行?は終わった。
ここに来るまでの間に類がお義父様達にも電話して、私の救出成功を伝えると電話の向こうから聞こえた声は『孫は無事か!』だった。
まぁ、いいんだけどね。孫が無事だったら私も無事だって事だから。

そしてこっちで調べた内容を報告すると、江本課長の処分については役員会にかけるという事で、厳罰・・・恐らく懲戒解雇になるだろうと言う返事だった。
海外事業部長についてはこれから調査して、恐らく降格処分・・・他にも不正がなかったか内部監査が始まるらしい。


「そっかぁ・・・厳しいね」
「当たり前でしょ?自分の会社を余所に引き渡す手助けをしたんだから。そのせいで花沢の後継者になるかもしれない子供の命だって危なかったし、専務夫人が拳銃突きつけられたんだよ?!俺の中では極刑だね!」

「・・・怖いな、類」
「ホントに・・・怒らせちゃダメよ?西門さん」

「いや、つくしちゃんだろ?大人しく類の横にいりゃこんな事にはならなかったんじゃね?」
「この人、肝心な時にはいつも何処かに行くのよね~」

「だからそれも全部江本が事情知っててやってたんだって聞いたでしょ?!帰ったら即産休だからね!!」


怒ってる類に向けて西門さんと笑っていたけど、頭の中ではあの自信たっぷりの江本課長の笑顔を思い浮かべていた。

海外事業部でもナンバーワンだったのに。
実力もあって沢山の業績も残して人気者だったのに・・・もう、あの妖しい微笑みを見ることも無いのかな、って思うとちょっとだけ淋しかった。



その後には加代さんにも電話して、今日の夜遅くにはお屋敷に戻るって言えば泣いて喜んでくれた。そして、思い掛けない言葉が・・・。


『梅三郎の事でしたらご心配なく!琥珀ちゃんと仲良くしてましたから』
「えっ?琥珀って・・・笹本さんちの?」

『えぇ、急に桃太郎と菊次郎がいなくなったから大泣きでしたの。その時に笹本さんがお休みになってるつくし様を心配してお屋敷まで来られて、事情を言いましたら一緒に居た琥珀ちゃんを貸してくれるって。
だから今は2人で遊んでいますのよ?ほほほ、小さい2匹だから見ていて可愛いですわ~』

「あはは!それは梅三郎もラッキーでしたね!」


ただ、これを聞いた類が「あの電話はそうだったの?!」と何故か怒っていた。



プライベートジェットの待合ロビーだから殆ど人がいなくて、桃太郎も菊次郎もウロウロして遊んでる。
もうすっかり友達になった西門さんにじゃれついて、彼の胸に飛びかかって押し倒し、西門さんは2匹にのし掛かられて窓際まで追い込まれ、顔中舐められて大騒ぎだった。

「うわぁっ!助けてくれよ、つくしちゃんっ!類ーーっ!!」

「あっははははは!大丈夫、噛んだりしないから!」
「日本まで相手しててよ、総二郎」

「だって此奴ら男だろ?!たとえ犬でも女ならいいけど男は無理っ!舐めるなぁー!!」



そして時間になって、私達は2匹を連れて道明寺さんのプライベートジェットが待機している所まで歩いて行った。

緑に囲まれたお洒落な空港・・・そこから真っ青な空を見上げてもう1度太陽の光を浴びた。
今度来る時は小さな家族と一緒に、類と手を繋いで街を歩きたいなぁって。


「またね!」って白い雲に囁いて、飛行機に乗り込み、日本へと向かった。






3126a33c238962feb71b20d54ecbfa69_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/07 (Fri) 08:40 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/07 (Fri) 10:33 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは!

そうそう!絶対内緒です(笑)
総ちゃんにはポケットマネーじゃないかしら・・・。今回全部込みでいくらの請求書がくるんでしょうね♥
総ちゃん、次は何買う気かしら(笑)
マンション買えるほどの請求書が来くかも?

はい♥梅三郎も楽しかったみたいです~!
むしろ一番喜んだのは梅ちゃんかも?

琥珀は笹本さんが淋しいから連れて帰る・・・かも?(笑)

2019/06/07 (Fri) 11:48 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは!

あっはは!千円札を見た事がないのかも💦
(実は公開寸前まで入力ミスで100円札だった・・・めっちゃビビった!!いつの人間なんだっ!)

あはは!漱石の家出(爆)
家出って事は帰ってくるのかしらね💦
帰って来たとき、友達連れて来てくれたらいいのにね~。諭吉って友達。


つくしちゃんのお土産シーン・・・G様のご飯タイムみたいなもんですよ(笑)
書かないと気が済まない!!みたいな・・・。

懐かしいなぁ(笑)
類君何処かのサービスエリアで買ってましたね💦
まぁ、これからもお土産は買わされるんだと思います。お楽しみに!

2019/06/07 (Fri) 11:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply