FC2ブログ

plumeria

plumeria







秋も深まったとある日の美作城。
国王あきらの執務室に、秘書村山が入って来た。


「あきら様…ご相談があるのですが」
「ん?どうしたんだ?そんなに改まって」

「近々花沢城に行かれるご予定などございませんか?」
「花沢城?類の所にか?行けって言われたら今からでも行くけど?」

「いえ!お仕事優先で構わないのです!何かご用があって行かれる時があれば、と思いまして…」


なんだ?その言い方……しかもソワソワしてないか?
で、もしかして…村山、太った?スーツがそんなにパンパンだったっけ?

俺の目を見ずにモジモジしてるからジーーーーっと見ていたら、村山のスーツの襟から茶色い毛が出てきた!
そしてまたコソコソとスーツが波打ってる……あれはどう見ても何かが居る。

はぁ……これって類の気持ちだな。
「この城に何かが侵入してる!」……あいつがムキになって防御壁だの空軍だの配備する不安……うん、何となく判った。


「村山、お前なに隠してる?」
「はっ……いえ、何も隠してなどおりませんが……あっ、こら!止めなさいっ!」

「何を止めろって?俺は何もしてないけど?」
「いえ!あきら様ではなく……ああっ、そこはっ……こ、こらっ!」

「……村山、気持ち悪いから止めろ。いいから出したら?俺は類みたいに怒らないから」

「…………はぁ、申し訳ございません……。
出ておいで、聖夜」


せいや?……もしかして聖戦士、いや、そんな馬鹿な!!
村山が「せいや」と呼ぶとスーツの裾からヒョコンと顔を出した可愛いヤツ……。
銀太と同じぐらい可愛い顔が出てきて、今度はスーツの表をよじ登るようにして村山の肩に止まった。

その大きなふさふさの……羨ましいぐらいふさふさの尻尾は……リス?!


「可愛いなぁ!村山、どうしたんだ?その子!」
「はい!可愛いでしょう?この子はシマリスの聖夜、と申します。
去年のクリスマスに私の友人が森の入り口で拾ったそうなんです」

「だから聖夜?へぇ!触ってもいいか?」
「はい!今なら大丈夫です。はい、どうぞ」


今なら?今ならってどういう事だ?
俺が不思議そうな顔をしたら、村山が「リスには『タイガー期』というものがありまして……」と苦笑い。
どうやらそれはシマリス特有の、秋口から冬の初めに突然始まる「凶暴期」。
この聖夜にはまだそのタイガー期が現れてないそうだ。

「先日、花沢城の田村さんがペットのハムスターを見せてくれたんですが、それが羨ましくて私もその友人からこの子を貰ったのです。ですから、そのタイガー期が来る前に田村さんにお見せしたいと思いまして……」

「それで花沢城に行きたいのか?」
「はい、それだけなので無理なら来年でも……」

「いや!行こう!すぐに行こう!!冬はもう目の前だ、いつそのタイガー期が来るか判らないだろ?!」
「はっ?!いえ、公務の方が……」

「公務は凶暴にならない!!行くぞ、村山!」
「はいっ!!」


「黒曜星、今日は二人だ!!頼むぞ、急いでくれ!!」


ヒ、ヒィ~ン!!💦
(いや、あきら様……んな、無茶な!)


***


花沢城 執務室


「じゃあ、今日はこれくらいで…」
「おぉ、その件は任せてくれ」

「ん、お願いね」


島内にある自然保護区の警備強化と設備補強について、道明寺側との協議がまとまり握手してお開きの時間。
席を立とうとした処で……

……トントン……

控えめなノックに視線を上げれば 田村。


「……どうした?田村」
「……あの…」

「………?…」
「美作さまがお出です……」
「はっ?!また、何か連れて来た?」

「い、いえ…美作さまでは無くて…秘書の村山が……私の友人でして…」
「それは知ってる……で?村山さんがどうした?」

「聖夜がタイガー期に入る前に、潤と八子に会わせたいと連れて来てまして……」
「連れて来たの?あきらの所に行った時会えなかったもんね」

「はい……リビングに通しても宜しいでしょうか?」
「あぁ、構わないよ。つくしにも教えてやって」

「はい♪では、リビングで…」


嬉しそうに出て行った田村を目で追っていた司が、実に彼らしい疑問を投げ掛けてきた。


「………おい、あきらの秘書ってトラを飼ってんのか?危ねぇじゃねぇかっ!」

「……いや、トラじゃ無いから」
「タイガーって言っただろっ!」

「あのね、村山さんが飼ってるリスだよ?それから、タイガーじゃ無くてタイガー期ね。冬眠前の時期に少し狂暴になるらしいんだ」
「リス?……リスがトラになんのかっ?」

「……………司……」
「何だ…」

「リビングに行こうか……」
「お、おぉ」

………はぁ~……


説明しても、尚 盛大に勘違いしてる司を連れてリビングに移動した。


「おいっ!トラはどこだ?いねーじゃねーか!……あっ…いや、いねー方がいいんだけどよ!」
「あのさ、司。そろそろトラから離れてくれない?そもそも始めからトラなんていないし」

キョロキョロしながらトラを探してた司はホッとしたのかズカズカとソファーまで進むとつくしの隣にどっかりと腰を下ろした。


「こ、これは道明寺様、ご無沙汰しております…」
「おうっ!今日はトラを連れてきてるらしいな?そいつはどこにいるんだ?
つーか、トラがいるから今日はこの部屋静かなのか?」

「なにそれ?お城にトラが来てるの?」


つくし?ちょっと待って?司の言葉を信じるの?
そんなバカな話ある訳ないでしょ?


「はっ?トラ……でございますか……?」


ほらっ、村山さんだって困ってるじゃん!


「………はぁ~…………司、ちょっと黙っててくれない?
村山さんも司は無視してくれていいから」


「はっ…もしや道明寺様……タイガー期を?」


いち早く察した田村はそう言って俺に視線を投げたから、黙って頷いた。


「なんだ、やっぱりトラがいるんじゃねーか!!」
「ねぇ…道明寺………あんたやっぱりバカなの??」

「…………」

ぷっ
あの司を一発で黙らせるなんて、流石はつくしだね♪
これで司もやっと静かになるかも♪♪


「ははっ!相変わらず日本語に通訳がいるヤツだな、司。連れてきたのはあれ…村山の肩に乗ってるだろ?尻尾がふさふさの…」
「尻尾がフサフサで肩に乗るトラ?」

「………いや、そんなの肩に乗せた瞬間に喰われてるから」
「黙ってればいいのに、道明寺。ホント西田さんの苦労が判るわ……」


「シマリスだよ。可愛いだろ?田村さんのペットの八子と潤に会わせようと思ってさ」
「リスか!早く言えよ!!」

「「……(だから言ってたって!)」」


俺が散々言っても聞かなかったクセに!

何とか司も全部を理解したみたい。
落ち着いたところでさっそくハムスターのゲージに近づけると、聖夜はテーブルの上に降りて、それから八子と潤に挨拶するようにフンフン言ってた。


「可愛いわねぇ~♡」
「つくしに似てるね」

「ホントっ?私こんなに可愛い?」
「うん。食べ物頬張って、おまけに隠すなんてそっくり♡」

「…………」

くすっ、冗談なのにぷぅっ!と膨れた。
ほら、餌を食べてるリスにそっくりじゃん?


「でも、良かったなぁ。タイガー期の前に会わせることが出来て。
もうそろそろ始まるんだろ?村山」

「そうですねぇ、本当なら始まっていてもおかしくないぐらい寒くなって来ましたから…」

「私も村山自慢の聖夜に会えて嬉しゅうございました。美作様、ありがとうございます」
「いやいや、山村がどうしてもって必死だったからですよ、田村さん」

「…………(いえ、あきら様がつくし様に会いたくて必死だったんですが?)」


「でもよ、こんなちっせぇのがホントに凶暴になんのかよ?」

司がそう言って聖夜に手を伸ばした瞬間……


ガブッ!!
「痛ぇーーーっ!!」


「あっ……!」
「はっ?!」

「おおおっ!まさかこれはっ?!」
「申し訳ありません、道明寺様ぁ!!」


「……始まったね、タイガー期……」


ガブッ!!
「やめろーっ!噛むなぁっ!!」



トラトラ言ってるからだよ。
………………くすっ!



おしまい♪





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

皆様、こんにちは~!

今日はあきら君でシマリスです~♡
ってか、あきら君なんだか司君なんだか判りませんでしたが💦

リスのタイガー期って、これを書きたいと思ってから知りました。
ペットとして飼うときには要注意だそうですよ?

これで4人の秘書さんのペットが勢揃いしましたね♡
覚えてますか?

花沢城 田村さん、ハムスターの潤と八子
道明寺城の西田さん、カメレオンのカメちゃん
西門城の山西さん、オカメインコのアキラ
美作城の村山さん、シマリスの聖夜。

因みに・・・この秘書の名前、しりとりです(笑)

西田→田村→村山→山西・・・馬鹿でしょ?(笑)
私達もたまに判らなくなるのでちゃんとラインのノートの覚え書きに書いてます♥


それでは本日のお遊びコーナー!

15728345490.jpeg

めっちゃ可愛くないですか?(笑)



それでは次回は11月19日にお会いしましょう~♪
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/05 (Tue) 15:44 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/05 (Tue) 21:01 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。
そして教えて下さってありがとうございました!

色つけ担当は私なので💦本当にポンコツでございます!!
しかも類君の台詞なのに~!!

私も初めて知りました。
自然界では冬眠するリスなので、その時に沢山の餌を必要としますから、それで気が荒くなって必死に食べようとするみたいです。でもそれが本能なのでペットのリスもそんな時期が来るんですって。


そして・・・それは今準備中なんです。もう少し待って下さいね♡

2019/11/05 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: セイヤに反応

星様~、こんばんは~!

コメントありがとうございます。

あっはは!絶対に星様は反応すると思いました。
って事は、その部分は私でございます♡

だって「セイヤ」ですもの(笑)

私はポラリスのヤツが好きでした♡時々YouTubeでも見ますよ(えぇ、今でも)
ハーデスは良かったですよね~!今夜見ようかしら(笑)


秘書さんの名前・・・まぁ、そうなんですか?
じゃあ、美作城物語書きます?←すぐ参加させたがる(笑)


そしてそれはね・・・何処かで止めてる人がいます。
さて、誰かな?(笑)

そしてGPSの類つく作家が必死に守っているので、簡単にはさせません!キリッ!



2019/11/05 (Tue) 22:31 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/06 (Wed) 11:25 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

りおりお様、こんばんは!

あっはは!来ましたね~💦

了解しました、持って行きますね~♡

でも・・・いつもの通りで、どうなるかは判りませんよ?(笑)
ちょっと待ってて下さいませ♡

2019/11/06 (Wed) 22:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/10 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

かわゆしの女様。

コメントありがとうございます。

あはは!頭の上が蒸れる(笑)

そして・・・あの方の事はもう何も言えません💦
そうなのよ、一年中よね?マジビビるんだけど。

私も類君好きだけど、仕方ないから譲ろうって思うほどよ(笑)


爆笑!!

どうする?えっとね・・・司君と類君、総ちゃんとあきらじゃない?やっぱ、そうならない?
司君と総ちゃんだと両方喰われそう💦怖いよ~~~っ!!

って虎キノコって何処にあるんだろ?(笑)西門国かな・・・。

2019/11/10 (Sun) 23:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply