FC2ブログ

plumeria

plumeria

泣きそうな声で言われた言葉・・・「使い方教えて?」、それに固まってしまった。

「どうして店員に聞かなかったのさ」
「何を聞けばいいのか質問する事が既に判らなかったんだもん」

「・・・・・・で?何を教えたらいいわけ?」
「電話ってどうやって掛けるの?」

「・・・・・・・・・そこ?」
「うん!」


出されたスマホの電源を入れた状態で手渡され、まずは電話のかけ方って言うか・・・電話帳に1件も入ってない。初めてだからある意味当然・・・だけど登録しないと面倒臭い。
それを教えるのか、と思ったら頭が痛くなった。多分牧野はこう言うものの覚えが遅い・・・これまで家の設備に慣れなかったことを考えたら想像が付く。


「実家の電話番号は?」
「あっ、今のは知らない。だって親戚の家だもん」

「・・・・・・他に誰か掛ける人は?」
「今のとこ居ないかも・・・だってみんなの電話番号知らないのよ。持ってなかったから聞いても仕方なかったし」

「・・・・・・・・・」
「花沢類でもいいよ?」


・・・・・・でも?

俺・・・でもいいよ?まぁ、そんな扱いだろうね。
そう言われたから仕方なく自分のスマホを手に持った。そうして牧野の手に自分のスマホを持たせて、俺のスマホの画面に電話番号を表示させてその場に置いた。

「・・・いくよ」
「はい!どうぞ!」

「ここタップして、ここタップして、これが出たらここタップして、そうしたらこの番号を押すんだけど、その時に画面を数字が打てるように変えて・・・」
「何言ってるのか判んない」

「・・・・・・だよね」


全然覚える気がないのか、こう言う所だけお婆ちゃん並みに頭が固いのか。
まぁ、どっちでもいいや・・・使い始めたら覚えるだろうから。だから登録の仕方は切羽詰まった時でいいと、俺のスマホで牧野に電話を掛けた。
それが鳴ったらビクッ!としてるけど、すぐに切って着信から電話帳登録・・・自分で「花沢類」って名前を打つなんて思わなかったけど。

「はい、これで電話帳に1件登録できた。後は仕事の関係だろうから加代と田村に登録してもらいな。それで今みたいに掛けてもらってから登録、判る?」
「判らなかったら聞いてもいい?」

「・・・・・・いいけど先ずは自分でやってみな?」
「・・・うん!見てもいい?」

「・・・(電話帳を?)どうぞ・・・自分のスマホだから(いや、俺しかないし)」


変なヤツ・・・スマホの電話帳1件にそこまでニヤける?
凄く嬉しそうにそれを見て、今度は俺の名前をポチッとしていた。勿論俺の電話が鳴る・・・・・・まさかこれに出ろと?

「早く出て!」ってニコニコして言うから・・・本人が目の前に居るのに電話に出てしまった。

「もしもし・・・」
「あっ!花沢類だっ!もしもーーし!」

「(また呼び捨て?)・・・切るよ」
「あっ!私の番号も登録お願いしまーーす!」


はぁ・・・・・・頭が痛い。なんなの、この子・・・。

その後も着信音の設定に壁紙の設定・・・教えてくれと言った割りには説明しながら全部俺がする始末。
カメラの撮り方って言うから教えたら至近距離で撮られて吃驚!慌てて取りあげて削除した。

「相手に許可なく撮ったらダメだから。それに撮影禁止箇所で使わないこと!」
「・・・は~い」

Wi-Fi設定からメールアドレスの設定、画面上のマークの説明・・・素人に説明するのがこんなに難しいとは思わなかった。

「あっ!今、花沢類何処触ったの?」
「え?こうやってロングタップして指で動かしたらアイコンが移動するから・・・」

「うそっ!画面の上を移動できるの?」
「・・・・・・うん」


牧野だけ時代が違うんじゃないかと思うぐらいの驚きよう・・・大事件でも起きたかのように画面を覗き込んでる姿がちょっと怖かった。

最後にSNSのアプリも設定させられて、そこに唯一表示された「友達」が俺。
そして電話と同じく本人目の前にしてメッセージをやり取りする羽目になり、送ったメーセージは・・・

『あんたもうすぐ5時だけど』

そうしたら「ヤバい!」って言葉を残して俺の部屋から飛び出して行った。
その5分後、ノック音がして制服に着替えた牧野がゼイゼイ言いながら入って来た。

時計を見たら5時01分・・・「遅刻だね」って言うと、眉が思いっきりハの字になった。




*************************




私のファーストスマホに1番初めに入ったデータ・・・花沢類の電話番号。
自分の部屋に戻ってからそれをもう1度確認した。
電話帳登録件数1件・・・でも名前は「花沢類」、それが凄く嬉しかった。それにやってみたかったSNSのアプリ・・・それにも今はお友達は1人、花沢類だけ。

やっぱり嬉しくてトークを押してみたら・・・『あんたもうすぐ5時だけど』


「あああーっ!そうだった!仕事だよ、仕事!」

買ったばかりのスマホをベッドに投げて、まだ彼あての花で覆われてる部屋の中でドタバタしながら制服に着替えた。そしてダッシュで彼の部屋に行ったけど1分の遅刻・・・それをニヤリと笑って言った花沢類。
さっきまで嬉しかったのに、今度は憎たらしくなった。


「遅刻して申し訳ございませんでした。類様宛のお花で私の部屋がすーーーごく狭いので身動きが取れなくて。それではお掃除道具持って来ますので、ソファーでお待ち下さいね!」

彼の返事なんて待ってる場合じゃない。
急いで掃除用カートを引っ張って来ていつものようにモップを取り出した。
そしてもうすっかり慣れたベッドメイキングにバスルームの掃除。今日もフンフンと鼻歌交じりで終わらせていき、始まりが少々遅くても時間通りに終了した。

その勢いでキッチンも掃除して、窓枠の手が届くところを拭いたりと何故か手際よく進んで行く。
初任給の力って凄いなぁって感心しながらカートに掃除道具を片付けた。

その時、不意に花沢類からの質問が来た。


「あんた、外国語学科って言ったよね。第2、第3は何を選択?」
「え?あぁ・・・まだ決めてないんですけどね、中国語とイタリア語にしようかな、なんて」

「えっ!」
「は?」

「・・・いや、何でもない」
「でも、確か希望が多かったら抽選なんでしょう?5番目ぐらいまで考えておくように言われましたけど・・・類様、それ本当ですか?」


さっきの「えっ」は何だったのか・・・少し気になったけど理由を言われないからわざわざ聞かなくてもいいのかな、と。

それに自分でもかなり迷ってるのも事実だった。
どうにかしてフランス語から逃げたい・・・それには人気のない言語を選んであっさり決まった方がいいのか、それとも将来のために前向きに選んだ方が良いのか。
そもそも将来の為って言われても、何も考えてはいないんだけど。


「確かそうだったと思う・・・経済学部にはそんな抽選はないから判らないけど」
「抽選ってどうやってするんですかね?アミダクジじゃないし、箱の中に手を突っ込んで当たりを取るとか?」

「・・・ゲームじゃないんだから。多分コンピューターシステムで公平にやるんじゃないの?」
「あぁ、それなら文句言えないし、不正はないって事ですよね?」

「・・・うん、多分ね。で、5番目まではどう言う順番?」
「中国語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語・・・かな?」

「・・・・・・・・・へぇ(・・・入ってない?!)」


あら?花沢類・・・どうしてそんな変な顔してるの?






fruit-3747866__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/25 (Thu) 08:14 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/25 (Thu) 11:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

ははは!類君、教え方は下手くそみたいですね💦
自分でやった方が早い・・・つくしちゃん、覚えられそうにないですね。

でも最高に羨ましいスマホですよ?
登録が花沢類だけ(笑)専用みたいじゃないですか♥

確かにあきら君だったら根気よく教えてくれそうですね~!

そろそろ(やっと)大学が始まります♥少しは変化が出るかな?(笑)

2019/07/25 (Thu) 12:04 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは。

あっはは!そうそう「でも」なんですよ(爆)

要するに「誰もでいいけどあんたでもいいよ」って事ですね!
教えてもらう立場でこの発言💦怖いですねぇ~!

カメラに映った類君、どんな顔だったんですかね?(笑)
気に入らなかったから削除したんでしょうか!(あきらくんみたい💦)

そのうちアルバムが類君だらけになりそうね~♥寝起きとか転た寝とか爆睡とか(寝てばっかり💦)


ふふふ、つくしちゃん、何語を選択するんでしょうか?!

2019/07/25 (Thu) 12:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply