FC2ブログ

plumeria

plumeria

6月1日になった。
つくしの出産予定日・・・藤本には予定は未定とか言ったけど、やっぱりその日になればドキドキする。
目覚ましのスマホよりも早く起きて隣のつくしを見たけど特に変わりはないみたい・・・まだ、スゥスゥと寝息をたてていた。

こんなに穏やかな顔してるのに、もう少ししたらスイカをお腹から出すような大仕事が待ってるんだよね・・・。
そう思うと代わってあげられない(当たり前だけど)自分が情けなくて、つくしの苦しそうな表情を想像してしまって、つい頬を撫でてしまった。


「・・・ん・・・もう・・・朝?」

「おはよう、つくし・・・気分はどう?」
「・・・ん、おはよ、類。気分・・・?いつもと変わんないよ?」

「お腹は?痛くない?」
「・・・そりゃ少しはねぇ・・・でも、何となく今日は大丈夫そう。支度しなきゃね・・・もうすぐ藤本さん来るんでしょ?」


起き上がる時も背中を支えてあげなきゃ辛そう。
「ふぅっ・・・」と、大きく息を吸ってから立ち上がるつくしのお腹はパンパンで、最近は少し怖いぐらいだった。
それでも俺の支度を手伝ってくれて、毎度のように寝癖も直してもらった。

ただ鏡に映るつくしの顔はやっぱり緊張してるみたい。
いつもはブゥブゥ言いながら直してくれる寝癖も、今日は無言で唇が硬く結ばれていた。そして終わったら小さくため息・・・お腹を下から持ち上げるみたいに支えて部屋の中を歩いていた。


「・・・今日中には帰ってくるんだよね?」
「ん、会議が終わったらすぐに帰ってくるよ。夕方遅くなると思うけど、泊まったりしないから」

「うん、待ってる・・・早く帰ってきてね」
「判ってるって。あんたも気をつけてね」

「・・・うん」


流石のつくしも笑顔少なめだったけど、俺を玄関まで出て見送ってくれた。



結局藤本の所も昨日の予定日には産まれずに、奥さんは今日から実家にいるらしい。出張が決まったと報告したら、やっぱり土産を持って帰ることであっさり許されたとか。

「男って居ても居なくてもいいんですかね・・・」って言うから「俺達は役立たずなんだよ・・・」って馬鹿な会話で終わった。


加代に聞けば、朝早くに笹本からも電話があったらしい。
「琥珀の様子はどうですか?!」・・・実は琥珀もまだ産んでなかったけど、こっちはそろそろ出産が始まりそうだからって昨日から専用の産箱の中に入ってる。
そこでウロウロと落ち着かない琥珀を梅三郎が見守ってるって聞いて羨ましかった。

あいつだけ自分の子供の出産に立ち会えたらどうしよう・・・犬相手にそんな事を考えながら羽田に向かった。



「専務のところは性別聞かないんでしたっけ?」
「・・・うん。昔からそうなんだよね。俺はどっちでもいいんだけど、女の子って言われたら産まれる前から次は男の子で!って周りが五月蠅いから」

「そうでしょうねぇ・・・うちはどうやら女の子らしいんですよ」
「えっ?!そうなんだ?」

「どうしてそんなに驚くんです?うちは気にしませんよ?庶民だし」
「・・・・・・藤本に似るのかと思って・・・あっ!」

「どう言う意味ですか!」って怒る藤本を無視して飛行機に乗り込み、9時前には東京を飛び立った。



6月の沖縄は梅雨真っ只中。
気温と言うより湿度が高くて着いた途端に汗が噴き出た。

すぐにネクタイを外して迎えのバスが待ってる場所に行こうとしたら、藤本のスマホに着信が入った!

「せ、せせっ、専務っ!実家のお義母さんから・・・ああああーーーっ!まさかっ!」
「と、兎に角電話に出て!もしかしたら土産の追加かもしれないし!落ち着け・・・藤本、落ち着いて聞くんだ!」

「わ、判りました。もしもしっ!透ですっ!」

その電話は土産の追加じゃなく、予想通り奥さんが産気づいて病院に向かったと・・・。
涙目で俺を見たけど目の前には迎えのバスが待ってるし、午後一番には会議が待ってるしで「夜には病院に行きますので」・・・と義理の両親に奥さんの事を頼んでいた。


「・・・会議が終わったらすぐに帰ろう?藤本」
「・・・・・・・・・」

「だからごめんって。俺が断わらなかったからってそんなに怒らなくても・・・大丈夫だよ、初産は時間が掛かるって言うし」
「・・・・・・・・・」

「お、お土産代は俺が出すから」
「お願いします・・・」

がっくり項垂れた藤本を支えて駐車場に向かい、そのバスの乗車口に足を置いた時、今度は俺のスマホが鳴った!


ま、まさかー?!!



*******************




「川本のお爺ちゃん・・・琥珀、そろそろだよね?」
「あぁ、そうだろうなぁ。でも、それはあんたもじゃないのかい?」

「ははは!そうかも~!」


類が早くにお屋敷を出て行ったから、いつもより少しだけ私の朝食も早かった。
でも流石に欲しくない・・・今日が予定日だからって産まれるとは限らないけど、何となく気持ちが悪くてジュースぐらいしか飲めなかった。

お義母様も加代さんも緊張して私を見てるし、お義父様は「早めに病院に行こうか?」って言うし。病院に入った方が安心なんだろうけど退屈そうなんだもん・・・絶対にそんな事言えないけど。

だから「大丈夫です」を繰り返してきたけど、本当は少し不安だった。


いつも類が出張の時に何かが起きるんだもの。
今回は事件じゃないけど、彼が帰ってくるまで何も起きないように静かにしなきゃ。その瞬間を2人で一緒にって言うのが妊娠してからの私達の希望だから。


・・・でも静かにって言っても、何もすることがないってのが現実。

何かをしたくても、ちょっと動いただけでお手伝いさん達が血相変えて飛んでくるから私がする事なんてありゃしない。
だから犬舎まで来て、同じく新米ママになる琥珀に会いに来ていた。


琥珀は畳2畳分ぐらいの大きな箱みたいな所に入ってウロウロ歩き回ってる。梅三郎がちゃんと傍にはいるんだけど見ようともしていない。むしろ梅三郎が近寄ると怒ってるみたい。
イライラしてるのかな?お腹が痛いのかな・・・もしかしたら琥珀も怖いのかな?

犬の気持ちは判らないけど、この仕草は出産が近い証拠だと川本のお爺ちゃんが言っていた。

「産箱の中で落ち着きがなく常にうろうろするのはもうすぐって事だ。呼吸も少し荒いだろ?いつ頃になるかな・・・夕方、いや夜ぐらいかな」
「そうなの?3匹かぁ・・・辛そうだね」

「小型犬の3匹は大変だろうな。それに昨日からなにも食べてないんだよ。食欲がないんだろうな・・・」
「私もご飯が欲しくないの・・・同じなんだねぇ・・・」


梅三郎がしゅんとして私の所にやってきた。
もうお腹が大きいからしゃがむことも出来ない私は椅子に座ってて、その足元で悲しそうに「ワン・・・」って。


「仕方ないよ、梅三郎。あんたがいても代わってあげられないんだから。黙って静かに見守ってあげなきゃ」
「ワン・・・」

「傍に居るだけでも琥珀は嬉しいんだよ?でもこれからが琥珀の勝負だから気合い入れてんの!少しぐらい怒られたからって梅三郎が泣いちゃダメ!女は大変なのよ?」
「ワン・・・」

「私なんて類が旅行、じゃなかったお仕事で沖縄に居るんだから!どうするのよ、産気付いたら・・・あれ?」
「ワン?」


梅三郎とそんな話をしていたら、琥珀が産箱の隅っこで横になって震えだした!
「おっ!もう始まったか!」って言うお爺ちゃんの声で、驚いて椅子から立ち上がった時・・・今度は私のお腹が痛くなった!

1回は立ち上がったけど、すぐにお腹を抱えて椅子に座ったらお爺ちゃんが吃驚して琥珀じゃなくて私を見てる。そのお爺ちゃんに向かって「お腹が・・・痛い!」って絞るような声を出したら、慌てて何処かに消えて行った。


「いたっ・・・痛い!何これ・・・もしかして陣痛・・・?」
「ワン?!」

薄ら目を開けると琥珀が震えながらいきんでるみたい!
梅三郎は私の足元から移動して琥珀の真横に行き、右に左に大騒ぎ・・・そしてたまに私を見ては困った顔して「ワン!」って鳴いて。

いいんだよ、あんたは自分の赤ちゃんの事だけ考えててね・・・声にならなかったから心の中で呟いて、梅三郎に笑顔を見せてあげた。


「つくし様~!つくし様、大丈夫でございますか!すぐ病院に行きますわよ!」
「つくしちゃん!まぁっ!こんな所で何してるのっ!・・・あら?犬も出産中?」

「はぁはぁ・・・お義母様、加代さん・・・少し落ち着きました。はぁ・・・痛かった。これ、陣痛ですか?」

「そうよ!もうすぐよ、つくしちゃん!」
「すぐにお車の準備を!類様にお電話をーーっ!!」

「でも、類は沖縄ですから・・・うっ、いたたたた!」


この後すぐに私は掛り付けの病院に運ばれ、類にはお義母様が電話を入れた。
川本のお爺ちゃんは笹本さんに電話して、それぞれのパパ達が大変な事になってしまった・・・。






yjimageUEA1WV7S.jpg
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/12 (Wed) 07:42 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/12 (Wed) 08:19 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/12 (Wed) 09:32 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/12 (Wed) 12:46 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様 こんにちは!

ははは!揃って始まりました♥はい!お約束、みたいな(笑)

私、沖縄が唯一飛行機に乗って家族旅行した場所なんですよ。

しかもシーズンオフの11月。
人が混んでなくて程よく温かくて良かったですよ。
琉球料理には苦手な物もあったけど、楽しかったなぁ・・・また行きたいです♥

お土産は何でしょうね(笑)私は紅芋タルトが好きです♥

2019/06/12 (Wed) 14:57 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは。

そうそう、仲良しでしょ?
藤本の奥さんが誰と仲いいのか知りませんが💦

花沢城の琥珀はオスなので、なんかこれを書いていたらこんがらがってしまった(笑)

「あれ?琥珀が産むんじゃなくて梅三郎・・・いや、この子もオスだわ!あれ・・・?」


色んな意味で影響が大きい花沢城(笑)


あら!お腹張ったの?便秘じゃない?トイレに行かなきゃ!!

2019/06/12 (Wed) 15:01 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様、こんにちは!

ははははは・・・えぇ!コメディーの定番です!(キリッ)
犬のお産を見て始まる陣痛・・・そんな人いるんかいっ!!って思ったでしょ?(笑)

もうねぇ・・・藤本んとこの予定日が1日違いってだけで予測出来るこの流れ。
まぁ、強いていえば琥珀が意外だったでしょうか?

さて、間に合うのか合わないのか・・・国内にしたので(笑)ギリギリか?!
★初めは海外だったんですが、余りにも可哀想なので国内にしました★



あぁ・・・総ちゃん💦

いつ幸せになるのか・・・ってか、いつ終わるんだろう(笑)
シリアスは書いてる方には面白いですが、読む方は・・・イライラしますよね(笑)

ホント、ごめんなさい💦ははっ・・・

2019/06/12 (Wed) 15:14 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様 こんばんは!

あっはは!沖縄パニック!!

ここでのさりげないお茶目はバスに乗る類(笑)
なんかレアじゃないです?送迎バスに乗る類💦見てみたいわ~!


もう、どうしましょう・・・格好いい類って書けないかもしれない。
あの類なのに、どうしてこんなに3枚目なんだろう・・・最近、ちょっと悩んでます。

クールで大人な類が居ない・・・どこにも(笑)

2019/06/12 (Wed) 20:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply