FC2ブログ

plumeria

plumeria

次の日、二日酔いの社長さんと長谷川さんは朝から打ち合わせをしていた。
その声がボソボソと聞こえる事務所で私もいつも通りの仕事をしていた。


「小豆島に来ない?」・・・昨日、そう言われた後で返事が出来なくなった私を気遣うように話題を変えて、0時ぐらいまで飲んでから別れた。
別れ際も何も言われなかったから普通に手を振ってタクシーに乗り込み、次の約束なんてしていない・・・結局どう言う意味で誘われたのかは判らないままだった。

今朝も会社で会って「おはようございます」・・・お互いにそれだけだった。


応接室からは時々笑い声も聞こえる。
長谷川さんには深い意味なんてなかったんだ・・・何となくそう思えてきて、ドキドキした自分に「馬鹿だね」って呟いたりして。


「ほな、これで話は終わりかいな。弘海は15時過ぎのフェリーで帰るんか?」
「はい、その時間しかないんでね。今度は来月来ますんで」

「おぉ、判った。じゃ、そっちの社長に宜しくな」

2人の声が聞こえたのはお昼前で、ガチャッとドアが開いたら長谷川さんが先に出てきた。そして社長は誰かと約束があるからってそのまま出掛けるし、奥さんは銀行に行くって言いだした。
工員さん達は事務所に居ないし・・・気が付いたら私と長谷川さんだけ。

気不味い訳ではなかったけど、お酒も入ってなければ何を話していいやら。しかも、昨日かなり色々喋っていたからもうネタがないし・・・なんていい年してモジモジしてしまった。


「くすっ、牧野さん、分かり易いね」
「・・・えっ?!ど、どう言う意味ですか?」

「昨日の事を気にしてるんだろ?ほら、島に来ないかってヤツ」
「・・・あぁ、えっと・・・はは、まぁ・・・」


判ってるんなら突っ込まないでよ・・・大昔の私ならそう言って怒鳴ってるわ、って口を尖らせたら今度は大笑いして、その声が会社中に響いた。
慌てて「止めてくださいよっ!」って言うと「ごめんごめん!」って。
そんなに笑われるような事を言ったわけでもないのにって呆れていたら「凄く可愛い顔したから」・・・そんな似合わない台詞が出てきてドン引きした!


「はっ?!可愛いって・・・私、口を尖らせてたでしょ?可愛くなんてないじゃないですか!」

「ははは!でも俺が見た牧野さんの顔の中では1番正直だと思ったからさ。いつもどっちかって言うと無理して笑ったりしてるだろ?5年前は・・・うん、笑っていたけど辛そうだった。その理由なんて聞かないけどね」

「・・・長谷川さん」


5年前の事までそんなに覚えてるのかしら・・・たった1度結婚式で会っただけなのに。
そう言ったら「実はさ・・・」ってスマホのアルバムに写真が残されていた。

「うわっ!懐かしい・・・あの時の写真、持ってたんですか?私、撮らなかったから・・・」
「うん、覚えてるよ。どうしてこの子は写真を撮らないんだろうって気になっていたから。みんなが撮ってる時も1人でテーブルに居たでしょう?」

「・・・そうでした?ははは、そこまでは覚えてないですね」


本当は覚えてる。幸せそうな知美さんを何となくスマホの中に保存したくなかった。

沢山の人が撮ってるから私1人が撮らなくても問題ないだろうって思って動かなかった・・・。
それよりも綺麗な花嫁さんを写真に撮ってしまったら彼に見せてしまうかもしれない。その時に自分の焦りを悟られたくなかったし、彼の反応が薄かったとしたら怖い。

結婚なんて考えてもいない・・・そんな素振りをされたらと思うと怖くて出来なかった。


「島に来てみないかって言ったのは牧野さんに自然の中で深呼吸して欲しかったから・・・かな?深く考えないで来てみたら?大自然の中でのんびりしたら自分の悩みがちっぽけに思えるかもしれないよ?」

「・・・大自然の中でのんびり・・・くすっ、それも良いですね」

「だろ?!今度の土曜に来ないか?いきなり実家に泊まれなんて言うつもりもないし、変な紹介の仕方する気もないし。息抜きだと思ってさ」

「でもご実家のほうがどう思われるか・・・女1人でですよ?やっぱり・・・」

「うちはみんなさっぱりしてるし俺の事は干渉しないから。森山社長のところの事務員さんが観光したいって言えばそうとしか思わないって!」

「・・・そうなんですか」


別に強引だったわけでもない。
断わろうと思えばいくらでも断れたはず・・・でも、私は長谷川さんに「じゃあ次の土曜日に」、そう返事をしてしまった。

人懐っこい笑顔と大きな笑い声に少しだけ・・・ほんの少しだけ心が動いた。




*********************




船上パーティーの効果は覿面だった。

パリに戻ったあと、社内では既に噂が広まっていて、取引先からも意味不明な祝いの言葉があった。その総てを否定していったが、それは日本人特有の「照れ隠し」のように思われて本気にはされない。
「やっとその気になったか」とか「大勢の女性が泣くんじゃないの?」とか・・・それを両親も否定も肯定もしない。

いつの間にかゾフィーは俺の「恋人」と言うポジションに居た。


仕事に関しては問題はない。
むしろ彼女が秘書になってからスムーズに色々なことが進む。手際が良く無駄のない仕事ぶりは相変わらず完璧だった。

変わったのは身持ちの堅い女性だと言わんばかりのビジネススーツがエレガントな服に変わった事。
これまでスタンダード・カラーかイタリアン・カラーしか見なかったシャツもフリルであったりリボンであったり、上まで止められていたボタンも開けられるようになったり。
パンツスーツが多かったのにスカートになったり・・・微妙に変わった化粧にも気が付いていたけど全く反応しなかった。

外出の同行も斜め後ろだったのが横になってる。
その変化はゾフィーの意思なのか花沢の狙いなのかは判らなかったが、敢えてそれを確かめることもしなかった。


「あら、雨だわ・・・」

ゾフィーの声で空を見上げたら、まだ明るめの空から小さな雨が・・・
サッと鞄から傘を出したが生憎1つしか無かったのだろう、それを無言で俺に向けて差し出し「一緒に入りましょう」の視線を送られた。
だが、俺は差し出されたその傘を軽く指で退かし、彼女の傘の中から逃げた。


「専務・・・!濡れてしまいますわ」
「・・・濡れた方がいい。誰の傘にも入りたくないから」

「そんな子供みたいなことを・・・。専務を濡らしてしまったら私がみんなから変な目で見られます。社までまだ距離がありますからご一緒に・・・」

「悪いけど俺の隣を歩くのは止めて欲しい。隣を歩ける人は1人しか居ない・・・そしてそれは君じゃ無いから」


驚いたように傘の中で目を見開くゾフィー。
彼女をその場に残したまま、小雨の中を歩いて行った。


あの日に比べれば優しい雨・・・。
どんどん色を変えていく道を見ながら、走り去っていく牧野の後ろ姿を思い出していた。






nature-2060511__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/28 (Sun) 13:30 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/28 (Sun) 14:17 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/28 (Sun) 18:05 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

麦猫様、こんばんは。

えっ?(笑)
ちょっとは格好良かったですか?♥嬉しいなぁ~♥

うんうん、類君、言うときは言うんですよ!
これはね~、どの話を書いても余所見させないって決めてるので(笑)

態度は不思議ちゃんでも気持ちは真っ直ぐ!!


よし!これから頑張るぞ~!!(いや、初めから頑張れよ・・・)

2019/07/28 (Sun) 20:09 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

あっはは!そんな感じ・・・だといいですかね?(笑)
今の段階では少し判らないですよね、確かに💦

フランスの女性は積極的だとあったんですが、どうなんでしょ?
でもゾフィーちゃんはどうやら問題外みたいなので(笑)読者さんもひと安心?(笑)

まぁ、類君が他の女性を口説く所なんて書けませんけどね・・・私。
(何故か総ちゃんなら書けるけど)

この時の類君も29歳・・・類パパも必死ですね💦
普通なら焦らない歳だけど、大企業・一人息子・恋愛音痴・・・親の心配も判る気がしませんか?(笑)

2019/07/28 (Sun) 20:19 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様、こんばんは。

あっはは!いつもより激しいお言葉に笑ってしまいました💦

ブリザード類炸裂、とまではいきませんが、これ以上接近すると爆発するかも?!
そんなご機嫌斜めの類君です(笑)


つくしちゃんは・・・・・・・・・ははは、見守ってあげて下さい💦
弱ってるんですよ、アラサーのつくしちゃん・・・。

そういう時は危険ですけどね(笑)
「はぁ、もうすぐ30かぁ・・・」みたいな💦(遠い昔)


暑かったですが・・・実は我が家、来週から地獄なんです。
家の塗装が始まるので密封状態なんです・・・。

私、基本家で仕事してるので地獄なんです~💦💦室温が35度ぐらいになるそうです!
だからって家全体にエアコンなんて無理だし~!!

今から気が重たい・・・お話し書けないかも(笑)

2019/07/28 (Sun) 20:27 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/29 (Mon) 09:20 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは♡

うふふ、類君、そんな格好いい事言ってても、実は逃げられた人だから(笑)

1番可哀想なパターンで、仕事頑張って捨てられた人だから💦
5年後にビシッ!と決めてもねぇ~・・・と、書いた私は思ってしまった(笑)


そうそう!オリーブ畑の片隅で愛を叫ぼう!ってヤツですよ!
そしてそのまま大自然の中で・・・・・・・・・

いや、違うから。

そんなん獣やないですか!(はっ?!そろそろヤガーを考えないと!)

2019/07/29 (Mon) 12:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply