FC2ブログ

plumeria

plumeria

想像通り、父さんは仕事を終えて病院に来るなり新生児室の子供を見て号泣。
看護師さんに注意されるほど泣いて、今度は母さんに怒られていた。

出てくる言葉は「良かった!」だけで、つくしにも「ありがとう!」を何十回言ったんだか。
「これで花沢物産も安泰だ~!」って・・・・・・ここに息子が居るってのに孫に期待するってどうなの?



そんな両親も深夜には牧野の義母さんを連れて屋敷に戻り、やっと2人きりになった。

第一報を聞いた司からは真っ赤な薔薇の花束と純金製のネックレスに名前を彫り込むための申込用紙。
総二郎からは蘭の花を中心とした花束と産まれた時の髪の毛で作る筆の申し込み用紙。あきらからは黄色い薔薇とオールドマイセンの食器に誕生日と名前と入れる申込用紙。

・・・申し込みばっかりじゃん!
作ってからくれたらいいのに!💢


まだお腹が痛むから、祝いの花を見ては時々苦しそうに顔を顰めてる・・・そんな彼女の手を握ってベッドの端に両肘ついて、大仕事を終えたつくしの顔を見つめていた。


「本当にお疲れ様・・・ありがとう、つくし」
「ははっ・・・何回目?いいよいいよ、これからは類にたっくさん甘えるから・・・でも、安心したぁ・・・無事に産まれて」

「暴れん坊のママのお腹から出てきたんだから悪戯坊主だったりして」
「あれ?そうなのかな・・・くすっ、退屈しなくていいじゃない?」

「・・・俺は困る。暴れん坊が2人だったら仕事が手に付かないじゃん?」
「ダメだよ、これからはもっと頑張らなきゃ!」

「ん、頑張るから・・・キスしていい?」
「・・・もう、変な類・・・」


クタクタになって化粧だってしてなかったけど、今日のつくしは凄く綺麗・・・・・・身体の内側から光を放ってるんだ。
それが眩しくて愛おしくて、俺は何度もつくしにキスをした。


ありがとうと、お疲れ様と、これからも宜しくと・・・愛してるよのキス。



**



父親になってから初めての朝、病院の特別室で目を覚ました。

まだ同じベッドで寝ちゃいけないって言われたからゲストルームのベッド・・・これも出産直後のつくしの負担を考えたら仕方が無いと、医者の言う事をきちんと守って彼女をそっとしてあげた。
そうしたらつくしの部屋の方から何か物音がする・・・どうしたんだろうと思ってドアを開けたら、産まれたばかりの赤ん坊がそこに来ていた!


「うわっ!もうここに来てもいいの?」
「うふふ、丁度お乳を飲ませたところなの。本当は授乳室って言う所に私が行かなきゃいけないらしいけど、うちの場合はここに連れて来てくれるんだって。類・・・抱っこする?」

「う、うん・・・昨日もしたんだけど興奮してよく覚えてなくて・・・」
「そうなの?はい・・・パパだよ~!」

つくしの腕に抱かれていた赤ん坊は真っ白な薄い服に身を包んでて、昨日よりは顔の赤味が取れてて綺麗だった。
まだ瞑ったままの瞳に小さく尖らせた唇・・・存在感のある眉毛がつくしに似てて思わず頬が緩んだ。

髪だって生まれたてなのにこんなに真っ黒で、何だかもう逞しく感じる。


「おはよ・・・・・・あ、名前考えなきゃ!」
「うん!考える!」

「・・・いや、俺が考える。つくし、ネーミングセンス無いから」
「えっ?!酷ーーい!」


だってクレムとショコラが桃太郎と菊次郎に変わったんだよ?それに梅三郎・・・このまま行ったらこの子の名前に「四郎」が付くのは容易に想像出来る。
健四郎、幸四郎、誠四郎、天草四郎・・・名前は格好良くても犬の後ってのが気になる。


「類、お仕事に行くんでしょ?時間いいの?」
「あっ!急がなきゃ!行ってくるね・・・イイコにしてな?」

「くすっ、まだ悪戯なんてしないよ?」
「判んないよ?俺達の子供だから」


赤ん坊のおでこにキスして、その後につくしにもキス・・・もっと抱き締めていたかったけど急いで支度して会社に向かった。



**



「おはようございます、専務。おめでとうございます!」
「・・・ありがとう」

「専務、男のお子様だそうですね!おめでとうございます!」
「うん、ありがとう」

「おはようございます!今度お写真見せてくださいね?楽しみにしてます!」
「・・・もう少し大きくなったらね」


今日は随分足取りも軽い。
うちの社員ってこんなに愛想が良かったっけ?って思うほどみんながニコニコしてる・・・つまり、俺が笑ってるんだ?

それに社全体が明るい・・・こんなに朝って気持ち良かったっけ?、なんて窓から射し込む朝日を片手で遮りながらロビーを歩いてエレベーターに向かった。


「専務、おはようございます」
「おはよう、藤本。いい天気だね」

「そうですね、専務。今日から気合い入れて頑張りましょう!」
「・・・・・・いや、いつも気合い入ってたけど?」


俺を出迎えてくれたのはいつもの男。

藤本透・・・年齢39歳、身長169センチ(元に戻ったらしい)で推定54㎏。 (2㎏減ったらしい)
見事な七三分けの真っ黒な髪で黒縁眼鏡。妻が1人で子供が昨日生まれて現在女の子1人。
都営住宅に住んでて、普通車を売って軽自動車に戻ってる。でも現在一軒家を検討中。そして今日からパパ友だったりもする。


エレベーターに乗り込んだ途端話し始めたのは名前の事だ。

「藤本は何にした?子供の名前」
「うちは妻に決定権がありますから、麗(うらら)になりました」

「麗?!藤本麗・・・藤本に似てるんだよね?」
「いけませんか?専務のところは?」

「まだ決めて無いんだよね・・・ほら、性別が判らなかったから」
「あぁ、そうでしたね。そうだな・・・健四郎とかどうですか?」

「・・・・・・いや、藤本にも相談しないからいい」
「えっ?!酷くないですか?」


その日の午前中は昨日サボってしまった沖縄の会議資料を読むことから始まり、溜まったメールの整理と決裁書類の処理。いつになく藤本と協力して素早く片付け、午後からの社内ミーティングとテレビ会議の準備。
その間にも各国から祝いのメールや電話、届けられる生花で埋め尽くされ執務室は大混乱だった。

昼休みにはまるで決まり事のように笹本までやってきてパパ友が3人。
まぁ、俺は此奴らと並ぶ訳がないからデスクで食事だったけど、藤本と笹本は食べるのも忘れて子供(仔犬)の話で盛り上がっていた。


「麗ちゃんですか?今時ですねぇ~藤本さん!」
「いやぁ、顔を見た時に『麗』って思ったんですよ。本当に可愛くて見てて飽きないです~」

「・・・・・・・・・」

「笹本さんは何にしたんですか?」
「あはは!うちは名字が花沢ですからねぇ~!悩んだんですが琥太郎、葵、瑠璃にしましたよ」

「ほほぅ!花沢琥太郎、花沢葵、花沢瑠璃・・・いいですねぇ!古風な感じですね?」
「両親が花沢梅三郎と花沢琥珀ですから」

「・・・・・・(何回呼び捨てにしたら気が済むんだろう)」


「専務はお名前どうされるんですか?」
「もう決まりました?」

「・・・ん、名前は陽(はる)。花沢陽・・・にしようと思って」


陽・・・太陽のように明るくエネルギーに満ち溢れた人になってほしい。朝日のように輝きに満ちた人生を送ってほしい。
そして、つくしのような笑顔でみんなを優しく包んで欲しいから。


俺があの子に贈る名前は、陽(はる)・・・今日の朝日を見てそう決めた。





yjimageMU3L1539.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/15 (Sat) 08:37 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは!

そうなんです~♥ハルと同じ名前なんです~(笑)
ふふふ、気が付いてくださると思っていました♥

類君のライバルですねっ!ママを守ってくれるんだと思います。

あはは!琥珀の赤ちゃんの名付け親は笹本さんになりましたが、裏での名付け親はS様です(笑)
巫山戯すぎましたかね?確かにつくしちゃんは付けたかったかもしれませんね💦

2019/06/15 (Sat) 10:35 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/15 (Sat) 10:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/06/15 (Sat) 10:43 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ただの***様 こんにちは。

お久しぶりです。
あはは!その名前を付ける勇気は私にはございません💦

それに「はる」にも意味がございましたので、これに気がついた方には「成る程ね!」と言っていただけると思うのですが(笑)


ほほほ、うちの類君は飛び出してきて読者様にそのような事は致しませんよ♡
どっちかと言うと「役立たずの類」と呼ばれておりますので(笑)

そんな格好いい類君はきっと他の作家様のお部屋に沢山居ると思います。
うちは珍しい「3枚目の類」を目指しております。ははは~!

2019/06/15 (Sat) 18:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは!

陽君♡可愛いでしょ?気が付いた?ハルって読むのよ?(笑)

この字をはるって読むの、流行ったそうですね。
会社に居た時に若い子が子供に付けてました。
「陽斗(はると)」「陽翔(はると)」「陽菜(はるな)」・・・明るくていい感じですよね~。


麗ちゃん♡これにも少し意味はあるんだけど、後日判ると思います♡

琥珀の赤ちゃんはSさまの命名ですから(笑)
面倒になったから頼んじゃった(笑)


パパ友3人組み、お仕事の方も頑張っていただきたいと思います!

2019/06/15 (Sat) 18:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply